APIとは?意味をわかりやすく解説

APIとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


APIとは

プログラミングに関係する専門用語「API」とは、ほかのソフトウェアやアプリケーションが自分の機能を利用できるようにするためのインターフェースです。

具体的には、外部からデータを取得したり、処理を実行したりするための命令や規約を提供します。

APIを利用することで、開発者は自分でアプリケーションを作成する手間を省いたり、API先のデータを利用したりできます。

APIでできること

APIでできることは以下の通りです。

データの取得

APIを使用することで、Webサイトやアプリから必要なデータを取得できます。たとえば、天気情報やニュース記事など、外部の情報を簡単に取り込むことができます。

機能の拡張

APIを使用することで、自分が開発したWebサイトやアプリにほかのサービスの機能を簡単に組み込むことができます。たとえば、GoogleマップのAPIを使用することで、地図を自分のWebサイトに表示できます。

自動化

APIを使用することで、あらかじめ設定した条件に基づいて自動的にタスクを実行できます。たとえば、SNSのAPIを使用することで新着投稿を自動的に取得して、自分のWebサイトに表示できます。

APIの学習・勉強方法

APIの学習・勉強方法は以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

APIドキュメントを読む

APIを学ぶ最初のステップは、APIドキュメントを読むことです。APIドキュメントには、APIがどのように機能するか、どのようなデータを受け取るか、どのようなデータを返すかなどが記載されています。ドキュメントを理解することがAPIを使いこなすための第一歩です。

サンプルコードを書いてみる

APIドキュメントには、実際にAPIを使用するためのサンプルコードが記載されている場合があります。これらのコードを実際に書いて動作させることで、APIの動作や使い方を理解しやすくなります。

APIを実際に使ってみる

最後に、APIを実際に使ってみることが大切です。自分でAPIを使って、データの取得や操作を行ってみましょう。APIを使って何かを実現することで、より深く理解することができます。

APIのメリット

APIのメリットは以下の通りです。

開発効率が向上する

APIを利用することで、既存のプログラムやサービスを再利用できます。これにより、新たに開発するプログラムのコード量が減って開発効率が向上します。

拡張性が高くなる

APIを提供することで、ほかのプログラマーが自分たちのプログラムに取り込んで拡張できます。また、提供されているAPIを利用することで自社サービスの機能を拡張し、価値を高めることができます。

ユーザー満足度が向上する

APIを提供することで、自分たちのサービスをより広く利用できます。ほかのプログラマーが自分たちのプログラムにAPIを取り込むことで、自分たちのサービスの利便性が向上し、ユーザー満足度が向上します。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

APIのデメリット

APIのデメリットは以下の通りです。

専門知識が必要

APIを活用するには、そのAPIが提供する機能や仕様を理解する必要があります。そのため、プログラミングの知識がなければAPIを使いこなすことは難しいでしょう。

仕様変更によって互換性がなくなる場合がある

APIを提供する側がAPIの仕様を変更した場合、それまで問題なく動いていたアプリケーションが正常に動作しなくなる場合があります。このような問題を避けるためには、定期的なAPIのチェックが必要です。

セキュリティ上のリスクがある。

APIを使用する場合、APIを提供する側が意図しない情報や操作を行う可能性があるため、セキュリティ上のリスクが存在します。また、APIの認証情報が不正に取得されると、重要な情報が漏えいする可能性もあります。
セキュリティ上のリスクを避けるためには、適切な認証や暗号化などの対策が必要です。

APIの例

APIの例は以下の通りです。

1. Google Maps API

Google Maps APIは、Webサイトやアプリケーションに地図機能を追加するためのAPIです。

2. Twitter API

Twitter APIは、Twitterの機能を外部のサイトやアプリケーションで利用するためのAPIです。

3.Amazon Web Services API

Amazon Web Services APIは、AWS上で動作するアプリケーションに対するプログラム的なアクセスを提供するAPIです。

APIを活用することで、より多くの機能を持ったアプリケーションを開発することが可能になります。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する