システムフローと業務フローの違いをわかりやすく解説

システムフローと業務フローの違いをわかりやすく解説

公開: 更新:


システムフローとは

システムフローとは、ホストで管理するシステムを実行する処理の流れを図式化したものです。

より具体的に言うと、コンピュータによる情報処理の手順や進行を可視化するためのツールです。

情報を受け取り認識してから、最終的な結果として現れるまでの一連のプログラミング処理を表します。

特定のタイミングやユーザーの入力を受け取ると、予め定義された処理が実行されるのですが、実行される一連の流れを明確に示すためにシステムフローが用いられます。

業務フローとは

業務フローとは、仕事の流れを分かりやすく図式化したものです。

ある業務が開始されてから終了するまでの過程や手順、関わる部門や人物、責任の所在を示すことが目的です。

毎日の作業や業務の流れを可視化することで、無駄な作業を削減、効率的な業務遂行を目指せるようになります。

業務フローは業務の全体像を把握するために重要であり、新しいメンバーや部署間での共有も効率良く行えます。

システムフローと業務フローの違い

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

プロセスについて

システムフローのプロセスは、ソフトウェアやシステム内での情報処理の流れを示します。

一方、業務フローのプロセスは、企業や組織の業務活動や手続きの流れを可視化します。

つまり、システムフローは技術的な側面を中心に考えられており、業務フローは人や部署間の協力・連携を中心に考えられています。

例えば、顧客情報の登録作業を考えた場合、システムフローでは登録画面の操作やデータの保存の流れを中心に考え、業務フローでは顧客とのコミュニケーションや情報収集の手段を中心に考える、というイメージです。

ワークフローについて

ワークフローは作業の流れや手順を示す言葉ですが、システムフローと業務フローでの意味合いが異なります。

システムフローのワークフローは、特定のタスクがシステム内でどのように処理されるかの流れを表します。

導入について

システムフローの導入は、新しいシステムやソフトウェアを実装する際の流れや手順を明確にするものです。

これに対し、業務フローの導入は、新しい業務手順やルールを組織内で取り入れるための手続きや段取りを示します。

つまり、システムフローの導入は技術的な側面を強調し、業務フローの導入は組織的・人間的な側面を強調します。

システムフローのメリット・デメリット

システムフローのメリットは、ITシステムの動作や機能を正確に捉えられる点が挙げられます。

システムフローを活用することで、システム全体の動きやデータの流れを視覚的に理解することが可能です。

上記により、システムの問題点や改善点を特定しやすくなる上に、新たなシステムを導入する際や改修する際の計画・設計の参考としても利用できます。

従って、システムフローはIT関連のプロジェクトでのコミュニケーションツールとして、非常に価値があるものと言えます。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

業務フローのメリット・デメリット

業務フローのメリットは、組織内の業務プロセスを明確にできる点が挙げられます。

業務フローを用いることで、業務の手順や役割、責任範囲を具体的に確認できるため、新しいメンバーの研修や業務効率化の際に役立ちます。

また、業務の無駄を見つけ改善策のベースにもなるので、業務フローは組織運営やマネジメントの面で重要な役割を果たします。

システムフローと業務フローの違いに関するQ&A

業務フローとフローチャートの違いは何ですか?

業務フローは特定の業務プロセス内で行われるタスクや手順、流れを視覚的に示すものです。

一方、フローチャートはプロセスやシステムの動作を図示するためのツールで、業務フローのように限定的な業務だけでなく、様々なプロセスやシステムの流れを示すのに用います。

従って、業務フローは「何をどのように進めるか」を示すのに対し、フローチャートは一般的なプロセスやシステムの動きを表すためのものです。

業務プロセスと業務フローの違いは何ですか?

業務プロセスは、目的を達成するために組織内で行われる、活動や手続き全体を指します。

それに対して、業務フローはその業務プロセスの中で、具体的なタスクの流れや手順を視覚的に示すものです。

例えば、業務プロセスは「商品の注文から配送まで」といった大まかな流れを示すのに対し、業務フローは「注文受付、在庫確認、梱包、配送」といった具体的なステップを示します。

つまり、業務プロセスは全体の枠組みを、業務フローはその中の詳細な流れを表現するものです。

業務フローに必要とされる項目は何ですか?

業務フローを作成する際には、以下の項目が必要とされます。

  • 業務のステップや手順
  • 各ステップの担当者や部門
  • ステップ間の関係や連携
  • 使用する資料やツール
  • 業務の開始点と終了点
  • 上記を明確にすることで業務の流れを効率的に可視化し、無駄や課題を特定するのに役立ちます。

    ※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

    ITやプログラミングに関するコラム


    ITやプログラミングに関するニュース

    ブログに戻る

    コメントを残す

    コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

    コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

    新着記事

    対象者別で探す

    子供(小学生・中学生・高校生)向け
    プログラミング教室検索する

    子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

    子供(小学生・中学生・高校生)
    プログラミング教室検索する

    ITやプログラムなどの
    最新情報を検索する

    日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

    ITやプログラムなどの
    最新情報を検索する