BitbucketとGitHubの違いをわかりやすく解説

BitbucketとGitHubの違いをわかりやすく解説

公開: 更新:


Bitbucketとは

Bitbucketとは、ソースコード管理サービスの一つです。

Atlassianという企業が提供しており、プライベートリポジトリを無料で作成できるので、小規模チーム等がプライベートリポジトリを利用している傾向にあります。

また、BitbucketはJiraやTrelloなど、Atlassian製品との統合が簡単です。

そのため、ソースコード管理とタスク管理を一元的に行いたい企業には、Bitbucketが適しています。

つまり、Bitbucketは無料のプライベートリポジトリに加え、Atlassian製品との統合が特徴的であるソースコード管理サービスと言えます。

GitHubとは

GitHubとは、世界最大のソースコードホスティングサービスです。

多くの開発者が利用しており、公開リポジトリの数は数千万にも及びます。

GitHubはコードレビューやイシュートラッキングなど、便利な機能も提供されています。

Microsoftが所有しており、Visual StudioやAzureとの連携も強化されているので、GitHubは大量の公開リポジトリと便利な機能を持ったソースコード管理サービスと言えます。

BitbucketとGitHubの違い

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

機能や製品の比較について

BitbucketはAtlassian製品の一部であり、JiraやConfluenceなど他製品との統合が非常にスムーズです。

他のAtlassian製品を使用している場合、プロジェクト管理やドキュメント管理などの作業を効率的に行えます。

一方、GitHubは開発者コミュニティが非常に活発で、数多くのオープンソースプロジェクトがホスティングされています。

GitHub ActionsやGitHub Pagesなど、独自の便利な機能を提供しており、これらを活用することで開発の幅が広がります。

また、BitbucketもPipelineというCI/CD機能やSnippetsというコード片の共有機能を持っています。

つまり、BitbucketはAtlassian製品とのシームレスな統合が強みで、GitHubはコミュニティの活発さと独自機能が魅力です。

リポジトリの管理や移行について

Bitbucketはプライベートリポジトリを無料で提供しています。

GitHubも最近はプライベートリポジトリを無料で提供するようになりましたが、過去は有料でした。

両プラットフォームともリポジトリのインポートツールを提供しており、他サービスからの移行が簡単です。

ただし、特定の機能や設定はプラットフォームごとに異なるため、移行する際は事前確認が必要です。

例えば、Webhookの設定やCI/CDの連携方法などは、BitbucketとGitHubで異なります。

また、チームのメンバー管理や権限の設定も微妙に違うため、移行時の注意が求められます。

コミットの違いについて

BitbucketとGitHubの基本的なコミットの仕組みは同じですが、ユーザインターフェースや表示の細部に違いがあります。

GitHubの方が、プルリクエストのディスカッションやコードレビューに関する機能が充実しています。

特に、プルリクエストのディスカッションにおいて、コメントのスレッド機能やリアクションの追加など、コミュニケーションを助ける多くの機能が備わっています。

Bitbucketもコードレビューやコメントの機能は持っていますが、GitHubほど多機能ではありません。

ただし、使用するチームのニーズや好みによるため、どちらが優れているかは一概に言えません。

Bitbucketのメリット・デメリット

Bitbucketのメリットは、JiraやConfluenceなどの製品と連携しやすい点です。

特に、タスクトラッキングやドキュメント管理でJiraやConfluenceを使用しているチームにとって、Bitbucketは非常に役立つツールとなるでしょう。

また、Bitbucketは無制限のプライベートリポジトリを無料で作成できるので、スタートアップや小規模の開発チームにとって魅力的なポイントとなります。

しかし、デメリットとして、コミュニティの規模や活動度はGitHubより小さいため、オープンソースプロジェクトの多さや情報共有の面では劣ります。

従って、オープンソース活動の中心地としてはGitHubが有利ですが、企業のプライベートな開発環境としてはBitbucketが適しています。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

GitHubのメリット・デメリット

GitHubのメリットは、多くのオープンソースプロジェクトがホスティングされており、情報交換や学習の場としても利用されている点です。

GitHub ActionsやGitHub Pagesなどの機能を利用することで、開発からデプロイまでの一連の流れをGitHub内で完結させることが可能です。

また、非常に活発なコミュニティが存在するため、様々な問題や疑問に対して回答を得られる可能性が高まります。

デメリットとして、以前はプライベートリポジトリが有料だったため、Bitbucketなど他のプラットフォームと比較して、高額である印象が残っています。

また、あまりにも多機能であるため、初心者にとって少し操作が難しいかもしれません。

従って、大規模なオープンソースプロジェクトやコミュニティの活動を重視する場合はGitHubが適していますが、シンプルなインターフェースを求める場合は他のオプションを検討する価値があります。

BitbucketとGitHubの違いに関するQ&A

GitBucketとBitbucketの違いは何ですか?

GitBucketとBitbucketは、名前が似ているため混同されやすいですが、異なるツールです。

GitBucketはScalaで書かれたGitHubのクローンアプリで、オープンソースのソフトウェアです。

一方、BitbucketはAtlassianが開発・提供する商用のソフトウェアホスティングサービスです。

従って、GitBucketは自前のサーバーに設置して利用するソフトウェアであり、Bitbucketはクラウドサービスとしても利用されています。

GitHubとGitの違いは何ですか?

Gitは分散型のバージョン管理システムの一つで、ソースコードの変更履歴を効率的に管理するためのツールです。

一方、GitHubはGitを用いたソフトウェア開発のためのプラットフォームです。

GitHubではソースコードのホスティングだけでなく、コードレビューやバグトラッキングなど、開発に関連する多くの機能を提供しています。

従って、Gitはバージョン管理のためのツールであり、GitHubはそのツールを活用した開発プラットフォームです。

GitHubのリポジトリとは何ですか?

GitHubのリポジトリは、ソフトウェアのソースコードやドキュメント、関連するデータを保管する場所です。

リポジトリにはソースコードの変更履歴が詳細に記録され、開発者は過去のコードや変更点を確認できます。

また、リポジトリを公開することで、他のユーザーとコードを共有したり、共同でソフトウェアを開発できます。

従って、GitHubのリポジトリは、ソフトウェア開発の基盤となる場所と言えます。

Bitbucketで具体的に何ができますか?

Bitbucketは、ソフトウェアのソースコードをホスティングするサービスなので、GitHubと同様にバージョン管理やコードレビュー、ブランチ管理など基本的な機能を持っています。

加えて、JiraやConfluenceといったAtlassian製品との連携が非常に深いため、タスク管理やドキュメント管理との一体型開発が行いやすいです。

従って、Bitbucketはソースコードの管理だけでなく、プロジェクト全体の運営をサポートするツールとも言えるでしょう。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する