バリデーションとは?意味をわかりやすく解説

バリデーションとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


バリデーションとは

バリデーションとは、入力値が正しい形式や範囲に合致しているかどうかを検証することを指します。

たとえば、メールアドレスパスワードの入力欄に正しい形式で入力されているか、数値が範囲内にあるかなどを検証する際に利用されます。

バリデーションを行うことでユーザーからの誤った入力によるエラーを防止し、システムの正確性と安全性を保つことができます。

バリデーションでできること

バリデーションでできることは下記の通りです。

入力値が正しいかどうかチェックできる

ユーザーからの入力値を正しい形式に整形することができます。たとえば、メールアドレスや電話番号が正しい形式で入力されているかどうかや、必須項目が埋まっているかどうかなどをチェックできます。

安全性を確保できる

バリデーションは、悪意のあるユーザーによる不正な入力を防ぐためのセキュリティ対策にもなります。たとえば、入力欄にSQLインジェクションなどの悪意のあるコードを挿入されることを防止できます。

バリデーションの学習・勉強方法

バリデーションの学習・勉強方法は下記の通りです。

1. 教材で基礎知識を身につける

バリデーションについて解説している書籍やオンライン教材を使って学ぶことで、バリデーションの種類や使い方について理解を深めることができます。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

2. 実際にコードを書いてみる

バリデーションについて理解したら、実際にコードを書いてみましょう。簡単なバリデーションから始め、少しずつ複雑なものに挑戦していきましょう。

バリデーションのメリット

バリデーションのメリットは下記の通りです。

1. 入力内容の正確性を保証できる

バリデーションを行うことにより、ユーザーから入力されたデータの正確性を確認できます。たとえば、メールアドレスの入力欄にメールアドレス以外の文字列が入力された場合、エラーメッセージを表示して正しい入力を促すことができます。

2. セキュリティを高めることができる

バリデーションを適切に行うことにより、不正な入力によるセキュリティリスクを軽減できます。たとえば、データベースに保存する際にSQLインジェクションなどの攻撃を防ぐことができます。

3. ユーザー体験を向上させることができる

バリデーションにより、ユーザーが正しいデータを入力することができるようになります。そのためエラーが発生することが減り、ユーザー体験が向上します。

バリデーションのデメリット

バリデーションのデメリットは下記の通りです。

1. 入力が制限される

バリデーションはデータの入力制限を設けるために用いられますが、制限が厳しくなりすぎると必要な情報が正しく入力できない場合があります。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

3. ユーザーエクスペリエンスの低下

バリデーションが厳しくなりすぎると、ユーザーエクスペリエンスが低下します。たとえば、同じパスワードを2回入力する必要がある場合、入力ミスによりパスワードを再度入力しなければならないことがあります。

バリデーションは、入力の正確性を保証するために必要な技術ですが、その実装には慎重さが求められます。バリデーションのデメリットを考慮し、適切な制限を設けることが重要です。

バリデーションの例

バリデーションの主な利用例は下記の通りです。

1. フォームの入力チェック

フォームに入力されたデータが指定した形式に合致するかどうかを確認することで、正しいデータのみを受け付けます。

2. メールアドレスの検証

メールアドレスが正しい形式であるかどうかをチェックすることで、不正なメールアドレスの登録を防止できます。

3. パスワードの強度チェック

パスワードが安全な形式であるかどうかを確認することで、セキュリティレベルの高いパスワードを設定できます。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する