コードレス開発とは?意味をわかりやすく解説

コードレス開発とは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


コードレス開発とは

コードレス開発とはプログラミングに必要なコードを手動で入力するのではなく、プログラムの設計や開発を支援するツールやフレームワークを活用し、手動でのコーディングを最小限に抑えた開発手法のことを指します。

コードレス開発でできること

コードレス開発でできることは下記の通りです。

アプリケーションの開発

コードレス開発を使用することで、プログラミング言語の知識がなくても簡単にアプリケーションを開発できます。

Webサイトの作成

コードレス開発を使用することで、HTMLCSSJavaScriptなどのコーディング知識がなくてもWebサイトを作成できます。

3. ビジネスアプリケーションの作成

コードレス開発を使用することで、ビジネスアプリケーションの作成が簡単にできます。たとえば、在庫管理や請求書の作成などのビジネスプロセスを自動化できます。

コードレス開発の学習・勉強方法

コードレス開発の学習・勉強方法は下記の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

プログラミングの基礎を理解する

コードレス開発に取り組む前に、プログラミングの基礎を理解することが大切です。プログラミング言語やアルゴリズム、データ構造などの基礎的な知識が必要となります。

コードレス開発ツールの使い方を学ぶ

コードレス開発には専用のツールを使用します。それらのツールを使いこなすことが、コードレス開発を行うための第一歩です。ツールの使い方や機能について、マニュアルやオンラインコンテンツなどを参考に学びましょう。

実践的なプロジェクトに取り組む

理論を学んだ上で実際にコードレス開発を行うことが学習の大きなポイントです。簡単なプロジェクトから始め、少しずつ難易度を上げていくことで実践的なスキルを身につけることができます。

コードレス開発のメリット

コードレス開発のメリットは下記の通りです。

コードを書かなくても開発できる

コードレス開発ではプログラミング言語を学ぶ必要がありません。そのため、プログラミングに詳しくない人でも簡単に開発を行うことができます。

開発時間を短縮化できる

コードレス開発では、既に用意されているコンポーネントを組み合わせるだけでアプリケーションを開発できます。そのため、開発時間を大幅に短縮できます。

ビジネスのアイデアを素早く形にできる

ビジネスアイデアを形にするためには、アイデアを具現化するプロトタイプを作成する必要があります。コードレス開発ではプロトタイプを素早く作成できるため、ビジネスのアイデアをすばやく形にできます。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

コードレス開発のデメリット

コードレス開発のデメリットは下記の通りです。

柔軟性が低い

コードレス開発は既存のテンプレートを利用してアプリを開発する方法です。そのため、柔軟性が低くカスタマイズが制限されます。

機能が制限されている

コードレス開発は提供される機能に制限があるため、必要な機能が提供されていない場合があります。その場合、理想の開発ができないことがあります。ただし、コードレス開発のプラットフォームによっては柔軟性やカスタマイズ性が高く、必要な機能を追加できる場合もあります。

コードレス開発の例

コードレス開発の例は下記の通りです。

Bubble

BubbleはWebアプリケーションをコードレスで開発できるプラットフォームです。ビジュアルエディタを使ってデータモデルやUIを設計し、ワークフローやAPIなどを自動生成できます。

Zapier(ザピアー)

Zapierは、異なるWebアプリケーションの間でデータを転送するための自動化ツールです。ビジュアルエディタを使って、転送するデータのフィールドやルールを設定することができます。

Microsoft Power Apps

Microsoft Power Appsは、ビジネスアプリケーションをコードレスで開発できるプラットフォームです。ビジュアルエディタを使って、データモデルやUIを設計し、ワークフローやAPIなどを自動生成することができます。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する