【Python】threadingモジュールでスレッドを強制終了する方法

【Python】threadingモジュールでスレッドを強制終了する方法

公開: 更新:

Pythonの`threading`モジュールは、スレッドを直接強制終了する機能を提供していません。しかし、いくつかの方法を利用してスレッドを強制終了することが可能です。強制終了はリソースのリークやデータの破損などの問題を引き起こす可能性があるため、慎重に行う必要があります。

カスタムスレッドクラスを作成する方法について説明します。具体的には、`threading.Thread`を継承したカスタムスレッドクラスを作成し、強制終了する関数を定義することでスレッドを強制終了することができます。



Pythonのthreadで強制終了するサンプルコード1


import threading
import ctypes

class CustomThread(threading.Thread):
    def __init__(self, *args, **kwargs):
        super().__init__(*args, **kwargs)
        self._run = self.run
        self.run = self.set_id_and_run

    def set_id_and_run(self):
        self.id = threading.get_native_id()
        self._run()

    def get_id(self):
        return self.id
        
    def raise_exception(self):
        res = ctypes.pythonapi.PyThreadState_SetAsyncExc(
            ctypes.c_long(self.get_id()), 
            ctypes.py_object(SystemExit)
        )
        if res > 1:
            ctypes.pythonapi.PyThreadState_SetAsyncExc(
                ctypes.c_long(self.get_id()), 
                0
            )
            print('Failure in raising exception')

def some_function():
    while True:
        pass

# Usage:
thread = CustomThread(target=some_function)
thread.start()
# ... (later in code)
thread.raise_exception()  # Force thread termination

import threadingおよびimport ctypesは、それぞれ必要なモジュールをインポートしています。これらのモジュールはスレッド操作と、CタイプのPython APIを使用するために必要です。

class CustomThread(threading.Thread):は、threading.Threadクラスを継承してカスタムスレッドクラスを定義しています。このカスタムクラスでは、スレッドのIDを取得し、特定のスレッドに対して例外を送信するメソッドを提供しています。

def __init__(self, *args, **kwargs):およびdef set_id_and_run(self):は、コンストラクタと、runメソッドをオーバーライドするための補助関数です。これにより、スレッドのIDを取得して保持します。

def get_id(self):は、スレッドのIDを取得するメソッドです。

def raise_exception(self):は、特定のスレッドにSystemExit例外を送信してスレッドを強制終了するメソッドです。

def some_function():は、無限ループを持つサンプル関数です。これはスレッドのターゲット関数として使用されます。

最後の使用例では、CustomThreadクラスをインスタンス化し、some_functionをターゲット関数としてスレッドを開始します。その後、thread.raise_exception()を呼び出してスレッドを強制終了します。

この方法は`ctypes`モジュールを利用しているため、多少のリスクが伴います。特に複数のスレッドを操作する際には注意が必要です。このメソッドは、スレッドが保持しているリソースを正しく解放せず、プログラムの安定性に問題を引き起こす可能性があります。

「Python」を学べるコードキャンプのサービス

Pythonのthreadで強制終了するサンプルコード2

別の安全な方法として、停止フラグを利用する方法があります。この方法では、スレッドが定期的に停止フラグをチェックし、フラグが設定されている場合にスレッドを終了するようにプログラムを設計します。


import threading
import time

class MyThread(threading.Thread):
    def __init__(self, name):
        super().__init__(name=name)
        self.should_stop = False

    def run(self):
        while not self.should_stop:
            time.sleep(1)

    def stop(self):
        self.should_stop = True

# Usage:
thread = MyThread("my_thread")
thread.start()

# 1秒後に強制終了
time.sleep(1)
thread.stop()
thread.join()

import threadingおよびimport timeは、それぞれ必要なモジュールをインポートしています。

class MyThread(threading.Thread):は、threading.Threadクラスを継承してカスタムスレッドクラスを定義しています。

def __init__(self, name):は、コンストラクタで、should_stopフラグを初期化しています。

def run(self):は、should_stopフラグがTrueになるまで実行されるメソッドです。

def stop(self):は、should_stopフラグをTrueに設定してスレッドを停止するメソッドです。

最後の使用例では、MyThreadクラスをインスタンス化し、スレッドを開始します。その後、1秒後にthread.stop()を呼び出してスレッドを強制終了し、thread.join()でスレッドの終了を待ちます。

これらの方法を利用することで、Pythonのスレッドを強制終了することができます。しかし、強制終了はリソースのリークやデータの破損などの問題を引き起こす可能性があるため、慎重に行う必要があります。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する