日本のDXが遅れている原因は?米国との比較結果やDXの推進方法を解説

日本のDXが遅れている原因は?米国との比較結果やDXの推進方法を解説

公開: 更新:


日本のDX推進が遅れている原因

日本のDX推進が遅れている原因は下記の通りです。

  • 経営者層の理解不足
  • システムの古さと更新の遅れ
  • IT人材の不足

各内容について詳しく解説します。

経営者層の理解不足

日本企業のDXが遅れている原因のひとつが、経営層のデジタル化に対する理解不足にあると考えられます。経営者がデジタル技術の導入を重要視していないことや導入に消極的であるため、企業全体のデジタル化が遅れることがあります。

システムの古さと更新の遅れ

多くの日本企業では長年使用されてきた旧来のITシステム(レガシーシステム)が、DXの大きな障害となっています。これらのシステムは更新が困難なことも多く、新しいデジタル技術との互換性が低いため技術革新が遅れがちです。

たとえば、レガシーシステムではクラウド技術やビッグデータ解析など、最新のデジタル技術を取り入れることが困難です。その結果、業務プロセスの効率化や顧客サービスの改善など、デジタル化によって期待されるメリットを享受することが難しくなります。

また、古いシステムを使い続けることで業務工程を最適化できず、更新業務の効率化が進められない点も原因のひとつです。

IT人材の不足

日本はデジタル化を推進するためのIT人材が不足しています。特にクラウドコンピューティングやAI、データサイエンスなどの新しい技術分野における専門家が足りない状況です。

企業はDX推進に必要なIT人材を確保することが困難になり、DXの進行が遅れることがあります。

日本のDXが遅い原因を米国と比較

一般社団法人 電子情報技術産業協会が公開した「JEITA、日米企業の DX に関する調査結果を発表」[1]では、米国では18.3%の企業が「DXを行っていない・わからない」と答えたのに対し、日本ではその割合が50.6%という結果でした。

日本は米国と比べてDX化に向けて具体的に動いているところが少なく、既存の業務プロセスとシステムに依存しているところが課題だと考えられます。

日本企業のDX推進におけるIT戦略

日本企業がDXを推進するためのIT戦略は下記の通りです。

  • クラウドベースのソリューションへの移行
  • デジタルスキルの育成と人材確保
  • AIや自動化技術の導入

クラウドベースのソリューションへの移行

旧来のレガシーシステムからクラウドベースのソリューションへ移行することで、柔軟性とスケーラビリティを高めます。これによりリモートワークやオンデマンドのビジネスニーズに迅速に対応し、コスト削減も実現できるのが魅力です。

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

デジタルスキルの育成と人材確保

社内研修やオンラインコースを通じて従業員のデジタルスキルを向上させることで、DX推進に必要な人材を確保できます。また、外部から専門知識を持つ人材を採用してデジタル化に必要なスキルセットを組織内に構築する方法も有効です。

AIや自動化技術の導入

人工知能(AI)や機械学習技術を活用して業務プロセスを自動化し、効率化を図ります。例えば顧客サービスにおいてはチャットボットの導入、製造業では品質検査の自動化などが可能です。

DXの遅延を克服するための技術的アプローチ

DXの遅延を克服するためには複数の技術的アプローチが求められます。まず、レガシーシステムを最新の技術や方法に更新・改善することが重要です。これには既存システムをクラウドベースに移行することや古いアプリケーションのリプレースなどが含まれます。

次にBIツールやデータ分析ツールの導入により、データ駆動型の意思決定をサポートすることが必要です。データ分析を通じて市場の洞察を得ることで、より迅速かつ効果的なビジネス戦略を立てることができます。

また、イノベーションを促進するために新しい技術を探索・実験することも不可欠です。AIやIoT、ブロックチェーンなどの先進技術を積極的に試験し、ビジネスプロセスに統合することでDXを推進できます。

上記のように既存のシステムを見直したり新しいテクノロジーを実際に導入したりすることが、DXの遅延を克服するためのアプローチとして挙げられます。

References

  1. ^ 一般社団法人 電子情報技術産業協会.「JEITA、日米企業の DX に関する調査結果を発表」. https://www.jeita.or.jp/japanese/topics/2021/0112.pdf

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する