section要素とは?意味をわかりやすく解説

section要素とは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


section要素とは

section要素とは、HTML文書内において特定の意味を持つ範囲を定義するタグです。

section要素は文書を意味のあるセクションに分割し、コンテンツの構造を明確にするために使用されます。

これにより、Webページの検索エンジン最適化(SEO)に役立ち、利用者にとってもより使いやすくなります。

たとえば、Webページ内に複数のセクションがある場合、section要素を使用してそれぞれのセクションのタイトルや内容を明確にできます。

section要素でできること

section要素でできることは下記の通りです。

ページ内の構造を明確にできる

select要素でセクションに分割することで、Webページの構造を明確に示すことができます。たとえば、ページのヘッダーやフッター、メインコンテンツなど大まかな部分を区切って示すことができます。

検索エンジンがクローリングしやすくなる

section要素を使用することでページ内のコンテンツの構造を明確に示すことができ、検索エンジンがページ内のコンテンツを把握しやすくなります。

スタイリングにも活用できる

section要素にIDやclassを付与することで、CSSを用いてスタイリングできます。たとえば、特定のsection要素に背景色をつけるなど、見た目の調整が容易になります。

section要素の学習・勉強方法

section要素の学習・勉強方法は下記の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

意味と使い方の理解

最初にsection要素の意味や使い方を理解しましょう。HTML5では、section要素は文書やアプリケーションの節や区分を表すために使用されます。つまり、テキストをより構造化して分かりやすくするためのものです。

section要素の適切な使用方法の学習

section要素を適切に使用するための方法を学習しましょう。たとえば、文章内の大まかな区切りを表すために使用できます。また、長い文章を複数の小さなセクションに分割して読みやすくすることもできます。ただし、section要素はセマンティックな意味を持つ要素であり、区切りを表すための見た目のデザインを行うために使用するべきではありません。

実際に使ってみる

section要素を実際に使ってみましょう。たとえば、自分のブログやウェブサイトにセクションを追加してみると良いでしょう。ここで大切なのは、意味に合わせて正しく配置することです。また、section要素を正しく使用することで、SEOの観点からも検索エンジンのランキング向上に繋がる可能性があります。

section要素のメリット

section要素のメリットは下記の通りです。

ユーザビリティの向上につながる

section要素を使うことで、ページ内のコンテンツを意味的に区切ることができます。その結果、ユーザーが必要な情報をより迅速に見つけやすくなります。

検索エンジン最適化に役立つ

section要素はページ内のコンテンツを区切るだけでなく、検索エンジンにとっても重要です。section要素を使うことでページ内のコンテンツの意味が明確になり、検索エンジンによるクローリングやインデックス作成がスムーズに行われます。

アクセシビリティの向上につながる

Webページは、スクリーンリーダーやキーボードユーザーなどの障害のある方も含めてさまざまな人々が利用します。section要素を使うことでページの情報が分かりやすくなり、障害のある人々がページ内の情報をより簡単に見つけやすくなります。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

section要素のデメリット

section要素のデメリットは下記の通りです。

意味的に曖昧な場合がある

section要素はHTML5で導入された要素のひとつであり、文書内の区分を示すために使用されます。しかしその定義が曖昧であり、開発者によって異なる解釈がされる場合があります。そのため、適切なマークアップが必要であり、誤った使用が混乱を招くことがあります。

意図しないスタイルが適用される可能性がある

section要素は意味的な区分を示すための要素であり、デフォルトではスタイルが適用されません。しかし、CSSの設定によっては意図しないスタイリングが適用されることがあります。たとえば、セクション要素の子要素にスタイルがある場合、そのスタイルはセクション要素にも影響を与える可能性があります。

使い方次第で制御が難しくなる

section要素は文書内の区分を示すために使用されますが、ひとつのsection要素内に複数の要素を含めることができます。しかしその場合、各要素に対する制御が難しくなり、デバッグや保守性に影響を与えることがあります。そのため、必要に応じてsection要素を分割するなど、適切にマークアップするスキルが求められます。

section要素の例

section要素の例は下記の通りです。

header要素

header要素はWebページの先頭部分に配置するsection要素のひとつ。タイトルやロゴ、検索フォームなどページ全体のヘッダー情報を含んでいます。

main要素

main要素Webページの主要なコンテンツを示すための要素です。headerやfooter要素よりも深い階層に配置されることが多いです。

article要素

article要素はWebページの中で独立した記事やブログ記事など、単一のトピックに関するコンテンツを含みます。通常、main要素の下位に配置されます。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する