Reactとは?意味をわかりやすく解説

Reactとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


Reactとは

プログラミングに関係する専門用語「React」とは、JavaScriptライブラリのひとつです。

ユーザーインターフェース(UI)の作成に特化しており、大規模なWebアプリケーションの開発において、コンポーネントベースの設計によって再利用性の高いコードを作成できます。

ReactはFacebook社によって開発され、現在も多くの開発者から利用されています。

Reactでできること

Reactでできることは以下の通りです。

インタラクティブなUIを作成できる

Reactは、UIのビュー部分を構築するためのJavaScriptライブラリです。そのため、Reactを使うことで簡単にインタラクティブなUIを作成できます。たとえば、ボタンのクリックや入力フィールドの変更に反応するアプリケーションを構築できます。

大規模なアプリケーションの開発

Reactは大規模なアプリケーションに対しても適しており、複雑なUIをスムーズに構築できます。これは、Reactがコンポーネント指向のアーキテクチャを採用しているためです。コンポーネント指向のアーキテクチャを採用することでアプリケーションの機能を小さな部品に分割し、それらを再利用できます。

高速なレンダリングを実現できる

ReactはVirtual DOMという仕組みを使うことで、高速なレンダリングを実現しています。Virtual DOMは、JavaScriptオブジェクトとして存在する仮想的なDOMであり、実際のブラウザ上のDOMと同期することで必要な部分だけを再描画できます。そのため、大規模なアプリケーションでも高速に動作できるのが魅力です。

Reactの学習・勉強方法

Reactの学習・勉強方法は以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

JavaScriptの基礎を学ぶ

ReactはJavaScriptのライブラリであるため、JavaScriptの基礎をしっかりと学ぶことが大切です。変数関数配列、オブジェクト、条件分岐、繰り返し処理など、JavaScriptの基本的な概念を理解しましょう。

Reactの入門書を読む

Reactの基礎的な知識を身につけるには、入門書を読むことがおすすめです。初心者向けの書籍が多数出版されており、基本的な文法や機能について分かりやすく解説されています。

実践的なチュートリアルを実施する

入門書を読み終えたら、実際にReactを使ってアプリケーションを開発するチュートリアルを実施しましょう。公式ドキュメントには、基本的なチュートリアルから実践的なものまで豊富なコンテンツが用意されています。

Reactのメリット

Reactのメリットは、以下の通りです。

リアルタイムなUI更新が可能

Reactは仮想DOMというJavaScriptのオブジェクトを使用して、高速かつ効率的なUIの更新を実現しています。仮想DOMは実際のDOMと同じように階層構造を持っており、変更があった場合にリアルタイムな更新が可能です。

コンポーネントベースの設計が容易

Reactはコンポーネント指向のアーキテクチャを採用しているため、UIを小さな部品(コンポーネント)に分割して組み合わせることでアプリケーション全体を構築します。このアプローチにより、再利用性が高く、保守性や拡張性にも優れたアプリケーションを開発できます。

大規模アプリケーションにも適用可能

Reactは大規模なアプリケーションの開発にもぴったりです。コンポーネントベースの設計を採用しているためアプリケーション全体を小さなコンポーネントに分割でき、複雑なアプリケーションでも保守性や拡張性を維持できます。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

Reactのデメリット

Reactのデメリットは以下の通りです。

学習曲線が急

ReactはJavaScriptのライブラリであるため、JavaScriptの文法や構文に加えてReact固有の文法や機能を学習する必要があります。そのため、初心者にとっては学習曲線が急であると言われています。

3. SEOの最適化に対応しづらい

Reactはサーバーサイドレンダリングに対応しているものの、SEOの最適化に対応するには追加の工夫や対策が必要になる場合があります。

Reactの例

Reactの例は以下の通りです。

コンポーネント

Reactでは、画面を構成する要素を「コンポーネント」と呼びます。コンポーネントは、独自のステートやプロパティを持つことができます。

JSX

Reactでは、JavaScriptの記法を拡張したJSXを使用してUIを記述します。JSXはHTMLのような構文でReact要素を表現できます。

ライフサイクル

Reactコンポーネントは、マウント、更新、アンマウントの3つのライフサイクルを持ちます。それぞれのライフサイクルには、特定の処理を行うためのメソッドが用意されています。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する