アジア詐欺レポート2023:日本の詐欺リスクとその対策

アジア詐欺レポート2023:日本の詐欺リスクとその対策

公開: 更新:

「Whoscall」株式会社の親会社である「Gogolook Co., Ltd.」は「GASA」と連携し、「アジア詐欺レポート2023」を公開しました。[1]このレポートはアジア11地域の約2万人を対象にした詐欺に関する調査を基にしています。

日本では詐欺を見分ける自信が少なく、詐欺に遭遇する頻度が高いことが明らかになりました。

詐欺に使われる主なチャネルはEメールやSMS、電話であり、詐欺のリスクが高いデジタルプラットフォームはGmailやAmazon、Outlook Eメールという結果でした。



日本の詐欺対策に関する方向性と課題<

本レポートによると日本では詐欺を見分ける自信が他のアジア諸国に比べて低く、詐欺被害に遭遇する頻度が高いことが示されています。

詐欺が進化するにつれて、一般の人々の詐欺を見分ける能力が低下していることが懸念されます。特に高齢者がターゲットになりやすい「友人および家族詐欺」の増加は、日本の高齢化社会の影響を反映しているので警戒が必要です。

今後日本では詐欺対策の強化が必要になります。政府と企業は詐欺対策の教育と啓発活動を強化し、市民の詐欺を見分ける能力を高めることが求められるでしょう。

また、AIやディープフェイク技術の進化により詐欺手口がより巧妙化するため、これらの技術を理解して対応するための取り組みも重要課題のひとつです。

詐欺被害の報告プロセスの簡素化と明確化も、被害者の支援と防止策の強化に寄与するでしょう。

References

  1. ^ PRTimes. 「迷惑電話・SMS識別アプリ「Whoscall」 日本を含むアジア11地域の詐欺調査を実施し、「アジア詐欺レポート2023」を公開」. https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000029.000058563.html, (参照 2024-02-01).

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。


Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する