ビジュアルプログラミングとは?意味をわかりやすく解説

ビジュアルプログラミングとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


ビジュアルプログラミングとは

ビジュアルプログラミングとは、文字コードを用いずにビジュアルなブロックやアイコンをつなぎ合わせてプログラムを作成する方法です。

文字コードを覚える必要がなく、直感的な操作でプログラムを作成できるので初心者でも理解しやすく、プログラミングの入門方法としても広く用いられています。

ビジュアルプログラミングでできること

ビジュアルプログラミングでできることは下記の通りです。

アプリケーションを開発できる

ビジュアルプログラミングを利用することで、プログラミング言語に詳しくなくても簡単にアプリケーションを開発できます。ビジュアル的な操作でコードを作成できるため、初心者でも理解しやすいというメリットがあります。

簡単にロボット制御できる

ビジュアルプログラミングを用いることで、簡単にロボットの動きを制御することができます。ビジュアルプログラミングで制御することでロボットのプログラムが可視化され、開発者はロボットの動作を容易に確認できます。

データを可視化できる

ビジュアルプログラミングを用いることでデータを可視化できます。ビジュアル的にデータを表現することで、膨大な量の情報をわかりやすく表現することができるため、分析や報告書作成に役立ちます。

ビジュアルプログラミングの学習・勉強方法

ビジュアルプログラミングの学習・勉強方法は下記の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

1. プログラミングの基本的な概念を理解する

ビジュアルプログラミングを学ぶ前に、プログラミングの基本的な概念を理解する必要があります。制御構造変数関数など、プログラミングの基礎をしっかりと学びましょう。

2. ビジュアルプログラミング言語を学ぶ

ビジュアルプログラミング言語は、テキストでコードを書く必要がないので初心者でも簡単に理解できます。ScratchやBlocklyなどのビジュアルプログラミング言語を使って、基本的なプログラミングの概念を学びましょう。

3. プログラミングに取り組む習慣をつける

ビジュアルプログラミングを学ぶためには、プログラミングに取り組む習慣をつけることが重要です。毎日少しずつでもプログラミングに取り組んで、徐々にスキルを磨いていきましょう。

ビジュアルプログラミングのメリット

ビジュアルプログラミングのメリットは下記の通りです。

1. 直感的な操作が可能

ビジュアルプログラミングはテキストでコードを記述する従来の方法とは異なり、グラフィカルな要素を使ってプログラムを構築します。直感的に操作が可能であり、初心者でも簡単に理解できるのがメリットです。

2. エラーを簡単に発見できる

テキストでコードを書く場合、スペルミスや文法エラーなどの細かいミスが起きることがあります。しかし、ビジュアルプログラミングではブロック同士を接続することでプログラムを構築するため、エラーが発生するとその場所が視覚的にわかりやすくなります。

3. プログラムの再利用性が高まる

ビジュアルプログラミングでは、同じ機能を持つブロックを簡単に再利用できます。これにより、効率的にプログラムを作成することができるだけでなく、メンテナンス性も向上します。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

ビジュアルプログラミングのデメリット

ビジュアルプログラミングのデメリットは下記の通りです。

1. 制御の複雑化

ビジュアルプログラミングでロボットの動きを制御する場合、従来のテキストを使ったプログラムに比べて複雑になりやすいのがデメリットです。指制御が複雑化すると処理の流れを理解しにくくなるため、デバッグが難しくなります。

2. カスタマイズの制限

ビジュアルプログラミングの場合、用意されたブロックやオブジェクトを組み合わせることでプログラムを構成します。そのため、開発者が自由にカスタマイズすることが制限される場合があります。

3. 可読性の低下

ビジュアルプログラミングは、ブロックやオブジェクトを繋ぎ合わせることでプログラムを構成します。そのため、プログラムが複雑になると可読性が低下することがあります。

ビジュアルプログラミングの例

ビジュアルプログラミングの例は下記の通りです。

1. スクラッチ

スクラッチは、ブロックを組み合わせることで簡単にプログラミングができるビジュアルプログラミング言語です。

2. Blockly

Blocklyは、ブロックをドラッグ&ドロップすることでプログラミングができる、オープンソースのビジュアルプログラミングエディタです。

3. App Inventor

App Inventorは、スマートフォン用のアプリケーションをビジュアルプログラミングで作成することができるツールです。

これらのビジュアルプログラミングツールを使用することで、初心者でも簡単にプログラミングを学ぶことができます。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する