スーパーグローバル変数とは?意味をわかりやすく解説

スーパーグローバル変数とは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


スーパーグローバル変数とは

スーパーグローバル変数とは、関数の内外問わずどこからでもアクセスできるグローバル変数のことを指します。

プログラム内で頻繁に使用する変数や、プログラム全体で共通して使用する変数をスーパーグローバル変数として定義することで、コードの記述量を減らすことができます。

また、複数人での開発や大規模なプロジェクトでスーパーグローバル変数を使用する場合、名前が競合してしまう可能性があるので重複を避けるように注意が必要です。

スーパーグローバル変数でできること

スーパーグローバル変数でできることは下記の通りです。

グローバルなデータの利用

スーパーグローバル変数は、どの関数やメソッド内でも利用できます。そのため、グローバルに定義された変数を利用する際に便利です。
ただし一部の言語や環境では、スーパーグローバル変数の利用が制限されている場合があるので確認が必要です。

フォームデータの取得

フォームから送信されたデータを取得する際には、スーパーグローバル変数の$_POSTや$_GETを使用します。これらの変数にはそれぞれPOSTメソッド、GETメソッドで送信されたデータが配列形式で格納されています。

セッション管理

スーパーグローバル変数の$_SESSIONを使用することで、セッション管理を行うことができます。$_SESSIONには、セッションIDをキーとして任意のデータを保存することができます。セッション管理はユーザーのログイン状態などを管理する際に必要な機能です。

スーパーグローバル変数の学習・勉強方法

スーパーグローバル変数の学習・勉強方法は下記の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

スーパーグローバル変数について理解する

スーパーグローバル変数とは、プログラム内でどこからでもアクセス可能な変数のことです。しかし、その性質ゆえに誤った使い方をすると思わぬ不具合が発生することもあります。

まずはスーパーグローバル変数とは何かを理解し、正しい使い方を身につけましょう。

実際にコードを書いて理解を深める

スーパーグローバル変数に関する理解が深まったら、実際にコードを書いて練習しましょう。自分でコードを書くことで理解が深まります。

また、スーパーグローバル変数を使ったサンプルコードを調べ、その使い方を学ぶこともおすすめです。

デバッグやエラー処理についても学ぶ

スーパーグローバル変数を使用する際には、デバッグやエラー処理が非常に重要です。バグの原因を探したり、予期しないエラーが発生したときの対処法について学びましょう。

スーパーグローバル変数のメリット

スーパーグローバル変数のメリットは下記の通りです。

変数をグローバルに利用できる

スーパーグローバル変数はどの関数やクラスからでも参照できるため、大規模なプログラムでも変数をグローバルに利用できます。そのため複数の関数で同じ変数を利用することができ、変数の受け渡しを行う必要がなくなります。

複数のファイルで同じ変数を利用できる

スーパーグローバル変数はどのファイルからでも利用できるため、複数のファイルで同じ変数を利用できます。これによりプログラムの拡張性が向上し、開発効率を高めることができます。
ただし、グローバル変数の乱用はコードの可読性を低下させる場合があるため、適切な使用方法に留意する必要があります。

スーパーグローバル変数のデメリット

スーパーグローバル変数のデメリットは下記の通りです。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

名前空間の汚染

スーパーグローバル変数はどこからでもアクセス可能なため、ほかの変数や関数と名前が重複してしまうことがあります。このような状況に陥ると予期せぬバグの原因となります。

デバッグが困難

スーパーグローバル変数はプログラム内のどこからでも変更が可能であり、その値を追跡することが困難です。特に大規模なプログラムにおいて、どこで値が変更されたのか特定することは困難であり、デバッグ作業を複雑にします。

可読性の低下

スーパーグローバル変数はグローバルスコープで宣言されるため、どこからでもアクセス可能なことからプログラムの流れが分かりにくくなります。また、変数がどのような値を持つかも把握しづらくなるため、プログラムの可読性が低下します。
そのため、できるだけスコープを限定した変数を利用することが推奨されます。

スーパーグローバル変数の例

PHPで使用されるスーパーグローバル変数を例に解説します。

$GLOBALS

$GLOBALSはグローバルスコープにある変数を参照できます。

2. $_SERVER

$_SERVERはサーバーの情報を格納する連想配列です。

3. $_GET

$_GETはURLパラメーターを取得することができます。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する