インスタンスとは?意味をわかりやすく解説

インスタンスとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


インスタンスとは

インスタンスとは、オブジェクト指向プログラミングにおける重要な概念です。

単純に言えば、あるクラスから具体的な値を持った実体を作り出すことを指します。

たとえば、人間というクラスがあった場合、そのクラスをインスタンス化することで実際に存在する人間というオブジェクトを作り出すことができます。

インスタンスでできること

インスタンスでできることは下記の通りです。

データの保持

インスタンスはオブジェクト指向プログラミングにおいて生成される実体であり、その実体が持つデータを保持できます。

メソッドの呼び出し

インスタンスは、自身が所属するクラスに定義されたメソッドを呼び出すことができます。また、インスタンスに対して直接メソッドを定義することも可能です。

継承の利用

インスタンスは、継承によって親クラスの特性を引き継ぐことができます。これにより、共通の機能を持つ複数のクラスを作成でき、プログラムの再利用性を高めることができます。

インスタンスの学習・勉強方法

インスタンスの学習・勉強方法は下記の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

基礎知識を身につける

まずは、インスタンスの基礎知識を身につけることが重要です。インスタンスとは、オブジェクト指向プログラミングにおいて、クラスを実体化したものを指します。クラスとはオブジェクトの設計図のようなもので、インスタンスを生成する際に使用されます。

操作方法を学ぶ

インスタンスを生成するには、new演算子を使用します。new演算子を使ってクラスからインスタンスを生成することで、そのインスタンスに対して操作を行うことができます。たとえば、インスタンスに格納されたデータを取り出すには、ドット演算子を使ってアクセスします。また、インスタンスのメソッドを呼び出すには、ドット演算子を使ってメソッド名を指定します。

実際にコーディングして練習する

自分でプログラムを書いてみることで、インスタンスの使い方や動作原理をより深く理解することができます。まずは簡単なクラスを定義し、そのクラスからインスタンスを生成して操作してみましょう。少しずつ慣れてくると、より複雑なプログラムにも挑戦できるようになるでしょう。

インスタンスのメリット

インスタンスのメリットは下記の通りです。

再利用性が高い

インスタンスはクラスから生成される実体であり、それぞれが独立していて異なる値を持つことができます。また、同じ機能を持ったクラスから複数のインスタンスを生成することで再利用性が高くなるため、プログラムの効率性が向上します。

柔軟性が高い

インスタンスは、プログラムの実行中に動的に生成できます。そのため、必要に応じて任意のタイミングで必要な数だけインスタンスを生成し、それぞれに異なる値を設定できます。また、異なるクラスから生成されたインスタンスを同時に利用できるため、プログラムの柔軟性が向上します。

メモリ効率が高い

インスタンスは必要に応じて動的に生成されて共通のクラス情報を参照するため、メモリの使用効率を向上させることができます。また、不要なインスタンスが生成されないため、メモリの消費量も削減されます。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

インスタンスのデメリット

インスタンスのデメリットは下記の通りです。

メンテナンスが複雑になる

複数のインスタンスがある場合には、それぞれのインスタンスが独立しているため、その状態や値を把握する必要があります。また、インスタンス同士が影響し合う場合には、互いの状態や値を考慮しながらメンテナンスする必要があります。このような理由から、適切な設計と適切な管理が必要になります。

プログラムの実行速度が遅くなる

インスタンスが複数ある場合には、それぞれのインスタンスの状態を更新する必要があるため、プログラムの処理時間が長くなってしまうことがあります。しかし、これらはインスタンスを使うことによって生じるものではなく、オブジェクト指向プログラミングの性質そのものに起因するものです。

インスタンスの例

インスタンスの例は下記の通りです。

クラスのインスタンス

クラスを設計図として、その設計図に基づいて実体化したオブジェクトをクラスのインスタンスと呼びます。

配列のインスタンス

配列のインスタンス化は、プログラムで配列を使用するために必要な処理です。配列の設計図に基づいて、実際のデータを格納するためのメモリ領域を確保することで、配列を実体化します。このメモリ領域は、要素数と要素の型に応じて決定されます。

スレッドのインスタンス

スレッドのインスタンスとは、プログラムの並列処理において、独立した実行環境を持つスレッドを表すオブジェクトです。スレッドを作成するためには、スレッドクラスのインスタンスを生成する必要があります。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する