Docker ComposeとKubernetesの違いをわかりやすく解説

Docker ComposeとKubernetesの違いをわかりやすく解説

公開: 更新:


Docker Composeとは

Docker Composeとは、複数のコンテナを一度に管理や起動するためのツールです。

複数のコンテナを管理できるので、複数のサービスやアプリケーションを連携させて動かす際に役立ちます。

yamlファイルでの定義をもとに、Serviceやネットワークなどのリソースをまとめて操作することも可能です。

Kubernetesとは

Kubernetesとは、大規模なコンテナ環境を効果的にオーケストレーションするためのクラウドネイティブな技術です。

AzureやAWSといったクラウドプロバイダでもサポートされており、kubectlというコマンドラインツールを使用して操作します。

PodやService、deploymentといったリソースを中心に、高度なアプリケーションの構築や管理が可能です。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

Docker ComposeとKubernetesの主な違い

コンテナオーケストレーションの規模と対応環境

Docker Composeは主に、ローカルでの開発環境や小規模なプロジェクト向けに設計されています。

一方、Kubernetesはクラウド環境や大規模なデプロイ環境に適しており、高度なオーケストレーションが求められる場合に使用されます。

従って、Docker Composeはシンプルな構成のアプリケーションやServiceを管理するのに対し、Kubernetesは複雑で大規模なアプリケーションのリソースを柔軟に管理します。

KubernetesはCloud ProviderのAPIと連携し、必要に応じてリソースのスケールアップやダウンが可能なので、開発段階や小規模プロジェクトではDocker Compose、大規模で複雑なプロジェクトではKubernetesが適していると言えるでしょう。

設定ファイルの形式と内容

Docker Composeはdocker-compose.ymlという設定ファイルを用いて、アプリケーションやサービスの定義を行います。

Docker Composeのymlファイルは簡潔で分かりやすい一方、Kubernetesの設定ファイルは詳細な設定やリソースの連携が可能です。

つまり、Docker Composeはシンプルな構成でわかりやすく、Kubernetesは詳細かつ複雑なリソースの管理をしやすくなります。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

サポートされる機能と拡張性

Docker Composeは、基本的なコンテナの管理や起動に特化しています。

一方、KubernetesはServiceのロードバランシングやPodの自動復旧、ネットワークの設定といった高度な機能をサポートしています。

また、Kubernetesはプラグインや追加のリソースを利用することで、機能の拡張が可能です。

上記からわかるように、Kubernetesは拡張性が高く多岐にわたるリソースや機能をサポートしているので、シンプルなコンテナ管理を目的とする場合はDocker Compose、高度なオーケストレーションや拡張性を求める場合はKubernetesが適しています。

Docker Composeのメリット・デメリット

Docker Composeの最大のメリットは、そのシンプルさと直感的な操作性です。

特に小規模なプロジェクトや開発環境での使用に適しており、短時間でコンテナの起動や管理が可能です。

しかし、大規模なデプロイや複雑なリソースの管理には向いておらず、そのような場面ではKubernetesなどの高度なオーケストレーションツールの使用が推奨されています。

Kubernetesのメリット・デメリット

Kubernetesの最大のメリットは、大規模なコンテナ環境を効果的に管理できる点です。

多数のリソースやアプリケーションを一元管理できるため、大規模なデプロイやコンテナのライフサイクル管理がしやすくなります。

しかし、「設定の複雑さ」や「学習曲線の急さ」はデメリットとして挙げられるので、深い知識や経験がないと対応できない場合があるかもしれません。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する