DX推進スキル標準とは?該当するスキルやDX人材に必要な適正について詳しく解説

DX推進スキル標準とは?該当するスキルやDX人材に必要な適正について詳しく解説

公開: 更新:

DX人材を育成する際、どのようなスキルや知識をどれくらいのレベル感で身に付ければよいのかわからない

序期のように悩んでいる企業・個人の方は、DX推進スキル標準をもとに選定することがおすすめです。

DX推進スキル標準はDX人材に必要なスキルや知識を示すガイドラインなので、スキルや知識を選定する基準として最適です。

本記事ではDX推進スキル標準の概要や該当するスキル、本標準からわかるDX人材に必要な適正について詳しく解説します。



DX推進スキル標準とは

DX推進スキル標準とは

「DX推進スキル標準(DSS-P)」はデジタルスキル標準のひとつで、DXを推進するための人材に求められる役割やスキルを示すガイドラインです。[1]

日本企業がDXを推進する上で十分な人材を確保できていない背景として、DXの方向性を描くことや必要な人材の特定が難しいという課題があります。

DX推進スキル標準ではこれらの「必要な人材」を、5つのタイプに分類しています。

DX推進スキル標準の人材類型

DX推進スキル標準で定義されている5タイプのDX人材は下記の通りです。[1]

ビジネスアーキテクト DXの取り組みにおいて目的の設定から導入、導入後の効果検証までを一貫して推進する役割を持つ人材です。関係者を調整しながらプロジェクト全体を通じて進行させる力が求められます。
デザイナー ビジネスや顧客、ユーザーの視点を総合的に捉えて製品やサービスの方針と開発プロセスを策定。その方針に基づいた製品やサービスのデザインを担当する人材です。
データサイエンティスト DXの推進においてデータを活用した業務変革や、新規ビジネスの実現を目指す人材です。データの収集や解析の仕組みを設計・実装・運用する役割を担います。
ソフトウェアエンジニア デジタル技術を駆使してシステムやソフトウェアの設計・実装・運用を担当する人材です。DXの推進において中心的な役割を果たします。
サイバーセキュリティ デジタル環境におけるサイバーセキュリティリスクを軽減するための対策を担当します。業務プロセスを支えるデジタルインフラの安全性を確保する人材です。

これらの人材タイプはDXを効果的に推進するために相互に協力し、連携することが求められます。


Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

DX推進スキル標準をどのように活かすべきか

DX推進スキル標準の活用方法を、組織・個人・研修事業者の3パターンに分けて詳しく解説します。

組織・企業

活用主体例:

・DX推進の取り組みを行いたい経営者
・DXを推進する人材を育成したい人事部門
・DXを推進する人材を採用したい人事部門や人材紹介会社

活用イメージ:

社会の変化に対応して自社のDX推進戦略を策定し、スキル標準を基に必要な人材の確保を進める

活用の具体例:

・スキル標準を使って自社に不足しているDX推進に必要なスキル・知識を可視化
・スキル項目や学習項目例を参考に研修プログラムを見直す
・ロールやスキル項目を基に職務記述書を作成して必要な人材を採用

個人

活用主体例:

・社内のDX推進プロジェクトに参加する人
・DX推進のキャリアを目指す人

活用イメージ:

所属する企業のDX方針や自身のキャリアを考慮して、必要な知識やスキルを身につけるための指針とする

活用の具体例:

・スキル標準を参考にして自身の役割や目指すべき役割を理解する
・学習項目例を基に研修コンテンツを選び、必要な知識やスキルを学習する

研修事業者

活用主体例:

学習コンテンツを提供する企業

活用イメージ:

受講者が実践的なイメージを持ちながら学べるような研修コンテンツを提供する

活用の具体例:

学習項目を示し、学習効果を高めるための研修コンテンツを提供(例:確認テストの実施やワークショップや実践機会の提供)

DX推進スキル標準からわかるDX人材に必要な適正は?

DX推進において本質的に必要な適性は下記の通りです。

  • 変化に対する適応力と柔軟性
  • 高度な専門知識と技術スキル
  • 優れたコミュニケーション能力と協働意識
  • 創造的な問題解決能力
  • 高い倫理観と責任感

各内について詳しく解説します。

適応力と柔軟性

DXの進展は迅速であり、企業環境や技術は常に変化しています。そのためDX推進において本質的に求められるのは、変化に迅速に適応して柔軟に対応できる力です。

これは新しい技術やビジネスモデルを学び取り入れるための姿勢とも言えます。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

専門的な知識とスキル

各専門領域(ビジネスアーキテクト・デザイナー・データサイエンティスト・ソフトウェアエンジニアサイバーセキュリティ)における高度な知識とスキルは、DX推進の基盤となります。

これは具体的な業務を遂行するための能力として不可欠です。

コミュニケーション能力とチームワーク

DXは一人で完遂するものではなく、多くの部門や専門家が協力して行うプロジェクトです。異なる専門分野の人々と円滑にコミュニケーションを取り、効果的に協力できる能力が重要です。

創造力と問題解決能力

DXは既存の業務プロセスやビジネスモデルを革新することが求められます。このため創造的なアイデアを発想し、複雑な問題を解決するための能力が必要です。

倫理観と責任感

デジタル技術の活用にはデータプライバシーや情報セキュリティに関する倫理的な配慮が欠かせません。高い倫理観と責任感を持ち適切な判断ができることは、DX推進における信頼性を担保するために重要です。

これらの適性が備わっていることで、DX推進における成功確率が高まると考えられます。

References

  1. ^ 情報処理推進機構(IPA). 「デジタルスキル標準」. https://www.ipa.go.jp/jinzai/skill-standard/dss/ps6vr700000083ki-att/000106871.pdf, (参照 2024-05-29).

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する