GETとは?意味をわかりやすく解説

GETとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


GETとは

プログラミングに関係する専門用語「GET」とは、HTTPというプロトコルで用いられるアクションのひとつです。

GETは、WebブラウザからWebサーバーへ情報を要求する際に使われます。

たとえば、ブラウザでURLを入力すると、そのページの情報をWebサーバーからGETして表示します。

GETでできること

GETでできることは以下の通りです。

情報の取得が容易になる

GETはHTTPリクエストのひとつで、Webサーバーから情報を取得するために使われます。GETメソッドを使うことにより、WebページのURLを入力するだけで簡単に情報を取得できます。

データの検索がしやすい

GETリクエストを使用することで、Webページから特定の条件に該当するデータを抜き出すことができます。GETリクエストは、URLのクエリパラメータとして情報を送信する方法です。たとえば、特定のWebページに商品の情報がある場合、GETリクエストのクエリパラメータとして「あなたが探している商品名」を指定することで、その商品に関する情報を取得できます。サーバーはGETリクエストのパラメータを受け取り、それに基づいて適切なレスポンスを返します。

キャッシュが有効になる

GETリクエストを送信することで、Webサーバーはレスポンスを返す際にその情報をキャッシュすることができます。キャッシュに情報が保存されることで同じ情報を再度取得する際にリクエストのやり取りが必要なくなり、通信量を削減できるのが特徴です。その結果、効率的な情報の取得が可能になります。

GETの学習・勉強方法

GETの学習・勉強方法は以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

1. GETの基礎知識を学ぶ

まず最初に、GETの基礎知識を学ぶことが重要です。GETとは、Webサーバーから情報を取得するための方法のひとつで、HTTPプロトコルによって送信されたデータを取得できます。このような基礎的な知識を身につけることで、GETを理解しやすくなります。

実際にGETを使ってみる

GETを理解したら、実際にGETを使ってみましょう。自分で簡単なWebサイトを作成し、GETを使って情報を取得してみるとよいでしょう。具体的には、HTMLファイル内にGETメソッドを使用したフォームを作成し、そのフォームからデータを送信してみる方法がおすすめです。

GET以外のHTTPメソッドも学ぶ

GET以外にも、HTTPプロトコルにはPOSTやPUT、DELETEといったさまざまなメソッドがあります。GETと同様に、これらのメソッドもWebサーバーから情報を取得するために必要なものです。GETだけでなくほかのHTTPメソッドも学ぶことで、より広範なWeb開発の知識を身につけることができます。

GETのメリット

GETのメリットは以下の通りです。

データの取得が容易

GETメソッドは、HTTPリクエストを送信する際にURLにパラメータを含めることができます。そのため、データを取得する際には、URLを生成するだけで簡単に取得できます。

キャッシュが有効

GETメソッドは、同じURLに対するリクエストが複数回送信された場合、サーバーからのレスポンスをキャッシュすることができます。これにより、リクエストを送信する回数を減らし、通信量を削減することができます。

ブックマークが容易

GETメソッドを使用することで、URLにパラメータを含めることができます。そのため、特定のページにアクセスするためのURLを生成し、ブックマークすることができます。また、生成したURLを他の人に共有することで、特定のページに簡単にアクセスすることができます。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

GETのデメリット

GETのデメリットは以下の通りです。

セキュリティの問題

GETリクエストは、パラメーターがURLに含まれるため、URLを覗き見られると情報が漏洩する恐れがあります。また、ユーザーから受け取ったパラメーターをそのまま処理すると、不正なリクエストによって情報を改ざんされる可能性もあります。

キャッシュの問題

GETリクエストは、同じURLにアクセスするとキャッシュからデータを取得します。そのため、更新された情報を即座に反映することができず、古い情報が表示されることがあります。

データの長さの制限

GETリクエストは、URLの長さに制限があります。URLの長さが制限を超えた場合、リクエストが正常に処理されないことがあります。そのため、大量のデータを送信する必要がある場合は、POSTリクエストなどの別の方法を使用する必要があります。

GETの例

GETの例は以下の通りです。

リソースの取得

GETメソッドは、HTTPプロトコルで使用されるリクエストメソッドの一つで、Webサーバーからリソースを取得するために使用されます。

クエリストリングの使用

GETメソッドは、URLにクエリストリングを追加してリクエストすることができます。クエリストリングとは、URLの末尾に「?」で区切ってパラメータを追加するものです。たとえば、検索エンジンの検索結果ページにおいて、キーワードをクエリストリングに含めてリクエストすると、そのキーワードに一致するページの検索結果が表示されます。

安全であること

GETメソッドは、リソースの取得や情報の取得に使用されるため、サーバー上のリソースや情報を変更することはありません。そのため、HTTPプロトコルにおいて安全なメソッドとして扱われます。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する