C言語プログラミング能力認定試験とは?意味をわかりやすく解説

C言語プログラミング能力認定試験とは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


C言語プログラミング能力認定試験とは

C言語プログラミング能力認定試験は、C言語を使用したアプリケーション開発のスキルを評価 認定するための試験です。この試験には1級、2級、3級の3つのレベルが存在し、それぞれには異なる試験時間、受験料、そして問題形式が設定されているのが特徴です。本試験は、受験者のC言語に関する深い知識と実践的なプログラミング能力が問われる試験となっています。

C言語プログラミング能力認定試験の受験料

C言語プログラミング能力認定試験の受験料は下記の通りです。

  • 1級:7,800円
  • 2級:6,400円
  • 3級:5,200円
引用:ビジネス能力検定 サーティファイ「公開試験内容」

C言語プログラミング能力認定試験の取得難易度と合格率

C言語プログラミング能力認定試験の合格率は累計だと65.75%で、合格基準は60%以上の得点率が求められます。また、取得難易度に関しては、受験する級によって異なります。

例えば、C言語プログラミング能力認定試験の2 3級は、C言語やアルゴリズムの概要や小規模のプログラムの実装スキルが求められます。しかし1級に関しては、C言語を使った応用プログラムやOSの理解について求められるので、2 3級に比べて高難易度なのが特徴です。

C言語プログラミング能力認定試験を取得するメリット

C言語プログラミング能力認定試験を取得するメリットは下記の通りです。


Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

スキルの証明

認定試験を合格することで、C言語に関する知識やスキルを正式に証明できます。これは、履歴書や職務経歴書に記載する際のアピールポイントとなります。たとえば、同じ経験年数のほかの応募者と比べて、C言語プログラミング能力認定試験の資格があることで、技術面での優位性をアピールできます。

プログラミングスキルの証明

また、C言語プログラミング能力認定試験の取得は、自身のプログラミングスキルを証明する上でも有用です。資格はあくまで「能力の証明」であり、自身のスキルを確認し、他者に示す手段となります。

特に、自己学習でプログラミングを学んだ場合、スキルをどう証明すれば良いか迷うこともあります。そのような場合、この資格を取得することで、自身の学習成果を明確に示すことが可能となります。

これにより、自身のスキルを確認し、さらに自信を持つことができます。

自己学習の方向性確認

最後に、C言語プログラミング能力認定試験の取得は、自己学習の方向性を確認するための良い指標となります。試験はプログラミングの基本的な理解だけでなく、応用力を問う問題も含まれます。

試験勉強を通じて自身が苦手とする領域や理解が浅いテーマを見つけることができ、それを改善するための学習計画を立てることができます。

また、資格取得を目指す過程自体が、自己学習のモチベーション維持につながります。具体的な目標を設定することで、より効率的かつ効果的な学習が可能です。

C言語プログラミング能力認定試験を取得するための効率的な勉強方法

C言語プログラミング能力認定試験を取得するための効率的な勉強方法は下記の通りです。

公式の推薦書籍を活用する

公式が推薦する書籍を使って学習することで、試験対策を効率的に実施できます。たとえば「新訂 新C言語入門 シニア編」や「わかりやすいC 入門編」、「スッキリわかるC言語入門」が推薦書籍として公開されています。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

公式の公式問題集を活用する

公式が公開している過去問に挑戦することで、現時点での理解度やどのような問題が出題されるのか理解できます。また、過去問の書籍も販売されているんので、気になる方はC言語プログラミング能力認定試験の公式サイトをチェックしてみてください。

実際のプログラム作成による理解深化

実際に手を動かしてプログラムを作成することで、理論を実践に移す力を養うことができます。たとえば、簡単な計算機を作成したり自動化スクリプトを書いたりすることで、理解が深まります。また、エラーや問題に直面した際に自分で解決策を見つけ出す経験は非常に貴重です。このような経験を積むことで、プログラミング能力だけでなく問題解決能力も身に付きます。

C言語プログラミング能力認定試験の取得で目指せる職業

C言語プログラミング能力認定試験の取得で目指せる職業は下記の通りです。

ソフトウェアエンジニア

C言語プログラミング能力認定試験を取得すると、ソフトウェアエンジニアとしてのキャリアを築くことが可能となります。ソフトウェアエンジニアは、ソフトウェアの設計、開発、テスト、メンテナンスなどを行う職業です。

特に、システムレベルのプログラミングや組み込みシステムの開発では、C言語が広く使用されています。このような分野で活躍するためには、C言語に対する深い理解が求められます。

システム開発者

C言語プログラミング能力認定試験の取得は、システム開発者としての道を開くことも可能です。システム開発者は、クライアントの要求に応じて情報システムを設計 開発する職業です。C言語はその高いパフォーマンスと柔軟性から、多くのシステム開発で使用されています。特に、リアルタイムシステムや組み込みシステムの開発では、C言語の知識が重要となります。

テクニカルサポートエンジニア

C言語を使用したソフトウェアやシステムのサポートを行う役職です。顧客からの問い合わせやトラブルシューティングに対応する際、C言語のコードを読み解く能力や、問題の原因を特定するための深い知識が求められます。これらの職業は、C言語の知識やスキルが直接的に活かされるものです。認定試験の取得は、これらの職業への道を開くためのステップとして有効です。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する