MVCモデルとは?意味をわかりやすく解説

MVCモデルとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


MVCモデルとは

プログラミングに関係する専門用語「MVCモデル」とは、アプリケーションを3つの部分に分割し、それぞれ役割を持たせる設計手法です。

MはModel(モデル)、VはView(ビュー)、CはController(コントローラ)を表し、それぞれが独立しているため、変更や修正が容易になります。

モデルはデータの管理、ビューはユーザーインターフェイスの表示、コントローラはユーザーの操作に対する処理を担当します。

MVCモデルを採用することで、効率的な開発や保守性の高いシステムの構築が可能になります。

MVCモデルでできること

MVCモデルでできることは、以下の通りです。

ビジネスロジックとUIの分離

MVCモデルでは、アプリケーションの中核となるビジネスロジックとUIを分離できます。これにより、コードの再利用性やメンテナンス性が向上し、開発効率の向上につながります。

拡張性の高い設計

MVCモデルでは各要素が疎結合に設計されているため、新しい機能を追加する際にもコードの変更が最小限で済みます。これにより、アプリケーションの拡張性が向上します。

テスト容易性の向上

MVCモデルでは、ビジネスロジックとUIが分離されているため、ユニットテストや機能テストの実施が容易になります。これにより、品質の高いアプリケーションの開発が可能となります。

MVCモデルの学習・勉強方法

MVCモデルの学習・勉強方法は、以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

基礎知識を学ぶ

MVCモデルの学習を始める前に、基礎知識を学ぶことが重要です。MVCモデルが何であるか、どのような役割を持っていてどのように動作するのかを理解する必要があります。

フレームワークを利用する

MVCモデルを利用するためのフレームワークを学ぶことで、MVCモデルの理解がより深まります。代表的なフレームワークとしては、Ruby on RailsDjangoなどがあります。これらのフレームワークを利用することで、MVCモデルを実際に用いた開発が行えます。

実際のプロジェクトに取り組む

MVCモデルを学ぶには、実際のプロジェクトに取り組むことが必要です。MVCモデルを用いて、シンプルなWebアプリケーションを作成してみるなど、実践的な取り組みが大切です。

MVCモデルのメリット

MVCモデルのメリットは、以下の通りです。

保守性の向上

MVCモデルでは、ビジネスロジックとビューを分離することができます。つまり、表示部分と処理部分を切り離すことで、コードの保守性が向上します。ビジネスロジックの変更があった場合でも、ビューの変更が必要ないため、効率的に変更作業を進めることができます。

再利用性の向上

MVCモデルでは、コントローラーとビジネスロジックを分離することができます。つまり、ビジネスロジックが変更されても、コントローラーは変更されないため、再利用性が向上します。また、同じビジネスロジックを複数のビューで使用することも可能となります。

拡張性の向上

MVCモデルでは、ビュー、ビジネスロジック、コントローラーの各部分を独立して拡張できます。つまり、ある部分だけを拡張したい場合でも全体を再構築する必要がなく、必要な部分だけを拡張できます。これにより、システムの拡張が容易になります。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

MVCモデルのデメリット

MVCモデルのデメリットは、以下の通りです。

複雑性が高い

MVCモデルは、Model、View、Controllerという3つの役割を分離することにより、コードの再利用性を高めたり、保守性を向上させたりするメリットがあります。しかし、その分コードの複雑性が高くなったり、初学者からするとMVCモデルの理解が難し区感じたりする場合があります。

ファイル数が多くなる

MVCモデルでは、それぞれの役割を担うクラスを分けることが基本となります。そのため、同じ機能を持つコードでも、それぞれのクラスで分けて実装する必要があります。その結果、ファイル数が増えてしまい、プロジェクトの管理が煩雑になることがあります。

開発期間が長くなる

MVCモデルは、設計がしっかりとされていないと開発期間が長くなる可能性があります。Model、View、Controllerの役割を明確に定義することが重要であり、特に大規模なプロジェクトにおいては、設計段階でのコストが高くつくことがあります。

MVCモデルの例

MVCモデルの例は、以下の通りです。

オンラインショップのカート機能

オンラインショップのカート機能は、MVCモデルの典型的な例です。ユーザーがカートに商品を追加すると、ビューがカートの状態を表示し、コントローラがカートの変更をモデルに反映します。そして、モデルが変更をデータベースに保存し、変更後の状態をビューに再表示します。

スマートフォンのアプリ開発

スマートフォンのアプリ開発でも、MVCモデルがよく使われます。ビューは画面表示に関する部分を担当し、コントローラはユーザーからの入力を受け取り、その内容をモデルに伝えます。モデルはアプリケーションの状態を管理し、変更があった場合はビューに通知します。

Webアプリケーションの開発

Webアプリケーションの開発でも、MVCモデルが広く使われています。ビューはHTMLなどのテンプレートファイルを出力し、コントローラはHTTPリクエストを処理して、適切なアクションを呼び出します。モデルはアプリケーションのデータを管理し、ビューに渡すデータを用意します。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する