AWS認定資格とは?意味をわかりやすく解説

AWS認定資格とは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


AWS認定資格とは

AWS認定資格とは、Amazon Web ServicesAWS)が提供する公式の資格認定制度のことを指します。

この資格は、AWSの各種サービスに関する技術的な知識やスキルを有することを証明するもので、ITの専門家に対して非常に高い価値が認められています。

AWS認定資格はひとつではなく、レベル別に、FOUNDATIONAL 専門知識 ASSOCIATE プロフェッショナルの4つに分かれているのが特徴です。レベル別で複数の資格が用意されており合計12種類のAWA認定資格が存在します。

この認定を持つことで、就職活動やキャリアアップにおいて優位な立場を確保することが可能となります。

それだけでなく、チームや組織全体のスキルセットを強化し、AWS環境の効率的な運用や問題解決に役立つことも期待できます。

AWS認定資格の受験料

AWS認定資格の受講料をレベル別にまとめました

  • FOUNDATIONAL:11,000円
  • ASSOCIATE:15,000円
  • プロフェッショナル:30,000円
  • 専門知識:30,000円
引用:AWS認定公式サイト

AWS認定資格の取得難易度と合格率

AWS認定資格の取得難易度はレベルによって異なります。最も難易度が低いのはFOUNDATIONALです。AWSクラウドの基礎的な知識に関する問題なので、初めてAWS認定の取得を目指す方に適しています。基本的には、初級レベルのFOUNDATIONALから始め、そこで得た知識を元に上位の資格へと進むのが一般的です。

合格率については公表されていませんが、準備をしっかりと行えば、必ずしも難関とは言えません。特にAWSは、公式に多くの学習リソースを提供しているため、これらを活用すれば取得は決して不可能なものではないと言えるでしょう。

AWS認定資格を取得するメリット

AWS認定資格を取得するメリットは下記の通りです。


Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

キャリアアップの進展

AWSのスキルは非常に需要が高いため、資格を持つことは雇用の機会を増やし、給与の向上につながる可能性があります。また、現在の職場で昇進や新しいプロジェクトへの参加を促進することもあります。

特に、クラウドテクノロジーの需要が高まる現代においては、AWS認定資格は大きな武器となるでしょう。

知識の幅広さと深さ

AWS認定資格の取得は、クラウドサービスに関する広範な知識を身につけることを意味します。これは、エンジニアとしての視野を広げ、多様な問題に対する解決策を見つける能力を強化します。

また、それぞれのサービスがどのように連携し、全体としてシステムをどう構築するかという深い理解を得ることが可能です。

インフラエンジニアとしてのキャリアアップに役立つ

AWS認定資格を取得することは、インフラエンジニアとしてのキャリアアップに直結します。この資格はあなたがAWSに精通し、そのシステムを使うプロジェクトでの効率的な作業ができることを証明します。

そのため、資格を持つエンジニアは、新たなAWSプロジェクトに優先的に参加できる可能性が高くなるのがメリットです。さらに、AWSの能力を有するエンジニアへの需要は非常に高く、これを証明する認定資格を取得することで給与の増加や職務の向上、さらには新たな雇用機会を得ることも可能になります。

AWS認定資格を取得するための効率的な勉強方法

AWS認定資格を取得するための効率的な勉強方法は下記の通りです。

AWSスキルビルダーを活用する

AWSスキルビルダーはAmazonが提供している、AWS認定の学習を助けるための学習コンテンツです。 600以上のオンデマンドコースと学習プランを無料で提供しており、目標としているAWS認定に合わせて学習できます。

また、個人サブスクリプションに登録することで、中 上級者向けの学習コンテンツや模擬試験を受講できるのも魅力です。これにより、AWS認定試験の準備を効率よく進めることができます。

参考:AWSスキルビルダー
おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

専門書籍を活用する

AWS認定のレベルに合わせた専門書籍を活用することで、受講する認定に必要な知識を効率よく学習できます。たとえば、「AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー」は、名前の通りクラウドプラクティショナーの試験対策教科書となっています。

ほかにもAWS認定の専門書籍は多数存在するので、自分が受講するレベルにあった書籍を活用するのもおすすめの学習方法です。

模擬試験と反復学習

AWS認定資格の学習において模擬試験を反復して行うことは、試験成功に向けた重要なステップです。実際の試験環境と類似した形式で問題を解くことで、試験当日のプレッシャーに対する対策や時間管理の習熟が期待できます。

また、模擬試験を通じて自身の理解度を確認し、間違えた問題からは自分の学習範囲の中での弱点や不足している知識を明らかにすることが可能です。

その結果、特定のトピックや概念に焦点を当てて学習時間を最適化できます。また、反復学習は新しい知識を定着させ、長期記憶に移す助けとなります。

AWS認定資格の取得で目指せる職業

AWS認定資格の取得で目指せる職業は下記の通りです。

クラウドエンジニア

AWS認定資格を取得すると、クラウドエンジニアとして活躍する道が広がります。クラウドエンジニアは、クラウドサービスを活用したシステムの設計、構築、運用を行う職業です。

特にAWSは世界のクラウド市場で最も大きなシェアを占めているため、AWS認定資格を持つクラウドエンジニアは高い需要があります。

データエンジニア

データエンジニアは大量のデータを管理し、それを活用可能な形に加工する仕事です。AWSの各種サービスを利用すれば、大規模なデータの収集や保存、分析が可能です。そのため、AWS認定を取得することは、データエンジニアを目指す上で大きな強みとなります。

ソリューションアーキテクト

ソリューションアーキテクトとは、クライアントの問題を解決するシステムをデザインし、提案する仕事を指します。AWS認定資格であるソリューションアーキテクトを取得することで、幅広いAWSの知識を活かしてさまざまなニーズに対応できるスキルを証明できます。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する