Ajaxとは?意味をわかりやすく解説

Ajaxとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


Ajaxとは

プログラミングに関係する専門用語「Ajax」とは、Webページの一部のデータを更新するための技術です。

通常、Webページ全体を再読み込みしなければならない場合でも、Ajaxを使用すると必要な部分のみを非同期で更新できます。

このため、Webページの読み込み速度が向上し、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

Ajaxでできること

Ajaxでできることは以下の通りです。

ページの再読み込みを行わずに情報をを更新できる

Ajaxを使うと、ページの再読み込みを行わずにコンテンツを更新できます。これにより、ユーザーがページを離れることなく、よりスムーズな操作が可能になります。

サーバーと非同期で通信できる

Ajaxはサーバーと非同期で通信できます。ユーザーが操作を行っている最中でも、裏でデータを取得したり送信したりできるため、ユーザーの待ち時間を減らしてより快適なユーザー体験を提供できます。

入力に応じてコンテンツを動的に更新できる

Ajaxはユーザーの入力に応じて、動的にコンテンツを更新できます。たとえば、検索フォームにキーワードを入力すると、自動的に検索結果が表示されるようにできます。これにより、より使いやすくて効率的な検索機能を実現できます。

Ajaxの学習・勉強方法

Ajaxの学習・勉強方法は以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

Ajaxの基礎知識を身につける

Ajaxを学ぶには、まず基礎知識を身につけることが重要です。JavaScriptXMLDOM(Document Object Model)、XMLHttpRequestオブジェクトなどについて理解を深め、Ajaxの仕組みを把握しましょう。

Ajaxを実際に使用してみる

Ajaxを学ぶ上で、実際に手を動かしてみることが大切です。Ajaxを使用したWebアプリケーションを作成したり、既存のWebページにAjaxを導入することで、Ajaxの理解を深めることができます。

Ajaxのメリット

Ajaxのメリットは以下の通りです。

ページ遷移が不要になる

Ajaxを使用することで、ページ遷移なしにデータの取得や送信が可能になります。つまり、ユーザーは別のページに遷移することなく、同じページ内で操作を続けることができます。

ページの読み込みが高速化される

Ajaxを使うとページ全体をリロードする必要がないため、ページの読み込み速度が向上します。また、必要なデータのみを取得できるので、通信量が削減されてユーザーの負担が軽減されます。

ユーザビリティの向上

Ajaxを活用することで、リッチなユーザインターフェースを実現できます。たとえば、フォームの入力時に入力内容の妥当性をリアルタイムでチェックしたり、検索フォームのオートコンプリート機能を実装できます。これらの機能はユーザーにとって使いやすく、操作性が向上することが期待できます。

Ajaxのデメリット

Ajaxのデメリットは以下の通りです。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

ブラウザのバックボタンに対応しづらい

Ajaxはページ遷移を行わないため、ブラウザのバックボタンに対応しづらいというデメリットがあります。ユーザーが戻りたいと思っても、バックボタンで戻ることができず、手動で戻る必要があるので使い勝手が悪くなることがあります。

JavaScriptの依存

AjaxはJavaScriptを使用して実装されます。そのため、クライアント側でJavaScriptが有効になっている必要があります。JavaScriptが無効になっている場合、Ajaxリクエストを実行することができず、機能が制限されます。また、JavaScriptに依存するため、JavaScriptのエラーが発生するとAjaxの処理が中断される可能性があります。

クロスドメイン制約

Ajaxは同一オリジンポリシー(Same Origin Policy)に従います。つまり、Ajaxリクエストは同じドメイン、ポート、プロトコルで行われる必要があります。異なるドメインからのAjaxリクエストは制約され、セキュリティ上の理由からブラウザによってブロックされることがあります。

Ajaxの例

Ajaxの例は以下の通りです。

ダイナミックなコンテンツの読み込み

Ajaxを使用することで、ユーザーがページを再読み込みせず動的にコンテンツを読み込むことができます。たとえば、コメントや投稿の追加、リアルタイムなチャットの表示などがあります。

フォームのバリデーション

ユーザーがフォームにデータを入力したあと、Ajaxを使用して非同期的にフォームのバリデーションを行うことができます。サーバーにデータを送信する前に、入力内容を即座に検証できます。

オートコンプリート機能

テキスト入力フィールドに対して、Ajaxを使用してリアルタイムにサジェストやオートコンプリートの機能を提供できます。ユーザーが文字を入力するたびに、Ajaxリクエストを送信して候補を表示します。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する