プログラミングに関するおすすめの資格15選!取得するメリットも解説!

プログラミングに関するおすすめの資格一覧!取得するメリットも解説!

公開: 更新:


おすすめのプログラミング系資格一覧

PHP技術者認定試験

PHP技術者認定試験は、PHPの知識と技術を証明する資格です。

PHPはウェブサイトのバックエンドを構築するためのプログラミング言語の一つです。

この試験を受験することで、PHPの基本的な文法や関数オブジェクト指向プログラミングなどの知識を証明できます。

また、データベース連携やセキュリティ対策など、実務で必要な開発などの知識も問われます。

PHP技術者認定試験に合格すると、PHP技術者として専門性や技術力をアピールでき、就職や転職の際に大きなアドバンテージとなります。

ウェブ開発の分野でキャリアを積みたい方、PHPをより深く学びたい方におすすめの資格です。

Ruby技術者認定試験

Ruby技術者認定試験は、Rubyのプログラミングスキルを証明するための試験です。

Rubyはシンプルで読みやすいコードを書くことができるプログラミング言語として知られています。

特にRuby on Railsというフレームワークを用いたウェブアプリケーション開発が人気です。

この試験では、Rubyの基本文法やオブジェクト指向ライブラリの利用方法などが問われます。

Rubyの深い知識と実務経験が求められるため、この資格の取得は非常に価値があると言えるでしょう。

合格者には公式の認定証が交付され、プロフェッショナルとしてのスキルを証明できます。

C言語プログラミング能力認定試験

C言語プログラミング能力認定試験は、C言語の知識と技術を評価する試験です。

C言語は、多くのプログラムオペレーティングシステムが開発されている基本的なプログラミング言語です。

この試験では、C言語の基本文法やアルゴリズム、データ構造などの知識が問われます。

実務での経験が少ない初心者や学生でも受験でき、基礎から応用まで幅広い知識を身につけられます。

試験に合格することでC言語のスキルを証明し、エンジニアとしての第一歩を踏み出すことができるでしょう。

多くの企業で求められるC言語のスキルを身につけたい方におすすめの資格です。

Pythonエンジニア認定試験

Pythonエンジニア認定試験は、Python言語に関する専門知識を証明する資格試験です。

Pythonは読みやすさと汎用性から、多くの分野で利用されているプログラミング言語です。

この試験では、Pythonの基本的な文法やライブラリの利用、データ分析やウェブ開発などの実務知識が問われます。

Pythonの幅広い応用範囲を網羅した試験内容となっており、合格することでPythonエンジニアとしての高い技術力を証明できます。

また、データサイエンスや機械学習の分野でもPythonは非常に人気があり、この資格を持つことで多くの企業から評価を受けやすくなるでしょう。

Pythonを専門的に学びたい方や実務でのスキルアップを目指す方に、おすすめの資格です。

Javaプログラミング能力認定試験

Javaプログラミング能力認定試験は、Javaを使用したアプリケーション開発の知識と技術を評価する試験です。

Javaはクロスプラットフォームでの開発が可能なプログラミング言語として、多くの企業で利用されています。

この試験では、Javaの基本的な文法やオブジェクト指向プログラミング、ライブラリの利用方法などが問われます。

また、エンタープライズシステムやモバイルアプリの開発に関する知識も要求されるため、実務経験者や専門家が受験する傾向があります。

試験に合格することで、Java開発者としての高い技術力と知識を証明できます。

多くの大手企業や公的機関でJavaが利用されているため、この資格の取得は非常に価値があると言えるでしょう。

Java SE 8 認定資格

Java SE 8 認定資格は、Java Platform, Standard Edition 8に関する専門知識を評価する資格です。

この資格では、Javaの新機能やAPI、ラムダ式、ストリームAPIなど、Java SE 8で追加された機能に関する知識が問われます。

