DOMとは?意味をわかりやすく解説

DOMとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


DOMとは

プログラミングに関係する専門用語「DOM(ドム)」とは、Webページの構造や内容を表すための仕組みです。

具体的には、HTMLXMLといったマークアップ言語で書かれた文書の各要素をツリー構造で表現し、JavaScriptCSSといったプログラミング言語からアクセス・操作できるようにします。

DOMはWeb開発において欠かせない技術であり、Webページの動的な変更やイベント処理などに使用されます。

DOMでできること

DOMでできることは以下の通りです。

HTML要素の追加や削除

DOMを使用することで、HTML要素を動的に追加したり削除したりできます。これにより、ユーザーがページ上で何らかのアクションを起こしたときに、自動的に要素を追加したり、削除したりするように設定できます。

HTML要素の属性を変更できる

DOMを使ってHTML要素の属性を変更できます。たとえば、JavaScriptを使用して特定のイベントが発生した際に、ボタンの文字色を変更できます。

HTML要素の位置を変更できる

CSSのレイアウトプロパティやJavaScriptのスタイル操作によってDOMを使用することで、HTML要素の位置を変更することができます。これにより、ページのレイアウトを調整できるのが魅力です。たとえば、画面サイズに応じて、要素の位置を動的に変更できます。

DOMの学習・勉強方法

DOMの学習・勉強方法は以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

オンラインコースを受講する

DOMの学習には、オンラインコースを受講することがおすすめです。有名なオンライン教育プラットフォームには、初心者向けから上級者向けまで多様なDOMコースが用意されています。

プロジェクトを作って学ぶ

DOMを学習するうえで、プロジェクトを作って学ぶことも重要です。たとえば、ToDoリストやショッピングカートのように簡単なWebアプリを作成することで、DOMの基本的な機能や操作方法を習得することができます。

リファレンスを使う

DOMを習得するためには、リファレンスを使うことも効果的です。MDN Web DocsやW3Schoolsのような有名なWebサイトには、DOMに関する詳細なドキュメントが用意されています。必要に応じて参照し、学習を進めていきましょう。

DOMのメリット

DOMのメリットは以下の通りです。

HTMLやXMLの解析が容易になる

DOMを使うことで、HTMLやXMLの要素をプログラムから容易にアクセスできます。このため、Webページの解析やスクレイピングを行うプログラムを簡単に作成できます。

動的なWebページの操作が可能

DOMを使うことで、JavaScriptなどのプログラミング言語からWebページの要素を操作できます。これにより、動的なWebページの作成や、ユーザーの操作に応じたWebページの変更が容易に行えます。

マルチプラットフォーム対応が容易

DOMはHTMLやXMLの仕様に基づいているため、プラットフォームに依存しない共通の方法でWebページの要素を扱えます。そのため、WindowsやMacなど、異なるプラットフォームでも同じプログラムを使ってWebページを操作できます。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

DOMのデメリット

DOMのデメリットは以下の通りです。

パフォーマンスの低下

DOMはJavaScriptからHTML文書にアクセスするためのAPIであり、文書の構造を表すツリー形式でデータを管理しています。しかし、大量のDOM要素を操作する場合には、処理速度が低下してパフォーマンスに影響を与えることがあります。

セキュリティ上のリスク

DOMを使用すると、JavaScriptから文書の内容を自由に変更することができます。しかし、悪意のあるコードによって不正な操作が行われる可能性があり、クロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃などのセキュリティ上のリスクが生じることがあります。

メモリリークの発生

DOMは動的にHTML文書を生成するときによく使用されます。しかし、DOM要素を作成するたびにメモリを消費し、メモリリークの原因となることがあります。
メモリリークを防ぐためには、不要になったDOM要素をすぐに削除する必要があります。また、DOM要素を長時間保持する必要がある場合は、メモリリークを防ぐためにDOM要素をガベージコレクションから除外する必要があります。

DOMの例

DOMでできることの主な例は、以下の通りです。

要素の変更

DOMを使うと、HTMLやCSSで記述された要素の属性や内容をJavaScriptから変更することができます。

要素の追加

DOMを使うと、新しいHTML要素をJavaScriptから作成し、既存の要素に追加することができます。

要素の削除

DOMを使うと、HTML要素をJavaScriptから削除できます。この機能を使えば、ユーザーが入力した情報を削除することなどが可能です。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する