C言語とは?意味をわかりやすく解説

C言語とは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


C言語とは

プログラミングに関係する専門用語であるC言語はプログラミング言語の一種であり、1970年代に開発されました。

C言語は非常にポータビリティ(移植性)が高く、さまざまなプラットフォームやシステムで利用されています。

特に、OSやドライバ、組み込みシステムの開発に広く使用されています。

C言語は構造がシンプルであり、他のプログラミング言語にも影響を与えた言語のひとつです。

多くのプログラミング言語はC言語の概念や構文を取り入れています。

C言語でできること

C言語でできることは以下の通りです。

システムプログラムを開発できる

C言語はシステムプログラムを開発するのに適しています。たとえば、オペレーティングシステムやデバイスドライバ、組み込みシステムなどに使用されています。C言語の構造化された文法は、効率的でメモリ消費が少なくて高速なコンパイルが可能なため、多くの開発者に選ばれています。

ハードウェア制御が可能

C言語は、コンピュータのハードウェアや機能に近い形でプログラミングできる「低レベル言語」であるため、ハードウェア制御が得意です。具体的には、マイクロコントローラのプログラミングや組み込みシステムの開発に使用されます。C言語で書かれたプログラムは、ハードウェアに直接アクセスし、高速で正確な処理を実現できます。

高速なアプリケーションを作成できる

C言語はメモリの管理が柔軟で、ポインタと呼ばれる仕組みを使ってメモリを効率的に扱うことができます。また、C言語で記述されたプログラムは、アセンブラ機械語に直接変換されるため、高速な実行が可能です。そのため、大量のデータを扱うアプリケーションや高速な処理が必要なアプリケーションの開発に適しています。

C言語の学習・勉強方法

C言語の学習・勉強方法は以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

基礎的な文法や構文を理解する

C言語の基本構文を理解することが学習の出発点です。変数演算子配列条件分岐ループなど、プログラミングに必要な基礎知識を身につけることから始めましょう。

サンプルコードを読み書きする

C言語の学習には、サンプルコードを読んで理解することが有効です。また、自分でコードを書いて動作確認をすることで、より理解を深めることができます。

プログラムを作成してみる

C言語の学習の最終目標は、自分でプログラムを作成することです。まずは簡単なプログラムから始め、徐々に難易度を上げていくことでスキルアップができます。

C言語のメリット

C言語のメリットは以下の通りです。

高速で効率的な処理が可能

C言語は機械語に近い言語であるため、高速で効率的な処理が可能です。また、メモリの管理を自ら行えるため、大規模なプログラムでも高速に動作できます。

プラットフォームに依存しない

C言語はプラットフォームに依存しない言語であるため、さまざまな環境で動作することが可能です。そのため、オペレーティングシステムやハードウェアの違いを気にすることなく、同じプログラムを複数のプラットフォームで使いまわすことができます。

豊富なライブラリが存在する

C言語は古くから使われている言語であるため、多くのライブラリが存在します。そのため、新たにライブラリを作る必要がなく、既存のライブラリを活用することができます。また、多くのプログラマーがC言語を使っているため、情報やノウハウを得やすいというメリットもあります。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

C言語のデメリット

C言語のデメリットは以下の通りです。

メモリ管理が手動

C言語はメモリ管理を手動で行う必要があります。つまり、メモリの確保や解放を自分で行わなければなりません。そのため、初心者がC言語を学ぶ際には、メモリ管理の知識が必要になります。また、メモリ管理に誤りがあると、メモリリークやダングリングポインタなどの問題が発生する可能性があります。

安全性が低い

C言語のポインタの自由な扱いは、バッファオーバーフローなどのセキュリティ上の脆弱性を引き起こす可能性があります。ポインタの不適切な使用やメモリ管理の不備によって予期しないメモリ上の書き込みが発生し、プログラムの安全性に問題が生じることがあるのがデメリットです。

開発時間が長くなることがある

C言語は低レベルな操作を行うことができるため、高度な処理を実現することができます。しかし、その分プログラムの開発時間が長くなることがあります。C言語には標準ライブラリが用意されていますが、それでも必要な処理を自分で実装する必要があるため、時間がかかることがあります。

C言語の例

C言語の例は以下の通りです。

ファイルの入出力

C言語では、ファイル入出力を行うための関数が用意されています。たとえば、ファイルを開くためのfopen関数や、ファイルから読み込むためのfread関数、ファイルに書き込むためのfwrite関数などがあります。

ソートアルゴリズム

C言語では、さまざまなソートアルゴリズムが実装されています。たとえば、バブルソートやクイックソートなどがあります。これらのアルゴリズムは、配列を並び替えるために使用されます。

ポインタの例

C言語において、ポインタは非常に重要な概念です。ポインタは、変数のアドレスを表すために使用されます。たとえば、int型の変数に対して、そのアドレスを取得するためには「&」演算子を使用します。また、取得したアドレスを元に、ポインタを使って変数の値を直接変更することもできます。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する