プログラミングとは?意味をわかりやすく解説

プログラミングとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


プログラミングとは

プログラミングとはコンピュータに対して命令を出すことで、特定の目的を達成するための手段です。

具体的には、プログラミング言語を使ってプログラムを作成し、それをコンピュータに実行させることでアプリケーションやWebサイトなどを開発できます。

また、プログラミングは論理的思考力や問題解決力を養うことにもつながります。

近年IT化が進んでいることもあり、未来の社会を支えるため今後ますます重要性が高まっていく分野です。

プログラミングでできること

プログラミングでできることは下記の通りです。

Webサイトの制作

プログラミングを学ぶことで自分でWebサイトを制作することができます。HTMLCSSJavaScriptなどの技術を用いることで、オリジナルのWebサイトを作り上げることができます。

データの解析

プログラミングを使うことで大量のデータを分析することができます。Pythonなどのプログラミング言語を使うことで、データの整形や統計解析などを行い、ビジネスの意思決定に役立てることができます。

ゲーム開発

プログラミングを学ぶことで、ゲーム開発に携わることができます。C++Unityなどの技術を用いることで、オリジナルのゲームを開発することができます。自分が考えたストーリーやキャラクターを形にしてみるのも魅力的です。

プログラミングの学習・勉強方法

プログラミングの学習・勉強方法は下記の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

1. プログラミング言語の選定

プログラミング言語はさまざまな種類があるので、初心者には選定が難しいかもしれません。まずは、PythonやJavaScriptなど人気のある言語から始めてプログラミングの基礎を身に付けることがおすすめです。また、自分が作りたいものに合わせてプログラミング言語を選定することも大切です。

2. 学習の仕方

オンライン講座や書籍、プログラミングスクールなど多種多様な学習方法があります。初心者の場合は基礎からしっかりと学ぶことが重要。一度に多くのことを学ぼうとせず、少しずつ学習していくことが大事です。

3. 実践を重視する

プログラミングは実践を重視することが大切です。理論だけでなく、実際に手を動かして自分でプログラムを作成することで、より深く理解できるようになります。簡単なプログラムから始め、少しずつ難易度を上げていくことがおすすめです。

プログラミングのメリット

プログラミングのメリットは下記の通りです。

1. 論理的思考が養われる

プログラミングを学ぶことで論理的思考力を養うことができます。プログラムを書く際に問題解決のためのアルゴリズムを組み立てることで、複雑な問題を簡単に解決することができます。

2. 高い生産性を実現できる。

プログラムを書くことにより、同じ作業を繰り返し行う必要がなくなります。一度作成したプログラムは何度でも繰り返し実行できるため、生産性を高められるのが魅力です。

3. 視覚化が容易になります。

プログラミングを身につけることで、データをグラフやチャートとして視覚化できます。たとえば、C++やPython向けのコード可視化ツール「Sourcetrail」は、入力したプログラムのコードを視覚的に表現できます。データを可視化することで、ビジネス上の問題点や改善点を発見できます。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

プログラミングのデメリット

プログラミングのデメリットは下記の通りです。

1. 習得に時間がかかる

プログラミングは複雑な専門用語や構文を習得する必要があります。そのため、プログラミングを習得するまでに多大な時間と労力がかかります。

2.正しく入力する必要がある

プログラムはコンピューターにとって理解しやすい形式で記述されるため、人間の言葉や文法とは異なる決まりがあります。文法や単語を少し間違うだけでもエラーにつながるため、正確に入力する必要があります。

3. 長時間のPC作業による身体的負担

プログラミングは長時間PCに向かって作業するため、目の疲れや首・肩・腰の痛みなど、身体的な負担が生じる可能性があります。定期的に休憩やストレッチなどを行い、体を労わるための対策が必要です。

プログラミングの例

プログラミングの例は下記の通りです。

ソースコード

プログラムの中身を記述するために使用されるテキストデータのことです。

変数

プログラム中で扱うデータを記憶するための仕組みで、数値や文字列などのデータを格納できます。

条件分岐

プログラム中で、ある条件によって処理を分岐する仕組みのことです。if文やswitch文などが代表的な条件分岐の例です。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する