スクラムとは?意味をわかりやすく解説

スクラムとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


スクラムとは

スクラムとはアジャイル開発のフレームワークのひとつで、開発チームが自己組織化して一定期間(スプリント)内に成果物を提供するためのプロセスです。

チームメンバーは毎日同じ時間、場所で短時間のミーティングを行い、進捗状況や課題を共有してスプリントの目標達成に向けて協力して取り組みます。

スクラムを実施することでチームメンバーの意思疎通がスムーズになり、開発プロセスの効率化と品質向上が期待できます。

スクラムでできること

スクラムでできることは下記の通りです。

透明性の確保

スクラムでは、プロジェクトの進捗状況や課題が透明になるように定期的なミーティングを行います。このため、開発者は常にプロジェクトの全体像を把握し、改善点を見つけることができます。

開発効率の向上

スクラムでは開発者が自己組織化されたチームを形成し、自分たちでタスクの分割やスケジュールの調整を行います。このため、より効率的な開発が可能となります。

ユーザー満足度の向上

スクラムではプロダクトオーナーが顧客の要望を集め、優先順位を決定します。開発者はその要望に基づいて開発を進めることができるため、より高いユーザー満足度を実現できます。

スクラムの学習・勉強方法

スクラムの学習・勉強方法は下記の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

スクラムの基礎を理解する

スクラムを学ぶ上で、まずは基礎的な概念を理解することが重要です。スクラムの理論やアジャイル開発の考え方、役割やイベント、アーティファクトなどスクラムに関する基本的な知識を身につけましょう。

実践的な経験を積む

スクラムは実践的なフレームワークです。理論だけでなく実践的な経験を積むことで、より深い理解が得られます。実際にスクラムチームに参加し、スクラムマスターやプロダクトオーナーとしての経験を積むことがおすすめです。

継続的に学び続ける

スクラムは常に進化し続けるフレームワークです。最新の情報や知見を学び続け、自己啓発を継続的に行うことが大切です。コミュニティ活動や書籍・ブログの読書・研修やセミナーなどさまざまな手段を活用して学び続けましょう。

スクラムのメリット

スクラムのメリットは下記の通りです。

チームワークの向上

スクラムは、複数のチームで1つのプロジェクトに取り組む場合に最適なフレームワークです。スクラムのメソッドを使うことで各チームメンバーの役割と責任が明確になり、チーム全体の目標達成に向けた取り組みが促進されます。

透明性の向上

スクラムでは、各スプリント(開発期間)で完了すべきタスクや進捗状況を明確にし、透明性を高めることが重要視されています。これにより、プロジェクトの状況が常に把握できるため、問題が発生した場合にはすばやく対処できます。

顧客満足度の向上

スクラムは顧客中心のアジャイル開発手法であり、顧客ニーズに応えることが最優先されます。プロジェクトの進捗状況を定期的にレビューし、顧客の要望を常に反映させることで、開発したプロダクトが顧客にとって本当に必要なものであるかを確認し、顧客満足度を高めることができます。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

スクラムのデメリット

スクラムのデメリットは下記の通りです。

非効率的な会議時間

スクラムには、毎日のスタンドアップミーティングやスプリントレビュー、スプリントレトロスペクティブなどの会議が含まれます。これらの会議は継続的なコミュニケーションや認識合わせのために必要ですが、時間がかかりすぎる可能性があります。

役割や責任の混乱

スクラムには、プロダクトオーナー・スクラムマスター・開発チームと3つの役割があります。これらの役割や責任が明確でない場合、チーム内で混乱が生じる可能性があります。特にスクラムマスターの役割が誤解されがちであるため、スクラムマスターがうまく機能しないことがあります。
そのため、スクラムマスターの役割と責任を明確にすることが重要です。

スクラムの例

スクラムの例は下記の通りです。

スプリント

スクラムにおいて、一定期間内に行う開発作業のことをスプリントと呼びます。たとえば、2週間のスプリントを設定し、その期間中にアプリケーションの機能追加などの作業を行います。

バーンダウンチャート

スクラムにおけるバーンダウンチャートは、スプリント期間中に完了すべきタスクの残り作業量を日々記録し、グラフに表現したものです。横軸には時間、縦軸には作業量が表示され、日々の進捗状況が視覚的に把握できます。

バックログ

バックログとは、プロダクトの機能や要件、改善点などをリスト化したものです。バックログはプロダクトの進捗状況を把握するための重要なツールであり、プロダクトオーナーや開発チームの意思決定の基盤となります。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する