インタプリタ型言語とは?意味をわかりやすく解説

インタプリタ型言語とは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


インタプリタ型言語とは

プログラミングに関係する専門用語であるインタプリタ型言語とは、実行する際にコンピューターがソースコードを一度全て読み込むのではなく、一行ずつ解釈して直接実行するプログラミング言語のことを指します。

この方法によって開発者は、ソース・プログラムを記述したらすぐに実行してシステムの動きを確認できます。

インタプリタ型言語でできること

インタプリタ型言語でできることは、以下の通りです。

即座に実行できる

インタプリタ型言語はコンパイラ型言語とは異なり、ソースコードをコンパイルすることなく、実行時に逐次解釈されます。そのため、ソースコードを修正してすぐに実行結果を確認できます。

クロスプラットフォームで利用できる

インタプリタ型言語はプログラムのコンパイルを必要とせず、実行するためのランタイム環境があればどのようなプラットフォームでも利用できます。そのため、Windows、Mac、Linuxなどの異なるオペレーティングシステムで同じコードを使用でき、プログラムの開発とデプロイメントが容易になります。

簡単にデバッグできる

インタプリタ型言語はコンパイルエラーに遭遇することが少なく、コードの実行中にエラーが発生した場合でも容易に特定できます。そのため、開発者はコードのデバッグにかかる時間を大幅に短縮できるのが魅力です。また、インタプリタ型言語には多くのデバッグツールが用意されており、プログラムの実行中に変数の値や処理の流れを確認できます。

インタプリタ型言語の学習・勉強方法

インタプリタ型言語の学習・勉強方法は以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

基本文法の理解

まずは基本的な文法を理解することが重要です。変数の使い方や条件分岐、繰り返し処理など、プログラムを書くための基礎的な文法を学びましょう。

サンプルコードの実行

実際にインタプリタ型言語を使って、サンプルコードを実行してみることも大切です。自分で書いたコードを実行することで、プログラムがどのように動作するのかを確認できます。また、エラーが発生した場合には、そのエラーの原因を調べて修正することができます。

問題集の解答

学習した文法を使って問題集に取り組むことで理解度を確認しましょう。問題集はインターネット上に多数存在しています。また、プログラミング教育に特化したオンライン学習プラットフォームを利用することで、効率的に学習することも可能です。

インタプリタ型言語のメリット

インタプリタ型言語のメリットは以下の通りです。

デバッグが容易

インタプリタ型言語は、プログラムを実行する際に逐次翻訳しながらコードを実行します。そのため、バグの原因を特定するのが比較的容易です。また、コンパイルエラーも出にくく、エラーがあった場合も迅速に特定できます。

柔軟性が高い

インタプリタ型言語は実行時にコードを解釈するため、コードの変更が容易です。たとえば、変数の型宣言を必要としないため、変数の値を容易に変更することができます。また、動的にメモリの割り当てを行うことができるため、プログラムの拡張性に優れています。
ただし、変更の容易さによってもたらされる柔軟性は、一部のケースで実行時のエラーやバグを引き起こす可能性もあるため注意が必要です。

VB.NETのデメリット

インタプリタ型言語のデメリットは、以下の通りです。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

実行速度が遅い

インタプリタ型言語は、プログラムを実行する際に毎回コードを解釈しなければならないため、実行速度が遅くなります。これは、コンパイラ型言語と比較してコンピュータの処理速度が遅い場合に特に顕著です。

インタプリタ型言語の例

インタプリタ型言語の例は以下の通りです。

Python

Pythonはインタプリタ型言語のひとつで、シンプルな文法と豊富なライブラリが特徴です。オブジェクト指向言語であり、データ解析やWeb開発、機械学習分野で広く使われています。

Ruby

Rubyは日本人の松本行弘氏によって開発されたインタプリタ型言語です。シンプルな文法と高い可読性が特徴で、Web開発やテスト自動化などに広く使われています。

Perl

Perlはテキスト処理やシステム管理などに広く使用される汎用スクリプト言語です。コマンドラインインタプリタやスクリプトファイルとして使用され、インタプリタ型の言語として動作します。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する