Firefox127リリース、自動起動などの新機能とセキュリティ強化を実施

Firefox127リリース、自動起動などの新機能とセキュリティ強化を実施

公開: 更新:


【時間がない人向け】記事の3行要約

  • Firefox 127.0が2024年6月11日にリリース
  • Windowsでの起動時のFirefox自動起動や、HTTPSへのアップグレードなどの新機能
  • パスワードマネージャーのセキュリティ強化、Screenshotsの大幅アップデートなども

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

Firefox127がリリース、自動起動などの新機能を追加

Mozilla は2024年6月11日、デスクトップ向け「Firefox 127」を正式リリースした。Firefox 127の目玉の1つは、Windowsでの起動時にFirefoxを自動的に立ち上げる機能だ。この設定を有効にすれば、PCの起動と同時にすぐにWebブラウジングが開始できる。[1]

また、<img>、

タブ関連の改善点としては、タブバーの「すべてのタブを一覧表示」ウィジェットやタブのコンテキストメニューから、重複するタブをすべて閉じる「重複タブを閉じる」コマンドが利用可能になった。タブが増えすぎた際の整理に役立つ機能と言える。

MacOSとWindowsでパスワードマネージャーのセキュリティが強化

MacOSとWindowsでは、Firefoxに内蔵のパスワードマネージャー(about:loginsページ)へのアクセスや、保存パスワードの入力時に、OSのサインイン(パスワード、指紋、顔、音声ログインなど)を要求できるようになった。セキュリティ意識の高いユーザーにとっては嬉しい改善点だ。

加えて、Firefoxのスクリーンショット機能が大幅にアップデートされた。SVGやXMLをはじめとする各種ファイルタイプや、about:設定ページなどのFirefox内部ページのキャプチャが可能になったほか、キーボードショートカットの実装、テーマ対応やハイコントラストモード(HCM)のサポートなど、アクセシビリティの改善も図られている。

そのほか、セキュリティ修正を中心とした変更も多数含まれる。Firefoxは引き続き月例リリースを継続しており、今後も利便性とセキュリティの両面での改善が期待できる。パワーユーザーのみならず、幅広いユーザーにとって使いやすいブラウザへと進化を遂げている。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

trends編集部「K」の一言

今回のFirefox 127リリースでは、利便性とセキュリティのバランスを取った改善が目立つ。特にWindows環境でのFirefox自動起動は、ブラウザ中心の作業スタイルに合致した仕様と言える。一方でmixed contentの自動HTTPSアップグレードなど、ユーザーが意識せずセキュアな通信環境が確保される点も重要だ。

パスワードマネージャーへのアクセス制御強化は、昨今のリスクに即したセキュリティ対策と評価できる。利便性を損なわずに必要十分な認証を求めるのは容易ではないが、適切な落とし所を見出している。ただしハードウェアセキュリティキーなどのサポートはまだ不十分で、マルチファクター認証の選択肢が広がることを期待したい。

Screenshotsの拡張はヘビーユーザー待望の改善だろう。技術ドキュメントの作成などでは、プレーンテキストと画像の組み合わせが欠かせない。キャプチャの幅が広がれば、外部ツールに頼ることなくFirefox単体で完結できるようになる。細やかな操作性の向上が、結果的に大きな効率化に繋がるはずだ。

全体を通して、ユーザー目線に立った丁寧なブラッシュアップの姿勢が感じられるリリースである。今後は、プライバシーサンドボックスやCSSネスティングへの対応など、Webプラットフォームの変革への追随も求められよう。変化の激しい環境下でも、Firefoxならではの存在価値を発揮し続けられるかがカギを握る。

References

  1. ^ mozilla. 「Firefox 127.0, See All New Features, Updates and Fixes」. https://www.mozilla.org/en-US/firefox/127.0/releasenotes/, (参照 24-06-13).

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する