JavaScript(ES6)とは?意味をわかりやすく解説

JavaScript(ES6)とは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


JavaScript(ES6)とは

プログラミングに関係する専門用語「JavaScript(ES6)」とは、WebサイトやWebアプリケーションの動的な動作を実現するためのプログラミング言語です。

Webページ上でボタンをクリックした際に表示されるポップアップ画面や、ユーザーがスクロールした際に表示される動的なコンテンツなど、Webページをよりインタラクティブにするために欠かせない技術です。

また、ES6とは、JavaScriptの6番目のメジャーバージョンであることを指します。

2015年にリリースされて以来、いくつかのマイナーバージョンのアップデートが行われています。

JavaScript(ES6)でできること

プログラミングに関係する専門用語であるJavaScript(ES6)でできることは、以下の通りです。

オブジェクト指向プログラミングが可能

JavaScript(ES6)は、オブジェクト指向プログラミングをサポートしています。これにより、大規模なプログラムを開発することができ、メンテナンス性が高まります。

非同期処理をスムーズに実行できる

JavaScript(ES6)は非同期処理を扱うための仕組みを備えており、コールバック関数やPromiseなどを利用することで、スムーズに非同期処理を実行できます。

モジュール化が可能

JavaScript(ES6)では、モジュールを定義することができます。これにより、プログラムのコードをモジュール化して管理しやすくすることができます。

JavaScript(ES6)の学習・勉強方法

プログラミングに関係する専門用語であるJavaScript(ES6)の学習・勉強方法は、以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

オンライン学習サイトを利用する

JavaScript(ES6)の学習には、オンライン学習サイトを利用することがおすすめです。UdemyやProgateなどのオンライン学習サイトでは、初心者から上級者まで幅広いレベルのコースが提供されています。

プロジェクトを作って実践する

理論だけでなく、実際にプロジェクトを作ってJavaScript(ES6)を学習することも大切です。自分でアプリケーションやWebページを作ってみることで、理解が深まります。GitHubやCodepenなどのサイトには、実践的なコードが公開されているため、参考にすることができます。

コミュニティに参加する

JavaScript(ES6)の学習においては、コミュニティに参加することが大切です。オンラインフォーラムやSNS、コミュニティイベントなどがあり、そこでほかの人と交流することで、自分の知識を深めることができます。また、他の人のコードを見て、自分のコーディングスキルを向上させることもできます。

JavaScript(ES6)のメリット

JavaScript(ES6)のメリットは、以下の通りです。

コードが書きやすくなった

ES6からは、テンプレートリテラルやアロー関数などの新しい構文が追加され、コードを簡潔に書けるようになりました。また、letやconstといったブロックスコープの導入により、変数のスコープが明確化され、バグを防ぎやすくなりました。

モジュール化がサポートされた

ES6からはモジュール機能がサポートされ、ファイル単位でのモジュール化が可能になりました。これにより、複雑なアプリケーションでも機能ごとにファイルを分割し、管理することができます。

オブジェクト指向が強化された

ES6からは、クラスという新しいオブジェクト指向の構文が導入され、プログラムの保守性や再利用性が向上しました。また、クラスを継承することにより、より柔軟なオブジェクト指向の実装が可能になりました。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

JavaScript(ES6)のデメリット

JavaScript(ES6)のデメリットは、以下の通りです。

ブラウザ依存性がある

ES6に限らず、JavaScriptはブラウザによって動作が異なるため、ブラウザの種類によっては正しく動作しないことがあります。このため、JavaScriptのコードを書く際には、複数のブラウザでの動作を確認する必要があります。

コールバック関数の多用による可読性の低下

JavaScriptでは、コールバック関数を多用することがありますが、コールバック関数のネストが深くなると可読性が低下してしまいます。また、コールバック関数を使用する場合には、スコープの問題が発生することがあります。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する