プログラミングの関数とは?意味をわかりやすく解説

プログラミングの関数とは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


関数とは

プログラミングに関係する専門用語である関数とは、一定の処理をまとめたプログラムの塊です。

入力された値を処理して出力するように作られており、同じ処理を何度も繰り返す場合、関数を使うことでプログラムの簡略化が可能になります。

関数は再利用性が高いことから、プログラムの開発に欠かせない存在となっています。

関数でできること

関数でできることは、以下の通りです。

再利用性の高いプログラムの作成

関数は同じ処理を何度も書く必要がある場合に便利です。関数を使用することで同じ処理を何度も書く手間を省き、プログラムの再利用性を高めることができます。

プログラム構造の整理

複雑なプログラムを作成する場合、処理の流れがわかりにくくなりがちです。しかし、関数を使用することでプログラムを小さな部品に分割し、処理の流れを整理できます。

プログラムの効率化

関数は処理をまとめて呼び出すことができるため、プログラムの実行速度を向上させることができます。また、関数に引数を渡すことで同じ処理でも異なる値を処理でき、プログラムの汎用性を高めることができます。

関数の学習・勉強方法

関数の学習・勉強方法は、以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

基礎知識の習得

関数の基本的な概念や特性を理解するために、関数の定義、引数、戻り値、スコープ、再帰などの基礎知識を学習しましょう。プログラミング言語や数学の教科書、オンラインのリソースなどを活用して学習できます。

サンプルコードの読解

実際のコードを読んで理解することは関数の学習に役立ちます。サンプルコードやほかの人が書いた関数のコードを読み、関数がどのように動作しているのかを理解しましょう。関数の呼び出しや引数の渡し方、戻り値の利用などを注目して解析してみてください。

実際に使ってみる

実際に関数をプログラムすることで理解を深めることができます。プログラミングの問題集やオンラインのプラットフォームで提供されている演習問題に取り組んでみましょう。関数を活用して問題を解決することで、関数の使い方や応用方法を身に付けることができます。

関数のメリット

関数のメリットは以下の通りです。

1.再利用性が高い

関数は特定の処理やタスクをまとめてひとつのユニットにしたものです。関数を定義することで、同じ処理を繰り返し実行する必要がある場合にその処理を再利用できます。このように、関数を呼び出すだけで同じ処理を簡単に実行できる再利用性の高さがメリットです。

2.保守性が向上する

関数名や引数の名前を適切に命名することで、関数が何を行っているのかがわかりやすくなるのがメリットです。また、関数内に処理をまとめることで、コードがシンプルかつ分かりやすくなります。その結果、コードの可読性が向上します。

3.プログラムの分割がしやすい

関数はプログラムを小さな部品に分割できるのが特徴です。それぞれの関数が特定の役割を果たし、組み合わせてプログラムを構築します。このようにプログラムをモジュール化することで、保守性や可読性が向上します。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

関数のデメリット

関数のデメリットは以下の通りです。

スタックオーバーフローの発生

関数呼び出しによってスタック領域が消費されるため、関数を多用するとスタック領域の限界を超えてしまい、スタックオーバーフローが発生する可能性があります。

3. コードの読みにくさ

関数を適切に使用することで、コードの重複を避けることができます。その反面、関数が多すぎると、コードの読みにくさが生じることがあります。特に複数人で開発を行う場合には、関数の呼び出し元と定義元を追うのが困難になることがあります。バランスを保ちつつ関数の使用を最適化し、コードの可読性と保守性を向上させることが重要です。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する