プログラミングの変数とは?意味をわかりやすく解説

プログラミングの変数とは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


変数とは

プログラミングに関係する専門用語である「変数」とは、データを一時的に記憶しておく場所のことです。

たとえば、プログラム内で使用する数値や文字列を保存することができます。

また、変数には名前を付けてあとから参照したり、値を変更したりできるのも特徴です。

変数を上手に利用してプログラムを効率的に作成できるため、プログラミングにおいて非常に重要な役割を持っています。

変数でできること

変数でできることは以下の通りです。

値の保持

変数は値を保持できるため、プログラム中で利用する数値や文字列を一時的に記憶できます。

値の代入

変数には値を代入することができます。この機能を利用することで、ある値を変数に代入してからその値を後で変更することができます。

演算の実行

変数に格納された値を演算することも可能です。数値型の変数に対しては四則演算や比較演算が、文字列型の変数に対しては文字列の結合ができます。

変数の学習・勉強方法

変数の学習・勉強方法は以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

変数とは何かを理解する

まず、変数とは何かを理解することが重要です。変数はプログラムの中で値を保存するための箱のようなものであり、その箱に値を入れたり値を読み出したりできます。

変数の型を学ぶ

変数の型は、その変数が格納できるデータの種類や形式を示すものです。プログラミング言語では、整数、浮動小数点数、文字列、真偽値などさまざまなデータ型が定義されています。変数の型を明示することでプログラムが適切なメモリ領域を割り当て、適切な操作や演算を行うことができます。

変数のスコープを理解する

変数のスコープとは、その変数が利用できる範囲を指します。たとえば、関数内で定義された変数は、その関数内でしか使えないというルールがあります。変数のスコープを理解することで、プログラムのバグを防ぐことができます。

変数のメリット

変数のメリットは以下の通りです。

コードの可読性が高まる

変数には意味のある名前を付けることが重要です。意味のある変数名を選ぶことで、その変数が何を表しているのかが明確になり、コードの意図や目的がほかの開発者や自分自身に伝わりやすくなります。

データの再利用性が高まる

変数にデータを代入することで、そのデータを再利用できます。同じデータを複数の場所で使用する場合、変数にデータを代入することで、そのデータの値を変更する場合も一箇所だけ修正すれば済みます。

プログラムの保守性が向上する

変数を使用することでプログラムの保守性が向上します。変数に代入した値を変更する場合も変数名を変える必要がないため、変更漏れが起きにくくなります。また、変数を使用している箇所を一覧できるため、修正が容易になります。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

変数を利用する際の注意点

変数を利用する際の注意点は以下の通りです。

誤った値の代入

変数に誤った値を代入すると、プログラムの動作が予期しないものになる可能性があります。たとえば、数値型の変数に文字列を代入したり、逆に文字列型の変数に数値を代入したりすると意図しない結果が生じることがあります。

スコープの誤用

プログラム内で同じ名前の変数が複数存在する場合、名前の衝突が生じる可能性があります。これにより、変数の値が意図しないものに上書きされるなどの問題が発生することがあります。

名前の衝突

変数のスコープ(有効範囲)を誤って設定すると、変数が予期しない場所でアクセス可能になることがあります。スコープ外から変数にアクセスしてしまうと、データの整合性やセキュリティ上の問題が生じる可能性があります。

変数の例

変数の例は以下の通りです。

整数型変数

整数型変数は整数の値を格納するために用いられます。たとえば、年齢や身長などの数値データを扱う際に使用します。

文字列型変数

文字列型変数は、文字列を格納するために用いられます。たとえば、氏名や住所などのテキストデータを扱う際に使用します。

ブール型変数

ブール型変数は、真偽値を格納するために用いられます。たとえば、ある条件が成立するかどうかを判断する際に使用します。真偽値は、TrueまたはFalseで表現されます。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する