Windows10の延長サポートが終了、月例更新を適用しWindows11への移行を推奨

Windows10の延長サポートが終了、月例更新を適用しWindows11への移行を推奨

公開: 更新:


【時間がない人向け】記事の3行要約

  • Windows 11とWindows 10の2024年6月セキュリティ更新プログラムが公開
  • Windows 10 version 21H2のEnterprise、Education、IoT Enterprise editionが延長サポート終了
  • Windows 11への移行とクラウドネイティブ管理導入に関する誤解を指摘

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

2024年6月のWindowsセキュリティ更新プログラムが公開

2024年6月11日、MicrosoftはWindows 11とサポート対象のWindows 10全バージョン向けに6月のセキュリティ更新プログラムを公開した。更新プログラムの適用を速やかに行うことが推奨されている。[1]

今回のWindows 11 version 23H2および22H2向けの更新では、5月28日に公開されたKB5037853の改善が含まれている。タスクバーの一時的な不具合やlsass.exeの応答停止問題、ハイバネート復帰の失敗、メモリリークなどが修正された。

更新プログラムの詳細は、Windows 11とWindows 10のアップデート履歴ページに掲載されたリリースノートを参照とのこと。自宅のデバイスへの適用手順はUpdate Windowsの記事に記載がある。月例の品質更新プログラムの種類については、Windows monthly updates explainedを参照してほしい。

Windows 10 version 21H2の延長サポートが2024年6月で終了

2024年6月11日をもって、Windows 10 version 21H2のEnterprise、Education、IoT Enterprise editionが延長サポートを終了した。6月11日に公開された2024年6月のセキュリティ更新プログラムが、このバージョンに対する最後の更新となる。

IT部門で管理されていないビジネスデバイスでは、サポート終了日付近になるとWindows Updateによる機能更新プログラムの自動適用が開始される。セキュリティとエコシステムの健全性に不可欠な月例更新プログラムを継続して受け取るには、Windows 10 version 22H2への移行が必要だ。

Windows 10 Enterprise LTSC 2021とWindows 10 IoT Enterprise LTSC 2021は、2027年1月12日までメインストリームサポートが継続する。サポートタイムラインとライフサイクルの詳細は、Windows 10およびWindows 11のリリース情報ページやライフサイクルFAQMicrosoft Lifecycle Policyの検索ツールを参照とのこと。可能な限りWindows 11への移行を検討することが望ましい。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

trends編集部「K」の一言

今回のWindows Updateでは、Windows 10の特定エディションのサポート終了とともに、Windows 11への移行を後押しする内容となっている。企業におけるWindows 11導入とクラウドネイティブ管理への移行は、並行して取り組むべき重要な課題であり、そこにはいくつかの誤解が存在することをMicrosoftは指摘した。

例えば、Windows 11へのアップグレードとクラウドネイティブ管理の完全移行を同時に行わなければならないという考えは必ずしも正しくない。Windows 11の展開と管理方式の移行は、段階的に進めることが可能だ。アプリケーションの互換性リスクも過度に心配する必要はなく、ほとんどのアプリはWindows 11でも問題なく動作することがわかっている。

一方で、クラウドネイティブへの移行による運用効率化とコスト削減のメリットは大きい。Microsoft Intuneを中心としたクラウドベースのデバイス管理により、セキュリティ対策の自動化や常時最新の状態維持が容易になる。これによってIT部門のワークロードが軽減され、イノベーションや変革の推進に注力できるようになることだろう。

Windows 11とクラウドネイティブ管理は、デジタルトランスフォーメーション時代のエンドユーザーコンピューティング基盤の要と言える。移行にあたってはMicrosoftのガイダンスを参考に、自社の状況に合わせた適切なロードマップを策定することが重要だ。Windows Updateを機に、働き方改革とセキュアなハイブリッドワーク環境の実現に向けた一歩を踏み出してはどうだろうか。

References

  1. ^ Microsoft Learn. 「Windows message center | Microsoft Learn」. https://learn.microsoft.com/en-us/windows/release-health/windows-message-center#3322, (参照 24-06-12).

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する