インシデントと障害の違いをわかりやすく解説

インシデントと障害の違いをわかりやすく解説

公開: 更新:

インシデントとは、システムやサービスに何らかの異常が発生したときに使用される用語であり、一時的な性能低下や短期間のサービス停止など予期しない事象全般が含まれます。重要な点として、システムやサービスが「原状復帰」した場合に「インシデント」と呼ばれます。

一方、障害とはシステムの一部が破損したり、システム全体が機能しなくなる深刻な状況を示します。障害の状況下ではシステムの修復が必要となり、サービスの再開には時間とリソースがかかります。




Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

インシデントと障害の主な違い

インシデントと障害の主な違いは、「回復可能性」にあると言えます。インシデントは予期せぬ状況であっても原状復帰しますが、障害はシステムの一部または全体が働かなくなる深刻な問題である為、修復には多大な時間と労力が必要です。

つまり、発生の原因や影響の程度、回復までの時間など異なるため、インシデントと障害は明確に区別されます。

それぞれ適切に対応することで、システムの安定性とサービスの品質維持に繋がるので、インシデントと障害の違いは理解しておきましょう。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する