pyenvとvirtualenvの違いをわかりやすく解説

pyenvとvirtualenvの違いをわかりやすく解説

公開: 更新:


pyenvとvirtualenvの主な違い

pyenvは主にPythonバージョン管理に特化しているのに対し、virtualenvは特定のプロジェクトやパッケージの依存関係を分離することを目的としています。

pyenvを使用することによって、システム全体で複数のPythonバージョンを切り替えて使用できるため、古いバージョンのPythonを必要とするプロジェクトと新しいバージョンを使用するプロジェクトを同じシステム上で管理できます。

一方、virtualenvは個々のプロジェクトごとに独立したPython環境を作成するので、プロジェクト固有のパッケージやライブラリのバージョンを他のプロジェクトと干渉することなく管理できます。

したがって、pyenvはシステム全体のPythonバージョン管理に適しており、virtualenvは個々のプロジェクトの依存関係の分離に適していると言えるでしょう。

プロジェクトの要件に応じて、pyenvとvirtualenvを適切に使い分けることがPythonの開発環境を効率的に管理する上で重要です。

pyenvとvirtualenvの主な違いを解説したところで、以下2点の違いについても簡単に解説していきます。

  • pyenvとvirtualenvのインストール方法の違い
  • pyenvとvirtualenvの使用方法の違い

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

pyenvとvirtualenvのインストール方法の違い

pyenvのインストールは一般的にGitHubからソースコードをクローンし、シェルの設定ファイルにパスを追加することで行います。具体的には、bashrcやzshrcなどのファイルにpyenvのパスを記述します。

一方、virtualenvはpipを使用してインストールすることができ、pip install virtualenvを実行することで、virtualenvがシステムにインストールされます。

pyenvのインストールにはGitとシェルの設定が必要となりますが、virtualenvはpipさえあれば簡単にインストールできるという違いがあります。

また、pyenvはシステムのPythonバージョンを変更するため、インストールにはシステム全体への影響を考慮する必要がありますが、virtualenvはプロジェクトごとの独立した環境を作成するため、システムへの影響は最小限に抑えられます。

したがって、インストールの簡易性とシステムへの影響の度合いという点で、pyenvとvirtualenv毎にインストール方法の違いがあるといえます。

pyenvとvirtualenvの使用方法の違い

pyenvを使用する際はpyenv installコマンドを使ってPythonの特定のバージョンをインストールし、pyenv globalpyenv localコマンドを使ってシステム全体またはプロジェクトごとにPythonのバージョンを切り替えます。

一方、virtualenvを使用する際はvirtualenvコマンドを使って新しい仮想環境を作成し、その環境をアクティベートすることでプロジェクト固有のPython環境を使用できるようになります。仮想環境内ではpipコマンドを使用してパッケージをインストールし、プロジェクトの依存関係を管理します。

pyenvはPythonのバージョンを切り替えるためのコマンドを提供しているのに対し、virtualenvは仮想環境の作成とアクティベーションのためのコマンドを提供しているという違いがあります。

また、pyenvで切り替えたPythonバージョンはシステム全体または特定のプロジェクトに影響を与えますが、virtualenvで作成した仮想環境はプロジェクトの中でのみ有効であり、他のプロジェクトには影響を与えません。

したがって、pyenvとvirtualenvはPythonのバージョン管理と仮想環境の管理というそれぞれ異なる目的で使用され、コマンドや影響範囲にも違いがあるといえます。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

venv・virtualenvの違いについて

venvとvirtualenvはどちらもPythonの仮想環境を作成するためのツールですが、いくつかの違いがあります。

venvはPython3.3以降に標準ライブラリとして組み込まれた仮想環境作成ツールで、virtualenvはPython2とPython3の両方をサポートする外部ライブラリとして提供されています。

venvは仮想環境を作成する際にPythonのバージョンを指定できず、仮想環境は常にvenvを実行したPythonインタープリターと同じバージョンになります。

これに対して、virtualenvでは仮想環境を作成する際に使用するPythonのバージョンを指定することが可能です。

また、virtualenvには仮想環境内にシステムサイトパッケージを含めるオプションや環境変数を設定するオプションなど、より多くの機能が提供されています。

venvはシンプルで軽量な仮想環境を素早く作成することを目的としているのに対し、virtualenvはより柔軟で機能豊富な仮想環境の作成を可能にしています。

ただし、Python3.3以降では標準ライブラリとしてvenvが提供されているため、特別な理由がない限りはvenvを使用することが推奨されています。virtualenvは、Python2のサポートが必要な場合や、より高度な設定が必要な場合に使用すると良いでしょう。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する