ウォーターフォールとは?意味をわかりやすく解説

ウォーターフォールとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


ウォーターフォールとは

ウォーターフォールとはソフトウェア開発プロセスのひとつです。

プロジェクトの進行をフェーズ分けして、前のフェーズが完了するまで次のフェーズに進まない線形的な開発手法を指します。

つまり、次の段階に進む前に前段階が完全に終了するまで戻ることができず、進められないという特徴があります。

ウォーターフォールでできること

ウォーターフォールでできることは下記の通りです。

進捗管理がしやすい

ウォーターフォールモデルは、最初に全体の設計を行い、その後に一つ一つのプロセスを進めていくため、プロジェクトの全体像が明確になります。また、各フェーズの納期が決まっており、進捗管理がしやすいという利点もあります。

大規模なプロジェクトに向いている

ウォーターフォールモデルはプロジェクトの全体像が明確になっており、その全体像に基づいて順番にフェーズが進んでいきます。そのため、多数の開発者が関わるプロジェクトでも進捗の把握や課題の管理が比較的容易になるのが特徴です。

開発プロセスの改善がしやすい

ウォーターフォールは段階的に開発を進めるため、問題点を発見しやすく原因特定がしやすいという利点があります。ただし、開発の段階が一度進むと戻ることができないため、問題点の発見が遅れた場合や要件変更があった場合など、修正が難しい場合があります。

ウォーターフォールの学習・勉強方法

ウォーターフォールの学習・勉強方法は下記の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

ウォーターフォールモデルの理解

ウォーターフォールモデルは、ソフトウェア開発プロセスのひとつであり、フェーズを順次実行していくモデルです。このモデルを理解することが、ウォーターフォールの学習・勉強の基本です。

フェーズごとの学習

ウォーターフォールモデルには、要件定義・設計・開発・テスト・運用/保守の5つフェーズがあります。各フェーズごとに必要なスキルや知識を学び、実践的な演習を行うことが重要です。

プロジェクトマネジメントの学習

ウォーターフォールモデルは、プロジェクトマネジメントにも関係しています。プロジェクトマネジメントの基礎的な知識を身につけ、チームやスケジュールの管理方法を学ぶことも、ウォーターフォールの学習・勉強には必要です。

ウォーターフォールのメリット

ウォーターフォールのメリットは下記の通りです。

進捗管理が容易になる

ウォーターフォールモデルを利用することで、プロジェクトの進捗状況が明確になります。各フェーズが完了したかどうかを確認できるため、進捗管理が容易になります。これによりプロジェクトの進行状況を把握しやすく、スケジュール通りに進めることができます。

ドキュメンテーションが充実する

ウォーターフォールモデルでは、各フェーズごとにドキュメンテーションが重視されることが一般的です。要件定義や設計の段階で必要なドキュメントが作成され、後から修正することが容易になります。これにより、開発過程での不具合やミスを予防できます。
ただし、ドキュメンテーションに過剰に注力すると、プロジェクトの進捗が遅れたり無駄なコストがかかることもあります。

3プロジェクト管理がしやすくなる

ウォーターフォールモデルでは各フェーズが明確に定義されているため、プロジェクトの管理がしやすくなります。どのフェーズでどの作業を行うかが明確なので、開発者やマネージャーが目標を共有しやすくなります。また、各フェーズが完了する前に次のフェーズに進めないため、品質管理がしやすくなるというメリットもあります。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

ウォーターフォールのデメリット

ウォーターフォールのデメリットは下記の通りです。

進捗が見えにくい

ウォーターフォールモデルは各フェーズが順次進行するため、前のフェーズが完了しないと次のフェーズに進めないという制約があります。そのため、プロジェクト全体の進捗を一度に確認できず、各フェーズが終了するまで進捗を把握できないというデメリットがあります。

要求仕様の変更に弱い

ウォーターフォールモデルは各フェーズが順番に進行するため、前のフェーズに戻って修正することが難しく、要求仕様の変更に弱いというデメリットがあります。

リスク管理が困難

ウォーターフォールモデルは、各フェーズの作業が完了してから次のフェーズに進むため、リスク管理が困難であるというデメリットがあります。プロジェクト全体のリスクを把握することができず、リスクに対応できない可能性があります。

ウォーターフォールの例

ウォーターフォールの例は下記の通りです。

ソフトウェア開発

ソフトウェア開発においては、ウォーターフォールモデルは最も基本的な開発モデルのひとつです。要件定義・設計・実装・テスト・リリースという5つのフェーズに分かれており、各フェーズが完了すると次のフェーズに進みます。

建築プロジェクト

建築プロジェクトにおいては、ウォーターフォールモデルが利用されることがあります。建築プロジェクトでは、設計・施工・竣工の3フェーズに分かれており、各フェーズが完了すると次のフェーズに進みます。

製造プロセス

製造プロセスにおいては、ウォーターフォールモデルが利用されることがあります。製造プロセスでは、材料調達・設計・製造・組み立て・検査・出荷という6つのフェーズに分かれており、各フェーズが完了すると次のフェーズに進みます。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する