インフラとは?意味をわかりやすく解説

インフラとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


インフラとは

インフラとは、システムやアプリケーションを動かすために必要な基盤となる技術や設備のことを指します。

インフラにはサーバーネットワークデータベースなどが含まれます。

たとえば、Webサイトを閲覧するためにはサーバーが必要です。

サーバーはユーザーからのリクエストを受け取り、Webサイトのコンテンツを送信する役割を担います。

また、ネットワークは異なるデバイス同士を接続し、データの送受信を可能にします。

データベースはアプリケーションで扱うデータを管理し、必要な情報を取得するために必要です。

上記のようにインフラは、システムやアプリケーションが正常に動作するために必要不可欠な存在であり、それぞれの要素が連携して機能することでスムーズなデータのやり取りが可能になります。

インフラでできること

インフラでできることは下記の通りです。

サーバーの構築や管理

インフラではサーバーの構築や管理を行うことができます。これにより、システムやアプリケーションの基盤となるサーバーを適切に設定し、常に適切な状態で稼働するように管理できます。

ネットワークの設計や構築

インフラとしてネットワークの設計や構築を行うことで、システムやアプリケーションの基盤となるネットワークを適切に設定し、適切に機能するように管理できます。

セキュリティの設計や管理

インフラではセキュリティの設計や管理を行うことができます。これにより、システムやアプリケーションがセキュリティ上のリスクにさらされることを防止し、情報を適切に管理できます。

インフラの学習・勉強方法

インフラの学習・勉強方法は下記の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

基礎知識を身につける

まずは、インフラに関する基礎知識を身につけることが重要です。インフラとは、システムを構成するための基盤となる技術や設備のことであり、ネットワーク・サーバー・ストレージ・セキュリティなどが含まれます。これらの技術や設備についての基礎知識を学ぶことで、インフラを構成する要素や役割を理解できます。

実践的な知識を身につける

基礎知識を身につけたら、実践的な知識を身につけることが必要です。インフラには、実際にシステムを構築する際に必要な知識が多く含まれます。たとえば、サーバーの設定やネットワークの構成などです。これらの知識を身につけるためには、実際に手を動かしながら学ぶことが重要です。実際にシステムを構築して、トラブルシューティングを行いながら実践的な知識を身につけましょう。

専門書やオンライン講座を利用する

インフラに関する知識を深めるためには、専門書やオンライン講座を利用することも有効です。インフラには、技術的な知識や設計思想、運用管理に関する知識が含まれます。これらの知識を身につけるためには、専門書やオンライン講座を利用することがおすすめです。自分に合った学習方法を見つけて、効率的に学習しましょう。

インフラのメリット

インフラのメリットは下記の通りです。

安定したシステムの維持が可能

インフラの整備によってシステムの障害やトラブルを最小限に抑え、安定したシステムの維持が可能になります。

拡張性が高まる

インフラを整備することで新しい機能やサービスの追加がスムーズに行えるため、ビジネスの拡大や顧客サービスの向上にもつながります。

管理コスト削減が期待できる

インフラの効率化により、システム運用にかかるコストを削減できます。たとえば、自動化やオートスケーリングなどにより、システムの管理や監視にかかる時間を減らすことができます。また、障害やトラブルを未然に防ぐことにより、修復にかかるコストや影響を最小限に抑えられます。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

インフラのデメリット

インフラのデメリットは下記の通りです。

費用コストの高さ

インフラの構築や保守には多額の費用が必要です。特に、大規模なシステムの場合は膨大なコストがかかります。また、インフラを更新する場合も、新しい機器やソフトウェアの導入には高い費用がかかります。
近年ではAWSのように、インフラ環境をネット上で構築できる「クラウド型」により、費用の負担を軽減できる仕組みも整いつつあります。

障害による影響の大きさ

インフラに障害が発生すると、サービス停止やデータの損失など、影響が非常に大きくなる場合があります。特に、金融機関や医療機関など、生命や財産にかかわるサービスにおいては、障害が発生することで深刻な問題が生じる可能性があります。

セキュリティの脆弱性

インフラには多くの機器やソフトウェアが組み込まれており、中には脆弱性が存在するものがあります。そのため、ハッカーや不正アクセス者による攻撃を受けることで、データの漏洩や改ざんが発生する可能性があります。

インフラの例

インフラの例は下記の通りです。

サーバー

インターネット上で情報をやりとりするために必要な、ネットワークに接続されたコンピューターのことを指します。Webサイトを閲覧する際にアクセスするサーバーは、そのサイトをホストしているコンピューターのことです。

データベース

データの集合体であるデータベースは、アプリケーションで使用される情報を管理するために必要です。たとえば、ECサイトの商品情報や顧客情報などがデータベースに保存されていることがあります。

ロードバランサー

大量のアクセスが集中した場合でも、サーバーの負荷を均等に分散させるために使用されるツールです。ロードバランサーを導入することで、Webサイトの応答速度の向上や、システムの冗長化による高い可用性を確保できます。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する