Pythonのclassとdefの違いをわかりやすく解説

Pythonのclassとdefの違いをわかりやすく解説

公開: 更新:

Pythonの「class」とは、Pythonのオブジェクト指向プログラミングの基本単位であり、関連する変数メソッドを一つのブロックとしてまとめる役割を果たします。

同じ処理を行うオブジェクトを複数作成する場合、一度定義したclassを基に新たなインスタンスを生成することで、コードの重複を防ぎ保守性を高めます。

しかし、classを適切に設計するためには、オブジェクト指向の概念を理解し、切な設計が必要です。

Pythonの「def」とは、関数を定義するためのキーワードで、一連の操作をひとまとめにし、再利用可能なコードの塊を作る役割を担っています。

defの利点は、特定のタスクを実行するコードを単一の場所にまとめ、その部分を名前付けて再利用しやすくすることです。

しかし、defで多くの処理を行うと、それが一見で理解しにくくなり、保守性に影響を及ぼす可能性があります。

上記の事から、オブジェクト指向プログラミングが主体の大規模プロジェクトは「class」、短いスクリプトや単純なタスクでは「def」が適していると言えます。

classとdefは、共に再利用性と保守性を高めるための重要な概念なので、Pythonを学んでいる方は両者の違いをしっかり把握しておく事をおすすめします。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

「Python」を学べるコードキャンプのサービス

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する