【Python】for文を使って配列に値を格納する方法

【Python】for文を使って配列に値を格納する方法

公開: 更新:


Pythonのfor文を使った配列への格納方法

【サンプルコード】
numbers = [1, 2, 3, 4, 5]
squared_numbers = []
for number in numbers:
  squared_numbers.append(number ** 2)
print(squared_numbers)
【実行結果】
[1, 4, 9, 16, 25]

上記のサンプルコードでは、まずnumbersという名前のリストを作成しています。このリストには1から5までの整数が含まれており、リストは複数の要素を格納できるデータ型です。

次にsquared_numbersという空のリストを作成します。このリストは後に各数値の平方(二乗)を格納するために用意されています。

for文のfor number in numbers:numbersリスト内の各要素をnumberという変数に順番に代入することを意味します。for文の中のsquared_numbers.append(number ** 2)は、numberの値を二乗し、その結果をsquared_numbersリストに追加しています。

**は乗算の演算子で、ここでは二乗を計算しています。

最後に、print関数を使ってsquared_numbersの内容を出力します。このコードの実行結果として、1から5までの数の二乗が計算され、[1, 4, 9, 16, 25]というリストが得られます。


Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

条件に基づいた値の配列への格納方法

【サンプルコード】
data = [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10]
even_numbers = []
for item in data:
  if item % 2 == 0:
    even_numbers.append(item)
print(even_numbers)
【実行結果】
[2, 4, 6, 8, 10]

ここではdataというリストを作成し、1から10までの整数を格納しています。even_numbersという空のリストも作成されており、ここに偶数のみを格納する予定です。

for文によってdataリストの各要素がitemという変数に代入されます。

次にif文if item % 2 == 0:で、itemが偶数かどうかをチェックしています。%は剰余演算子で、ここでは2で割った余りが0かどうかを判定しています。

条件を満たす場合(偶数の場合)、even_numbers.append(item)によりその数値がeven_numbersリストに追加されます。

最終的にprint関数でeven_numbersリストを出力し、偶数のみが含まれたリストが表示されます。

文字列から特定の文字のみを配列に格納する方法

【サンプルコード】
text = "Hello, Python!"
vowels = ['a', 'e', 'i', 'o', 'u']
extracted_vowels = []
for char in text:
  if char.lower() in vowels:
    extracted_vowels.append(char)
print(extracted_vowels)
【実行結果】
['e', 'o', 'o']

この例では、まずtextという変数に"Hello, Python!"という文字列を代入しており、vowelsというリストには母音の文字('a', 'e', 'i', 'o', 'u')が含まれています。

続いて、extracted_vowelsという空のリストを作成しています。for文でtextの各文字がcharという変数に順番に代入されます。

if文if char.lower() in vowels:で、charが母音の一つであるかどうかをチェックしています。char.lower()は、大文字を小文字に変換するためのメソッドです。

条件を満たす場合、extracted_vowels.append(char)によってその文字がextracted_vowelsリストに追加されます。

最後にprint関数でextracted_vowelsリストを出力し、テキストから抽出された母音のリストが表示されます。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する