JavaScriptとは?意味をわかりやすく解説

JavaScriptとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


JavaScriptとは

プログラミングに関係する専門用語「JavaScript」とは、Webサイト上で動的な動作を実現するために用いられるプログラミング言語です。

HTMLCSSとともにWeb開発の3大要素のひとつとして挙げられることが多く、Webサイトの動きを実現するために欠かせない存在となっています。

JavaScriptは比較的簡単な文法で書かれており、ブラウザ上で直接実行されるため、Web開発初心者にも扱いやすい言語です。

JavaScriptでできること

JavaScriptでできる事は以下の通りです。

Webページの動的なコンテンツを作成できる

JavaScriptは、Webページ内の要素を動的に変更できます。たとえば、ボタンをクリックするとテキストや画像を追加する動きを実装できます。

フォームの入力値を検証できる

JavaScriptはWebフォームの入力値を検証できます。たとえば、ユーザーが電話番号を正しく入力したかどうかをチェックしたり、フォームが送信される前に必要なフィールドが入力されているかどうかを確認できます。

アニメーションやエフェクトを作成できる

JavaScriptを使うことで、Webページにアニメーションやエフェクトを追加できます。たとえば、マウスをオーバーしたときに画像が拡大するエフェクトを作成できます。

JavaScriptは、Web開発に欠かせない技術のひとつです。これらの機能を使うことで、Webページをよりインタラクティブかつ魅力的にできます。

JavaScriptの学習・勉強方法

JavaScriptの学習・勉強方法は以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

基本から学ぶ

JavaScriptを学ぶにあたり、まずは基本から学ぶことが重要です。基本的な概念や文法を学ぶことで、より高度なプログラミングが可能になります。

実際に手を動かす

理論だけでなく、実際に手を動かすことがJavaScript学習の鍵となります。たとえば、簡単なWebアプリケーションを作成してみたり、既存のコードを修正してみることで、より実践的なスキルを身につけることができます。

コミュニティに参加する

JavaScript学習のために、オンライン上のコミュニティに参加することをおすすめします。コミュニティに参加することでほかの人と情報交換でき、自分自身のスキルアップにつながります。

JavaScriptのメリット

JavaScriptのメリットは以下の通りです。

高い人気と需要

JavaScriptは、WebサイトやWebアプリケーションの制作に欠かせない言語です。現在、Web開発においてJavaScriptが最も使われている言語であり、その需要はますます高まっています。

動的なWebページの作成が容易

JavaScriptは、Webページの動的な表現やインタラクティブな操作を実現するために用いられます。たとえば、ボタンをクリックすると表示が変わるような動的なページを作成することができます。また、アニメーションやグラフィックスの表示も可能です。

豊富なライブラリやフレームワークが利用できる

JavaScriptにはさまざまなライブラリフレームワークが存在します。これらを使うことで、Web開発の効率化や品質向上が可能となります。代表的なものには、jQueryReactなどがあります。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

JavaScriptのデメリット

JavaScriptのデメリットは以下の通りです。

ブラウザ依存性が高い

JavaScriptは、Webページを表示するブラウザによって異なる動作をすることがあります。これはブラウザベンダーによって実装されるJavaScriptエンジンの差異や、ブラウザごとの仕様の違いによるものです。
しかし、現代の主要なブラウザはJavaScriptの仕様に合致するように努力しており、基本的なJavaScriptの機能やAPIはほぼ一貫して動作します。

セキュリティ上のリスクがある

JavaScriptはWebページ上で実行されるため、悪意のあるコードによってセキュリティ上の脆弱性が生じることがあります。このため、セキュリティ対策をしっかりと行う必要があります。

処理速度が遅い

JavaScriptはクライアント側で動作するため、処理速度が遅くなることがあります。また、大量の処理を行う場合には、サーバーサイドで処理するようにすることが望ましいです。

JavaScriptの例

JavaScriptの例は以下の通りです。

配列の要素数を取得

JavaScriptで配列の要素数を取得するには、lengthプロパティを使用します。

文字列を大文字に変換

JavaScriptで文字列を大文字に変換するには、toUpperCaseメソッドを使用します。

要素の追加

JavaScriptで配列に要素を追加するには、pushメソッドを使用します。また、オブジェクトに要素を追加するには、「オブジェクト名.プロパティ名 = 値」という形式で追加できます。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する