実務でのJava開発経験者や最新のJava技術を学びたい方に、特におすすめの資格です。

試験に合格することで、Java SE 8の高度な知識と技術を持っている証明ができ、Java開発者としての評価やキャリアアップのチャンスが増加します。

Java SE 8の新機能を活用して、より効率的なアプリケーション開発を行いたい方にもおすすめの資格と言えるでしょう。

CIW JavaScript スペシャリスト

CIW JavaScript スペシャリストは、JavaScriptのプログラミングスキルを証明する国際的な資格です。

この資格では、JavaScriptの基本文法やDOM操作、イベント処理、オブジェクト指向プログラミングなどの知識が問われます。

また、AjaxやJSONなど、先進的な技術に関する知識も要求されます。

試験に合格することで、ウェブ開発分野での高いスキルと知識を持っていることが証明されます。

CIW JavaScript スペシャリストは、ウェブ開発のキャリアを追求する方やJavaScriptの深い知識を身につけたい方に、おすすめの資格です。


Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、情報技術の基本的な知識やスキルを評価する資格試験です。

この試験では、プログラミング言語の基本文法やデータベースの設計、ネットワーク技術など幅広い知識が問われます。

初心者や学生でも受験可能で、情報技術の基礎知識を身に付けられます。

試験に合格することで、IT業界での初めの一歩としてスキルや知識を証明できるので、IT業界でキャリアを追求する方や情報技術の基礎を学びたい方におすすめの資格です。

多くの企業は基本的なスキルを所有している人材を求めているため、基本情報技術者試験の合格は大きなアドバンテージとなるでしょう。

情報処理技術者試験

情報処理技術者試験は、情報技術の中級者以上の知識とスキルを評価する資格試験です。

この試験では、アルゴリズムの設計やシステムの運用、プロジェクト管理などの幅広い知識が問われます。

実務経験がある方や情報技術の専門家が受験する傾向にあり、試験に合格することで高度なITスキルと深い知識を持っている証明ができます。

システムエンジニアやプロジェクトマネージャーとして、キャリアを追求する方に特におすすめの資格です。

情報技術の専門家として、地位を確立するための重要なステップとなる資格と言えるでしょう。

応用情報技術者試験(AP)

応用情報技術者試験(AP)は、情報技術の応用に関する高度な知識とスキルを評価する資格試験です。

システムの設計や運用、プロジェクト管理の方法論など、実務での高度なタスクに関する知識が問われます。

応用情報技術者試験には多くの情報技術者が挑戦しており、情報技術の最前線で活躍するための深い知識とスキルを身に付けられるため、合格することで専門家としての地位を確立できます。

システムアーキテクトやプロジェクトリーダーなど、上級のIT職種を目指す方に特におすすめの資格です。

ITパスポート試験

ITパスポート試験は、情報技術に関する基礎的な知識を評価する資格試験です。

コンピュータの基本操作やソフトウェアの利用方法、ネットワークの基礎知識などが問われます。

初心者やIT業界に興味を持つ方が受験する傾向にあり、情報技術入門としての位置付けとなっています。

基本的なITスキルと知識を持っている証明ができるので、情報技術を活用した仕事をしたい方に、ITパスポート試験はおすすめです。

組込み技術者試験(ETEC)

組込み技術者試験(ETEC)は、組込みシステムの開発や運用に関する知識とスキルを評価する資格試験です。

組込みシステムは家電製品や車載システムなど、私たちの生活の中で日常的に利用されている技術です。

ハードウェアとソフトウェアの連携やリアルタイム処理に関する深い知識が求められるので、専門的な技術を要する組込み分野で活躍したい方におすすめの資格です。

高度な技術を身につけたい方、新しい技術分野に挑戦したい方には、最適な資格と言えるでしょう。

オラクルマスター(ORACLE MASTER)

