GoogleがWorkspaceにAI動画作成やGeminiチャット統合、ジェネレーティブAI対応セキュリティを発表

GoogleがWorkspaceにAI動画作成やGeminiチャット統合、ジェネレーティブAI対応セキュリティを発表

公開: 更新:


【時間がない人向け】記事の3行要約

  • GoogleがWorkspaceに新機能と商用プランを追加
  • AI動画作成アプリVidsをリリース、チャットにGeminiを統合
  • VertexAIとWorkspaceの連携で業務効率化を推進

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

GoogleがWorkspaceに新たなAI機能を追加

2024年4月10日、GoogleはWorkspaceに一連の新機能を発表した。これにはAIを活用した動画作成アプリ「Google Vids」やメッセージングのAI機能が含まれる。

Google Vidsは6月にWorkspace Labsでリリース予定だ。ユーザーはAIを使って簡単に動画のストーリーボードを作成・編集し、スタイルを選ぶだけで、ストックビデオや画像、BGMを組み合わせた動画を生成できる。ナレーションも preset voice から選択したり、自分の声を使うことも可能になっている。

一方、「Take notes for me」や 69言語での自動翻訳字幕などミーティングやメッセージのAI機能は、月額10ドルのアドオンとして提供される。チャットでは最大50万人のメンバーがスペースに参加でき、SlackやTeamsとのインターオペラビリティも実現する。

AI Securityアドオンで機密データを自動分類・保護

GoogleはAI Securityアドオンも発表した。これは機械学習モデルを使い、Google Drive内の機密ファイルを自動的に特定し分類・保護する機能で、全従業員を対象に継続的にスキャンを行う。料金は1ユーザーあたり月額10ドルだ。

GmailではDLPコントロールとラベリングのベータ版を提供開始。また、量子コンピュータ耐性の暗号化方式「PQC」をThales、Fortanixらのパートナーと共同でクライアント側暗号化に試験的に導入する。

Googleによると、DocsやGmailでのAI機能の活用は着実に広がっており、Helpme writeの提案を70%のユーザーが採用し、Slidesで画像を作成したユーザーの75%以上がプレゼンに挿入しているという。企業の生産性向上に大きく寄与していることがうかがえる。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

GoogleがVertexAIとWorkspaceの統合を強化

GoogleはクラウドのVertex AIとWorkspaceの連携も強化する。Vertex AI Model Gardenの130以上のモデルから適切なものを選び、Workspaceアドオンフレームワークを通じてカスタムAIエージェントをDocsやGmailなどに組み込むことができるようになった。

製薬大手のBristol Myers Squibbでは、この仕組みを使って治験の同意説明文書の作成プロセスを大幅に効率化。以前は数週間を要していたドラフト作成が、わずか数分で完了できるようになったという。

今後は音声プロンプトやインスタントポリッシュ機能のGmail対応、Sheetsでのテーブル自動フォーマットやトリガーベースの通知機能、Docsでのタブやフルブリードカバー画像のサポートなど、Workspaceのさらなる進化が予定されている。

trends編集部「K」の一言

今回のGoogleの発表は、生成AIをビジネスの現場でいかに実用的に活用していくかという方向性を示すものと言えるだろう。これまでもGeminiを中心に文章作成や画像生成など個別の領域でのAI活用は進んできたが、Google VidsやVertex AI連携など、よりワークフローに密着した形でのAIの組み込みが始まっている。企業のDXを加速する上で大きな推進力になると期待される。

一方で、大規模言語モデルをベースとするAIシステムにはバイアスやプライバシーの課題もつきまとう。たとえばGeminiがミーティングの議事録を要約する際、特定の発言者や話題を不適切に無視したり、過剰に強調したりするリスクはないだろうか。従業員のパフォーマンス評価にこうしたデータが使われるとしたら、公平性の観点から問題になりかねない。

AIが日常業務に入り込んでくる中で、企業には慎重な運用ガイドラインの整備が求められる。社員のプライバシーに配慮しつつ、AIの利点を最大限に引き出すバランス感覚が問われるだろう。同時にAIリテラシーの向上と倫理的な議論を社内で深めていくことも欠かせない。ブラックボックス化したシステムにビジネスを委ねるのではなく、人間の側がAIをコントロールしていくという意識を持つことが重要だ。

References

  1. ^ Google Workspace Updates. 「We’re bringing new generative AI and security innovations to businesses of all sizes | Google Workspace | Google Workspace Blog」. https://workspace.google.com/blog/product-announcements/new-generative-ai-and-security-innovations?hl=en, (参照 24-04-11).

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する