Webアプリケーションとは?意味をわかりやすく解説

Webアプリケーションとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


Webアプリケーションとは

Webアプリケーションとは、Webブラウザから利用することができるアプリケーションのことです。

ユーザーはWebブラウザを通してアプリケーションにアクセスして利用できます。

Webアプリケーションはオンラインで動作するため、プラットフォームに依存しない柔軟性や利便性があります。

たとえば、オンラインストレージやメールサービス、オンラインショッピングサイトなどがWebアプリケーションの一例です。

Webアプリケーションは、便利で使いやすいアプリケーションを開発する上で欠かせない存在となっています。

Webアプリケーションでできること

Webアプリケーションでできることは下記の通りです。

オンラインショッピングができる

Webアプリケーションを使えば、自宅にいながら簡単にオンラインショッピングできます。商品検索や注文、決済までをWeb上で完結できるため、時間や場所を選ばずショッピングを楽しめます。

SNSを利用できる

Webアプリケーションを使えば、SNSに投稿したり友達とコミュニケーションを取ったりできます。さらに、Web上でさまざまな情報を共有したり、知り合いを増やしたりすることもできます。

オンライン学習ができる

Webアプリケーションを使えば、オンラインで講座や授業を受講できます。時間や場所を選ばずさまざまな分野の知識を学べます。

Webアプリケーションの学習・勉強方法

Webアプリケーションの学習・勉強方法は下記の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

初心者向けオンライン講座の受講

Webアプリケーションの基礎を学ぶには、初心者向けのオンライン講座を受講するのがおすすめです。一般的に、HTMLCSSJavaScriptなどの基礎的な知識から始められる講座が多く用意されています。自分に合った講座を選び、ひとつつずつ学習していくことでスキルアップできます。

実践的なプロジェクトに取り組む

実践的なプロジェクトに取り組むことで、Webアプリケーションの理解が深まります。具体的には、Webアプリケーションの制作や改善などが挙げられます。GitHubなどのプログラミングコミュニティでプロジェクトに参加したり、自分でアプリを制作したりするのがおすすめです。

勉強会やカンファレンスに参加する

Webアプリケーションは常に進化しており、最新の技術やトレンドについても学習しておく必要があります。勉強会やカンファレンスに参加することで最新の情報を入手でき、ほかのプログラマーとの交流もできます。また、自分が理解できていない部分を質問できるので、スキルアップにもつながります。

Webアプリケーションのメリット

Webアプリケーションのメリットは下記の通りです。

利用者にとって使いやすい

Webアプリケーションはブラウザ上で動作するため、専用のソフトウェアをインストールする必要がありません。また、利用者の操作に応じてインターフェースの表示を動的に変更できるため、使いやすさが向上します。

操作の履歴やデータのバックアップが容易

Webアプリケーションはサーバー上で動作するため、データの保存やバックアップがサーバー側で行われます。そのため、利用者がブラウザを閉じたり端末を切り替えたりしても、データが失われることはありません。
ただし、Webアプリケーションによっては一時的に保存されるデータや、ブラウザ側でデータが保存されることもあるため、注意が必要です。

開発や保守が容易

Webアプリケーションはクライアント側にソフトウェアをインストールする必要がないため、バージョンアップや修正が容易です。また、サーバー側でデータを管理するため、ユーザーからのアクセスが集中してもサーバー側で対処できます。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

Webアプリケーションのデメリット

Webアプリケーションのデメリットは下記の通りです。

インターネット接続が必須

Webアプリケーションはインターネットを通して接続するため、オフラインの状態では利用できません。また、インターネット接続が不安定な場合は、正常に動作しない場合もあります。

セキュリティ上のリスク

Webアプリケーションはサーバー側で動作するため、悪意のある攻撃者によるサーバーへの不正アクセスや、クライアント側でのハッキング行為のリスクがあります。また、パスワードなどの個人情報が漏洩する可能性もあります。

ネイティブアプリケーションより制限がある

ネイティブアプリケーションと比較して、Webアプリケーションはさまざまな制限があります。たとえば、ファイル操作やデバイス機能の制限、動作速度の遅さなどが挙げられます。また、ネイティブアプリケーションのように高度な機能を実現することが困難な場合もあります。

Webアプリケーションの例

Webアプリケーションの例は下記の通りです。

オンラインストレージ

オンラインストレージは、Webブラウザ上からファイルのアップロードやダウンロードができるWebアプリケーションのひとつです。代表的なものにGoogle DriveやDropboxがあります。

ToDoリスト

ToDoリストは、タスク管理を行うためのWebアプリケーションです。タスクの追加や削除、優先度の設定などができ、スマートフォンからもアクセスできる便利なツールです。代表的なものにTrelloやAsanaがあります。

オンラインカレンダー

オンラインカレンダーは、スケジュール管理を行うためのWebアプリケーションです。予定の追加や変更、共有などができ、ビジネスやプライベートで活用されています。代表的なものにGoogleカレンダーやOutlookカレンダーがあります。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する