オラクルマスターは、Oracle製品の使用や運用に関する知識を証明する資格です。

Oracleは、データベースの管理や運用を行うための高度な製品を多数提供しています。

この試験では、Oracleデータベースの設定や管理、最適化に関する深い知識が問われます。

データベース管理者やシステムエンジニアの中で、特にOracle製品のスキルアップを目指す方におすすめの資格です。

Oracle製品の専門家として、多くの企業や組織で求められるスキルを身に付けられる資格と言えます。

VBAエキスパート

VBAエキスパートは、Microsoft Officeのマクロ言語であるVBAの使用や開発に関する知識を証明する資格です。

VBAはOfficeの自動化やカスタマイズを行えるので、多くのビジネスシーンで活用されています。

VBAを用いたプログラムの開発やデバッグ、最適化に関する技術的な知識が問われるので、Officeで業務効率化を図るスキルを身につけたい方におすすめの資格です。

VBAの専門家として、日常の業務をスムーズに進められるようになる有用な資格と言えるでしょう。

マイクロソフト認定試験

マイクロソフト認定試験は、Microsoftの製品や技術を使用した業務知識を証明する資格試験の総称です。

試験の内容は多岐にわたり、WindowsやAzure、Office 365など、様々な製品やサービスに関する知識が問われます。

マイクロソフト製品は世界中で広く利用されているため、マイクロソフト認定試験に合格するのは、非常に価値があると言えます。

試験は随時更新されるため、最新の技術トレンドに常に対応する必要はありますが、特定の技術領域で専門知識を深めたい方やキャリアアップを目指す方におすすめの資格です。

プログラミング系の資格を取得するメリット

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

実務に必要なスキルを体系的に学べる

プログラミングの実務には、多岐にわたる知識や技術が求められます。

初心者や独学者は「どこから学び始めれば良いのか」「どの技術が実務で求められるのか」迷う傾向があるので、プログラミング系の資格は学習の指南書として非常に役立ちます。

資格のカリキュラムは、業界のプロフェッショナルや教育機関がしっかりと策定しています。

従って、プログラミングに関する資格の取得を目指すことで、実務で必要とされるスキルを効率的かつ体系的に学ぶことができます。

プログラマーやエンジニアとして能力の証明ができる

プログラミングのスキルは、具体的な成果物や実績がなかったら他者に伝えにくい面がありますが、資格を取得する事によって第三者に能力が認定された証明書として機能します。

特に新卒や未経験者の場合、履歴書や職務経歴書に資格を記載することで、技術力があることをアピールできます。

また、資格を持つことで自身のスキルセットや専門分野を明確にできるので、プログラミングに関する資格を取得するのは、様々な面から見てメリットがあると言えるでしょう。

就職や転職の際、人事から良い評価を得やすくなる

就職活動や転職市場において、プログラミング系の資格は大きなアドバンテージとなります。

多くの企業はプログラミングをできる人材を求めており、資格を持っているだけで採用条件をクリアできる可能性が高いです。

また、資格取得には一定の学習時間や努力が必要なので、自己啓発や成長意欲が高いという評価を得られる可能性も高まります。

おすすめのプログラミング資格に関するQ&A

プログラマーになるには資格が必要ですか?

プログラマーになるために資格は必須ではありませんが、資格を持っていると技術力の証明となります。

特に初心者や未経験者にとって、資格は就職・転職時のアピールポイントとして有利に働くでしょう。

プログラマーに向いている人はどんな人ですか?

プログラマーに向いている人は、論理的思考が得意な人や新しい技術を学ぶのが好きな人です。

また、問題解決の過程を楽しむことができる人、一つのことに集中して取り組める人も向いています。

プログラミングは注意を払いながらの作業が多いため、細かい作業を得意としている方も向いているかもしれません。

資格を取得したら、年収はどのくらいになりますか?

資格を取得することによって、年収がすぐ上がるわけではありません。

しかし、資格を取得することで技術力の証明となり、より高度な業務に従事するチャンスが増えるので、その結果年収アップに繋がるの可能性が高まります。

資格は年収アップの一助となる要素の一つなので、今の会社でキャリアアップしたい方や転職で年収を増やしたい方は、プログラミング関連の資格を取った方が良いでしょう。

難易度が高いプログラミング資格を教えてください。

難易度が高いプログラミング資格として、応用情報技術者試験やオラクルマスター、マイクロソフト認定試験などが挙げられます。

これらの資格は、高度な知識や経験を要求されるため、難易度が高いと言われています。

難易度が低いプログラミング資格を教えてください。

難易度が比較的低いプログラミング資格として、基本情報技術者試験やITパスポート試験などが挙げられます。

これらの資格は初心者でも取得が可能な範囲で、プログラミングの基礎的な知識を問われる程度です。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する