プログラミングの例外とは?意味をわかりやすく解説

プログラミングの例外とは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


例外とは

プログラミングに関係する専門用語である例外とは、予期せぬエラーが発生した場合に、通常の処理を中断して別の処理を行う仕組みです。

例外はプログラムの安定性を高めるために利用され、エラーが発生した際にプログラムが停止するのを防止します。

例外処理を行うことで、プログラムが強固で信頼性の高いものになります。

また、例外には様々な種類があり、それぞれ適切な処理方法が必要です。

例外でできること

プログラミングに関係する専門用語である例外でできることは、以下の通りです。

エラーハンドリング

例外処理はプログラムの実行中にエラーが発生した際、そのエラーを適切に処理して可能であればプログラムの実行を続けるための方法です。このようなエラーハンドリングは、プログラムの安定性と信頼性を高めるために重要です。

カスタム例外の作成

カスタム例外は自分で定義した例外クラスであり、独自のエラー処理を実装することができます。カスタム例外を作成することで、プログラムの拡張性や保守性を向上させることができます。

リソースの解放

例外が発生するとプログラムは異常終了することがあります。そのため、例外が発生した場合でもリソースを正しく解放する処理を記述することが必要です。例外処理を適切に行うことでリソースの解放漏れを防止し、プログラムの性能を向上させることができます。

例外の学習・勉強方法

プログラミングに関係する専門用語である例外の学習・勉強方法は、以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

1. 例外処理の基礎を理解する

例外処理はプログラムの実行中に発生したエラーを検知し、適切に処理するための技術です。例外処理を行うことで、プログラムがクラッシュすることを防ぐことができます。まずは、例外処理の基本的な仕組みを理解することが重要です。

実際のコードで例外処理を実装する

例外処理の基礎を理解したら、実際にコードを書いて例外処理を実装してみましょう。例外が発生したときに適切なエラーメッセージを出力したり、処理を継続したりする方法を学びます。

デバッグ技術を身につける

例外処理を実装する場合、正しく動作しない場合があります。その場合、デバッグ技術を使って問題を特定し、解決することが必要です。デバッグ技術を身につけることで、例外処理の実装において効率的に問題を解決することができます。

例外のメリット

プログラミングに関係する専門用語である例外のメリットは、以下の通りです。

プログラムの安全性が向上する

例外を使うことで、エラーが発生した場合にプログラムが強制終了するのを防ぐことができます。そのため、プログラムの安全性が向上し、ユーザーにとっても使いやすいプログラムを作ることができます。

プログラムの可読性が向上する

例外を使うことでエラー処理をまとめて書くことができます。そのため、プログラム全体の可読性が向上し、開発者が理解しやすいコードを書くことができます。

プログラムの拡張性が向上する

例外を利用することでエラー発生時のプログラムの挙動をコントロールし、動的に処理を変更することが可能です。これにより、プログラムの拡張や修正が容易になります。

以上3つが例外のメリットです。プログラミングにおいて例外を適切に使いこなすことで、より高品質なプログラムを作ることができます。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

例外のデメリット

プログラミングに関係する専門用語である例外のデメリットは、以下の通りです。

処理の遅延

例外が発生するとプログラムの実行が中断され、例外処理が行われます。この処理に時間がかかるため、プログラムの実行速度が遅くなります。

バグの混入

例外処理を実装する際、不注意によってバグが混入する可能性があります。バグが混入するとプログラムの動作が予期しないものになり、正しく動作しなくなる可能性があります。

例外の例

プログラミングに関係する専門用語である例外について、Javaに対応する例外を例に紹介します。

1. NullPointerException

オブジェクトがnullであるにもかかわらず、そのオブジェクトに対して操作を試みた場合に発生します。

2. ArrayIndexOutOfBoundsException

配列の要素にアクセスしようとした際、存在しないインデックスを指定した場合に発生します。

3. IOException

入出力処理に関する例外で、ファイルが存在しない、アクセス権がない、ネットワークエラーなどの問題が発生した場合に発生します。

今回は、プログラミング言語であるJavaで使われる例外を紹介しましたが、プログラミング言語によって例外の名前や内容は異なります。そのため、利用する言語に合った例外処理を学ぶようにしましょう。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する