【ビジネスマン必見の神機能】ChatGPTプラグインの導入方法と使い方を実際の画面を用いて解説 - IT・プログラミング情報のコネクトメディア「trends.」

【ビジネスマン必見の神機能】ChatGPTプラグインの導入方法と使い方を実際の画面を用いて解説

公開: 更新:

ビジネスシーンからプライベートまで、業界に関わらず多くの人が利用しているChatGPT。無料で使うだけでも十分便利なのですが、さらに機能を拡張させられるプラグインについてご存じでしょうか?

ChatGPTの有料プランである「ChatGPT Plus」に加入すると、ChatGPTに更なる機能を追加することができるのです。

この記事では、ChatGPTプラグインの導入方法と使い方を実際の画面を用いて解説します
。ChatGPTプラグインを使って日頃の業務を効率化したい方はぜひ参考にしてみてくださいね!



ChatGPTのプラグインとは

ChatGPTプラグインとは、ChatGPTの能力をさらに強化するための追加ツールです。2023年5月12日から、有料版のChatGPT Plusで利用できるようになり、現在は400を超えるプラグインが公開されています。

ChatGPTのプラグインを使うことで、従来のChatGPTでできないタスクも対応できるのが特徴。たとえば、「Link Reader」というプラグインを使って、指定したURLやPDFを元にテキストを出力したり、食べログのプラグインを使ってレストランの情報を手軽に入手したりできます。

OpenAIが公式に提供するプラグインのほかにも、多くのサードパーティー製プラグインが存在しており、今後さらに便利になることが期待できます。


Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

ChatGPTプラグインの導入方法

ChatGPTプラグインの導入方法を実際の画面を用いて解説します。

ChatGPTプラグインの導入方法を実際の画面を用いて解説します。
ChatGPT より

まず、ChatGPTにログインし、画面右下にある「・・・」リンクをクリックしましょう。表示されたメニューの中から「Settings & Beta」をクリックします。

ChatGPTプラグインの導入方法を実際の画面を用いて解説します。
ChatGPT より

画面左のメニュー欄から「Beta features」をクリックし、「Plugins」欄の右側にあるスイッチボタンをクリックします。これでプラグインの有効化が完了です。

ChatGPTプラグインの使い方

ChatGPTプラグインの導入方法を実際の画面を用いて解説します。
ChatGPT より

プラグインの導入が終わったら最初の画面に戻り、新しいチャットを作成します。上記画面のように、GPT-4を指定すると「Plugins Beta」という選択肢が表示されるのでそこをクリックしましょう。

ChatGPTプラグインの導入方法を実際の画面を用いて解説します。
ChatGPT より

表示画面から「Plugin Store」をクリックします。

ChatGPTプラグインの導入方法を実際の画面を用いて解説します。
ChatGPT より

利用できるプラグイン一覧が表示されます。画面左上にある検索窓にキーワードを入れて探したり、Popularというタブを開いて人気のプラグインから選んだりできるのが特徴です。

今回は「Link Reader」というプラグインを利用例として使います。プラグインの枠内にある「Install」ボタンをクリックしましょう。

ChatGPTプラグインの導入方法を実際の画面を用いて解説します。
ChatGPT より

インストールしたら、画面右上にある「×」リンクをクリックして閉じます。

ChatGPTプラグインの導入方法を実際の画面を用いて解説します。
ChatGPT より

先ほどインストールした「Link Reader」がチャット画面のプラグイン一覧に表示されているので、チェックボックスをクリックして有効化しましょう

ChatGPTプラグインの導入方法を実際の画面を用いて解説します。
ChatGPT より

有効化したら実際にURLを指定し、その内容を要約してもらうことで読み込めているのか確認してみます。

今回はAWS認定資格に関するURLを記載したので、ちゃんとURLの内容を読み込んで要約していることがわかります。

今回のように、プラグインの機能を理解してインストールし、その機能を活かせるプロンプトを入力することで、求めている内容を得ることができます。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する