オーバーライドとは?意味をわかりやすく解説

オーバーライドとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


オーバーライドとは

プログラミングに関係する専門用語であるオーバーライドとは、親クラスで定義されたメソッドを子クラスで再定義することを指します。

つまり、子クラスで同じ名前のメソッドを定義することで親クラスで定義されたメソッドを上書きし、子クラスで定義したメソッドが呼び出されるようになります。

オーバーライドはプログラムの再利用性を高めるために必要な概念であり、ポリモーフィズムを実現するためにも欠かせません。

オーバーライドでできること

プログラミングに関係する専門用語であるオーバーライドでできることは、以下の通りです。

1. メソッドの上書き

オーバーライドは、親クラスに定義されたメソッドを子クラスで上書きすることができます。つまり、同じ名前のメソッドを子クラスで定義することで、親クラスのメソッドを上書きして新しい動作を定義することが可能です。

2. 多様性の確保

オーバーライドを利用することで、多様なクラスを作成することができます。同じ親クラスを継承している子クラスでも、オーバーライドによってそれぞれ異なる動作を実現できるのが特徴です。これによって、より柔軟なプログラムの作成が可能になります。

3. ポリモーフィズムの実現

オーバーライドを利用することで、ポリモーフィズムを実現することができます。ポリモーフィズムとは、同じインターフェースを持つ複数のオブジェクトが、異なる動作をすることができることを指します。オーバーライドによって、同じインターフェースを持つ複数のクラスが異なる動作をするように定義することができ、ポリモーフィズムを実現することが可能です。

オーバーライドの学習・勉強方法

プログラミングに関係する専門用語であるオーバーライドの学習・勉強方法は、以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

1. 基礎知識の習得を徹底する

オーバーライドとは、サブクラスでスーパークラスのメソッドを上書きすることです。まずはオーバーライドを行うために必要な基礎知識をしっかり習得することが重要です。具体的には、クラスやメソッドの概念、継承、ポリモーフィズムなどの知識を習得することが挙げられます。

2. サンプルコードを書いて理解を深める

オーバーライドの仕組みを理解するために、サンプルコードを書いて動作を確認することが大切です。具体的には、スーパークラスとサブクラスを作成し、サブクラスでスーパークラスのメソッドをオーバーライドするプログラムを書いてみることが挙げられます。

3. 実際にプログラムを書いて実践する

オーバーライドを含むプログラムを実際に書いてみることで、オーバーライドが必要なシチュエーションや、コードの書き方に慣れることができます。また、他の人が書いたコードを読んでオーバーライドの使い方を学ぶことも有効です。

オーバーライドのメリット

プログラミングに関係する専門用語であるオーバーライドのメリットは、以下の通りです。

1. コードの再利用性が高くなる

オーバーライドを使用すると、継承元のクラスにあるメソッドを継承先のクラスで上書きできます。このため、同じ処理を複数のクラスで実装する必要がなくなり、コードの再利用性が高くなります。

2. 柔軟な設計が可能になる

オーバーライドを使用することで、継承元のクラスと継承先のクラスで同じメソッドを定義しても、それぞれのクラスで異なる処理を実行できます。このため、より柔軟な設計が可能になります。

3. コードの保守性と効率性が向上する

オーバーライドを使用することで継承元のクラスのメソッドを上書きするため、同じ処理を繰り返し書く必要がなくなります。これにより、コードが簡潔になり、読みやすく保守しやすくなるのがメリットです。また、コードの冗長性を減少させることで、将来的な変更や拡張が容易になり、プログラム全体の効率性が向上します。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

オーバーライドのデメリット

プログラミングに関係する専門用語であるオーバーライドのデメリットは、以下の通りです。

1. サブクラスの挙動が予測しにくくなる

オーバーライドを使用すると、サブクラスで親クラスのメソッドを上書きしてしまうため、サブクラスの挙動が予測しにくくなる場合があります。このため、複雑なプログラムになるとデバッグが困難になることがあります。

2. コードの保守性が低下する

オーバーライドを使用すると、親クラスで定義されたメソッドがサブクラスで上書きされるため、コードの保守性が低下することがあります。特に、複数のサブクラスで同じメソッドをオーバーライドする場合、修正や変更が必要になった場合に複数の場所を変更する必要があります。

3. パフォーマンスの低下が起こる場合がある

オーバーライドされたメソッド内で、親クラスの同名メソッドを明示的に呼び出す場合(例: `super().method()`)や、深い継承階層が存在する場合などに、微小なオーバーヘッドが生じる可能性があります。このオーバーヘッドは通常、実際のアプリケーションの動作には影響を及ぼさないレベルであることが多いですが、高いパフォーマンスが求められる状況下では考慮する必要がある場合もあります。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する