エスアイヤー(SIer)とは?意味をわかりやすく解説

エスアイヤー(SIer)とは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


エスアイヤー(SIer)とは

プログラミングに関係する専門用語「SIer」は「SystemIntegration」の略称です。

主に、ITシステムを企画・設計・開発・運用するためのサービスを提供する企業を指します。

SIerは顧客企業の業務プロセスに合わせたシステムを開発し、導入・運用支援を行うことが主な業務となります。

日本のIT業界には大手SIerが多数存在し、多くのプログラマーエンジニアがSIer企業に所属しています。

SIerでできること

SIerでできることは以下の通りです。

システム開発

SIerでは、企業の業務プロセスを分析してシステムを設計・開発することができます。顧客の要望に応えるため、機能面・操作性・信頼性などのバランスを考慮したシステムを提供します。

インフラ構築

SIerでは、ネットワークサーバー、ストレージなどのITインフラを構築することができます。社内ネットワークやクラウド環境など、最適なインフラ環境を提供し、安定した業務運営を支援します。

業務改善

SIerでは、企業の業務プロセスの改善を支援することができます。業務の自動化・効率化、データの可視化・分析などを実現し、生産性向上やコスト削減などの効果をもたらします。

SIerの学習・勉強方法

SIerの学習・勉強方法は以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

基礎からの学習が大切です

SIerを学ぶにあたり、まずは基礎からの学習が必要です。プログラミング言語やデータ構造、アルゴリズムなどの基本的な知識を身に付けることができれば、業務での理解も深まります。

実践的なプロジェクトに挑戦しましょう

基礎的な知識を身に付けたら、実践的なプロジェクトに挑戦することが大切です。実際に手を動かしてシステム開発やアプリケーション開発を行うことで、SIerの仕事に必要な技術力を磨くことができます。

情報収集能力を養いましょう

SIerとして仕事を行うには、最新の技術動向や業界の動向について常に情報収集をする必要があります。自分から積極的に情報収集する習慣を身に付けることで、SIerとしてのスキルアップにつながります。

SIerのメリット

SIerのメリットは、以下の通りです。

長期契約が多い

SIerのプロジェクトによって異なりますが、長期契約であることが多く、一定の安定した収入が期待できる傾向にあります。
ただし、プロジェクトが終了しても次の案件がすぐに見つかるとは限らず、人員調整や業績悪化によって契約解除が行われる場合もあります。

スキルアップにつながる

SIerでは多様な業務を経験することができるため、幅広い知識やスキルを身につけることができます。また、先輩社員からの指導や研修制度も整っているため、スキルアップが期待できます。
ただし、SIerによって身につけられるスキルが異なるので、事前にどのようなプログラミング言語を使った案件を取り扱っているのか調べることがおすすめです。

SIerのデメリット

SIerのデメリットは、以下の通りです。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

人材の流動性が低い

SIerはプロジェクトごとに人材を配置するため、そのプロジェクトが終了するまで同じ現場で働くことが多く、他のプロジェクトへの異動が難しい場合があります。

残業が多い

SIerの現場ではプロジェクトの期限に追われて長時間労働を強いられることが多いため、残業が多くなる傾向があります。また、クライアントの要望に対応するために急な作業変更や追加作業が発生することもあり、プロジェクト進行によっては深夜まで働くことがあります。

SIerの例

SIerの例は、以下の通りです。

ソフトウェア開発を行う企業

SIerとはSystem Integration(システムインテグレーション)の略称で、情報システムの企画・設計・開発・運用・保守を行う企業のことを指します。主に、金融機関や官公庁、大手企業などからのシステム開発の受託を行っています。

システム導入をサポートする企業

SIerは、企業が新たに導入する情報システムの導入支援を行うこともあります。具体的には、ハードウェアの設置やソフトウェアの導入、ネットワークの構築、社員のトレーニングなどを担当します。

システムの保守・運用を行う企業

SIerは、システムの保守・運用も行います。保守とは、システムの障害対応や不具合修正など、問題が発生した際に対応することを指します。運用とは、システムの稼働状態を監視し、定期的なメンテナンスや改善を行うことを指します。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する