Gitとは?意味をわかりやすく解説

Gitとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


Gitとは

プログラミングに関係する専門用語「Git」とは、ソースコードバージョン管理を容易にする分散型のバージョン管理システムです。

開発者が同じファイルを編集する際の競合を回避し、変更履歴の管理やバージョンの管理を可能にします。

また、GitHubやBitbucketなどのサービスと組み合わせて使用することで、複数人での開発やオープンソースプロジェクトの共同開発が容易になります。

Gitでできること

Gitでできることは以下の通りです。

バージョン管理

Gitを使用することで、プロジェクトの変更履歴を簡単に管理できます。バージョンを保存し、必要な時に過去の状態に戻すことができるため、開発者が複数いる場合でも効率的にコードの管理ができます。

コラボレーション

Gitを使うことで、複数の開発者が同じプロジェクトに参加してコードを共有できます。各自が変更を加えたコードをGitが自動的にマージしてくれるのも特徴。また、GitHubやGitLabといったオンラインサービスを利用することで、リモートでのコラボレーションが可能になります。

ブランチ管理

Gitでは、ブランチを使って複数のバージョンを管理できます。新しい機能を追加する場合やバグ修正をする場合など、それぞれの作業をブランチとして分けることで、安全かつ迅速に作業を進めることができます。

Gitの学習・勉強方法

Gitの学習・勉強方法は以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

基礎知識を学ぶ

まずはGitの基礎知識を学ぶことが大切です。Gitの基礎知識には、バージョン管理の基本的な考え方や、Gitがどのように動作するのかといった内容が含まれます。

実際に使ってみる

基礎知識を理解したら、実際にGitを使ってみましょう。Gitを使ってファイルの変更履歴を管理したり、ブランチを切って開発を進めたりすることができます。自分でプロジェクトを作成してGitでバージョン管理することで、Gitの使い方をより実践的に学ぶことができます。

エラーに対処する方法を学ぶ

Gitを使っていると、エラーが発生することがあります。エラーが発生した場合、どのように対処すればよいかを知っておくことが重要です。エラーの内容や原因を理解し、適切な対処方法を取ることで、スムーズなGitの使用が可能になります。

Gitのメリット

Gitのメリットは以下の通りです。

バージョン管理が容易になる

Gitを使用することで、プログラムの変更履歴を簡単に管理できます。また、バージョンを比較することができるので、不具合が生じた場合も以前のバージョンに戻せるのがメリットです。

複数人での開発がスムーズになる

複数人で同時に開発を行う場合、Gitを使用することで複数人の変更を統合することができます。また、誰がどのような変更を行ったかを把握することができるため、チームでの開発において調整が容易になります。

リモート作業が容易になる

Gitを使用することで、リモートでの作業も容易になるのもメリットのひとつです。オンライン上でプロジェクトを共有し、複数人での開発を行うことができます。また、オフラインでの作業も可能であり、インターネット接続がない環境下でもプログラムの変更を行うことも可能です。
オフライン状態でGitを使用する場合、ローカルリポジトリで変更を行い、コミットを行うことができます。変更はローカルのリポジトリ内で管理されるため、インターネットに接続されていなくても問題ありません。ただし、リモートリポジトリへのプッシュやリモートからのプルなどのリモート操作は、インターネット接続が必要です。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

Gitのデメリット

Gitのデメリットは以下の通りです。

学習コストが高い

Gitは分散型バージョン管理システムであり、初心者には学習コストが高いと言われています。特に、コマンドラインでの操作に慣れていない人には、使い方を覚えるのに時間がかかるかもしれません。

コンフリクトが起こりやすい

Gitでは、同じファイルを複数の人が同時に変更する場合に、コンフリクト(衝突)が発生する可能性があります。コンフリクトは、異なる変更が同じ箇所に加えられた場合や、同じ行の内容が競合した場合に起こります。
コンフリクトが発生すると、Gitは自動的に変更をマージ(統合)できず、手動で解決する必要があります。コンフリクトの解決には、開発者が競合した変更を検証し、どの変更を採用するかを決定する必要があります。修正作業や協議に時間がかかるため、開発スピードが遅くなる可能性があります。

容量の問題

Gitはバージョン管理を行うために、ファイルの変更履歴を保存します。そのため、プロジェクトが大規模になると、保存するための容量が増えていきます。また、大量のファイルを扱う場合にも、保存に時間がかかることがあります。
ただし、Gitは非常に効率的なバージョン管理システムであり、差分ベースの保存や圧縮技術を利用することで、効率的なストレージ管理が可能です。また、リモートリポジトリとの同期やプッシュ/プル操作も高速で行えます。

Gitの例

Gitの例は以下の通りです。

コミット

Gitにおいて、ファイルの変更履歴を記録するために行う操作をコミットと言います。コミットには変更内容を説明するメッセージを必ず付けることが望ましいです。

プルリクエスト

GitHubなどのGitリポジトリで、コードの変更を提案する機能をプルリクエストと言います。ほかの開発者によるレビューを受け、コードの品質を向上させることができます。

マージ

異なるブランチに分岐したコードを統合することをマージと言います。複数人で開発を進めている場合、各々が開発したコードをマージすることで全体として完成度の高いコードを作り上げることができます。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する