プログラミングのパスとは?意味をわかりやすく解説

プログラミングのパスとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


パスとは

プログラミングに関係する専門用語であるパスとは、ファイルやディレクトリの場所を示すために使われる言葉です。

たとえば、あるファイルが「C:UsersUserNameDocumentsfile.txt」というパスで保存されている場合、「C:」はドライブを表し、「Users」はそのドライブ内のフォルダ、「UserName」はそのフォルダ内のユーザー名、「Documents」はそのユーザーのドキュメントフォルダ、「file.txt」はそのフォルダ内のファイルを示しています。

パスはプログラムがファイルやディレクトリを正しく特定し、アクセスできるようにするために不可欠な概念です。

パスでできること

パスでできることは以下の通りです。

ファイルの場所を指定できる

パスを利用することでファイルの場所を指定することができます。ファイルを保存する場所やプログラムから読み込むファイルの場所を指定する際、パスが重要な役割を果たします。

URLを指定できる

URLも一種のパスと言えます。Webサイト上のリソース(ファイルや画像など)の場所を指定する際に、URLを使用します。URLはWebページ上のリソースの場所やアクセス方法を指定するため、パスの一種として扱われます。

環境変数を設定できる

環境変数を使用してパスを設定することで、プログラムが必要とするファイルの場所を事前に指定できます。これにより、プログラムを実行する際にファイルの場所を明示的に指定する必要がなくなります。

パスの学習・勉強方法

パスの学習・勉強方法は以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

パスとは何か?

パスとは、ファイルやフォルダなどの場所を示す際に使用する用語で、パスの学習・勉強方法は、まずパスの概念を理解することから始まります。

パスの種類

パスには、絶対パスと相対パスの2種類があります。絶対パスは、ルートから始まるパスで、相対パスは、現在の場所からのパスです。パスの学習・勉強方法では、どちらのパスも理解し、使い分ける方法を学ぶことが大切です。

パスの表記方法

パスの表記方法には、スラッシュ(/)やバックスラッシュ(\)などがあります。また、WindowsやMacなどのOSによって表記方法が異なるのが特徴。パスの学習・勉強方法では、環境に合わせた表記方法を確認し、正しく表記する方法を身につけることが必要です。

パスのメリット

パスのメリットは、以下の通りです。

ファイルの特定が容易

パスを利用することで、ファイルの特定が容易になります。たとえば、ファイルが保存されている場所の階層構造を表すパスを指定することで、そのファイルを簡単に特定できます。

ファイルの管理が容易

パスを利用することで、ファイルの管理が容易になります。特定のフォルダ内にあるファイルを一括で処理する場合など、パスを指定することで効率的に管理できます。

プログラムの移植性が向上

パスを使うことで、プログラム内でファイルを指定する際に絶対パスや相対パスを使うことができます。そのため、プログラムを移植する場合、ファイルの場所が変更されていてもパスを変更することで対応可能です。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

パスのデメリット

パスのデメリットは以下の通りです。

ファイル名変更時の問題

パスはファイルの場所を指定するためのアドレスのようなものです。しかし、ファイル名を変更すると、そのファイルを参照しているパスも変更する手間が発生します。

移植性の問題

パスには絶対パスと相対パスの2種類がありますが、それぞれのOSによってパスの表記方法が異なるため、移植性に問題が生じます。例えば、Windowsではバックスラッシュ(\)を使用しますが、MacやLinuxではスラッシュ(/)を使用します。
このデメリットは、クロスプラットフォームフレームワークライブラリを使用することで緩和することもできます。

パスの例

パスの例は以下の通りです。

絶対パス

絶対パスは、ルートディレクトリから目的のファイルまたはディレクトリまでの完全なパスを表します。

相対パス

相対パスは、現在のディレクトリから目的のファイルまたはディレクトリまでの相対的なパスを表します。

URL

URLはWeb上のリソースを指すためのパスの一種で、プロトコル、ホスト、パス、ファイル名などから構成されます。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する