開発手法とは?意味をわかりやすく解説

開発手法とは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


開発手法とは

プログラミングに関係する専門用語である開発手法とは、ソフトウェア開発において利用される一連の作業手順やルールのことを指します。

開発手法はプロジェクトの規模や性質、チームの人数や能力、開発期間などに応じて適切なものを選択することが重要です。

代表的な開発手法には、ウォーターフォールアジャイルスクラム、XPなどがあります。

それぞれに特徴やメリット・デメリットがあり、開発にあたっては適切な選択と適用が求められます。

開発手法でできること

開発手法でできることは以下の通りです。

効率的なプロジェクト管理

開発手法を用いることで、プロジェクトの進行状況を明確に把握してリソースを効率的に割り当てることができます。これにより、プロジェクトの遅延やコストオーバーランを防ぐことができます。

イノベーションの促進

アジャイル開発のように時代に合った開発手法が登場することで、製品やサービスの革新を促進することにつながります。

コミュニケーションの改善

開発手法を用いることで、プロジェクトチーム内のコミュニケーションを改善して情報の共有を効率化できます。これにより、誤解や情報の欠落を防止できるのが特徴です。

以上が、開発手法でできることの一例です。開発手法を選択する際には、プロジェクトの目的や要件に合わせて適切な手法を選択することが重要です。

開発手法の学習・勉強方法

開発手法の学習・勉強方法は以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

開発手法の種類を把握する

まずは、開発手法の種類を理解することが重要です。ウォーターフォールモデルやアジャイル開発など、さまざまな開発手法が存在します。それぞれの手法がどのような状況や目的に適しているのかを理解することから始めましょう。

書籍や参考書を読む

各開発手法の理論や実践的な方法、事例などが学べる書籍やオンライン教材を利用することがおすすめです。たとえば、アジャイル開発について学ぶ場合は「みんなでアジャイル 変化に対応できる顧客中心組織のつくりかた」という専門書籍などが存在します。

2. 実践的なプロジェクトに参加する

実際に開発手法を使ってプロジェクトに取り組むことで、理論だけでは身につかない実践的なスキルを習得できます。なかには、オープンソースのプロジェクトに参加することもできるため、基礎を学んだあとは実践を通して実用性のあるスキルを身につけましょう。

開発手法のメリット

開発手法を利用するメリットについて、開発手法別に紹介します。

アジャイル開発のメリット

アジャイル開発は、開発プロセスを反復的なサイクルに分割し、短期間でリリース可能な製品を開発する手法です。この手法のメリットは、開発チームと顧客の双方がプロセスに参加してプロジェクトの変更に迅速に対応できることです。また、顧客と開発者がコミュニケーションを取ることで、顧客ニーズに合った製品をより早く開発できるようになります。

ウォーターフォール開発のメリット

ウォーターフォール開発は、開発プロセスを一方向に進めていく手法で、一度進んだ段階に戻ることはできません。この手法のメリットは、進行状況が見えやすくて品質を確保しやすいことです。また、ドキュメントによる詳細な計画が必要であるため、プロジェクトの全体像を正確に把握できます。

スクラム開発のメリット

スクラム開発はアジャイル開発の中でも特に人気の高い手法のひとつで、開発プロセスをスプリントと呼ばれる短期間のイテレーションに分割して進めます。この手法のメリットは、開発チームの自己組織化によって開発者が自ら問題を解決し、製品の品質を向上させることができることです。また、スプリントの終了時に顧客とのデモを行うことで、顧客ニーズを満たす製品を開発することができます。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

開発手法のデメリット

開発手法別ののデメリットは以下の通りです。

ウォーターフォールモデルのデメリット

ウォーターフォールモデルでは、一度に一つの工程を完了させなければなりません。そのため、途中で設計に誤りがあった場合には、後の工程にその誤りが波及してしまいます。また、完成品ができあがるまで顧客に成果物を見せることができないため、顧客の要求とシステムにズレが生じる可能性があります。

アジャイル開発のデメリット

アジャイル開発では変更が頻繁にあるため、開発期間が予測しにくくなるのがデメリットです。また、チームメンバーが十分な能力を持っていない場合、開発が進まず成果物の品質にも影響が出る可能性があります。

スパイラルモデルのデメリット

スパイラルモデルでは、各フェーズでプロトタイプを作成してリスクを評価しながら開発を進めます。そのため、プロトタイプを作成する際のコストが高くなることがデメリットです。また、各フェーズで多くの時間が必要となるため、開発期間が長くなり費用もかかることがあります。

開発手法の例

開発手法の例は以下の通りです。

アジャイル開発

アジャイル開発とはソフトウェア開発における手法のひとつで、継続的な改善と迅速な反応を重視します。

ウォーターフォールモデル

ウォーターフォールモデルはソフトウェア開発における古典的な手法で、要件定義からテストまでの各段階をひとつずつ順番に進めていく開発手法です。

プロトタイピング

プロトタイピングは、ソフトウェア開発において試作品を作成し、その試作品を利用して顧客の要求事項を明確化する手法です。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する