CSSセレクタとは?意味をわかりやすく解説

CSSセレクタとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


CSSセレクタとは

プログラミングに関係する専門用語「CSSセレクタ」とは、Webページのデザインを制御するための重要な要素のひとつです。

CSSセレクタは、HTML文書の中からスタイルを適用する要素を指定するために使用されます。

セレクタは、要素の種類、属性、ID、クラスなど、さまざまな条件に基づいて指定できます。

たとえば、セレクタを使用することで、特定の要素にフォントサイズや背景色などのスタイルを適用できます。

CSSセレクタでできること

CSSセレクタでできることは以下の通りです。

要素の指定

CSSセレクタを使用することで、特定の要素を指定することができます。たとえば、「h1」というセレクタを指定することで、HTMLの中の全ての「h1」タグにスタイルを適用できます。

クラスやIDの指定

CSSセレクタを使用することで、クラスやIDなどの属性を持つ要素を指定することができます。たとえば、クラス名の前に「.」を指定することで、そのクラス名にスタイルを適用できます。

子孫要素の指定

CSSセレクタを使用することで、特定の要素の子孫要素を指定できます。たとえば、「ul li」を指定することで、HTMLの中の全ての「ul」タグの子孫要素である「li」タグにスタイルを適用することができます。

CSSセレクタの学習・勉強方法

CSSセレクタの学習・勉強方法は以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

オンラインコースで学ぶ

CSSセレクタの基礎はオンラインコースで学ぶのがおすすめです。UdemyやProgateなどのWebサイトでは、初心者から上級者向けまでさまざまなコースが提供されています。

書籍を読む

CSSセレクタの基礎から応用までを網羅した書籍も多数あります。書籍であれば、自分のペースで学ぶことができ、あとから振り返ることも可能です。

実際にコーディングして学ぶ

最も効果的な方法は、実際に手を動かしてCSSセレクタを使ったコーディングを行うことです。自分で作成したWebサイトやアプリケーションでCSSセレクタを利用することで、実践的なスキルを身につけることができます。

CSSセレクタのメリット

CSSセレクタのメリットは以下の通りです。

スタイルを指定できる範囲が広がる

CSSセレクタを使うことで、スタイルを指定するHTML要素の範囲が広がります。たとえば、特定のclassid属性を持つ要素だけでなく、親要素や兄弟要素に対してもスタイルを適用することができます。

スタイルの指定が簡単になる

CSSセレクタをうまく使うことで、スタイルの指定が簡単になります。たとえば、ul liというセレクタを使うことで、ul要素内の全てのli要素にスタイルを適用することができます。

HTMLの変更に強いスタイル指定ができる

CSSセレクタを使うことで、HTMLの変更に強いスタイル指定ができます。たとえば、HTMLの構造が変わっても、class属性が同じであれば同じスタイルを適用できます。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

CSSセレクタのデメリット

CSSセレクタのデメリットは以下の通りです。

メンテナンス性の低下

CSSセレクタは、HTMLドキュメント内の要素を指定するために使用されます。しかし、CSSセレクタの使用が増えるにつれ、HTML要素の変更が難しくなる場合があります。これは、CSSセレクタが依存しているHTML要素が変更された場合、CSSセレクタの修正が必要になるためです。

パフォーマンスの低下

CSSセレクタが複雑になると、ブラウザがHTMLドキュメントをスキャンして該当する要素を見つけるための処理が増えます。この処理には時間がかかるため、CSSセレクタが複雑になるほど、Webページの読み込み時間が長くなる可能性があります。

スタイルの上書き

CSSセレクタは、スタイルを指定するために使用されます。しかし、複数のCSSセレクタが同じ要素を指定している場合、どのスタイルが適用されるかは不明瞭になる場合があります。これは、CSSセレクタがどの要素に適用されるか、優先順位に従って解決されるためです。

CSSセレクタの例

CSSセレクタの例は以下の通りです。

タグ名による選択

CSSセレクタのひとつである「タグ名セレクタ」は、HTMLタグの名前を指定することで、そのタグ内の要素を選択することができます。たとえば、「h1」を指定すると、HTMLコード内の全ての「h1」要素が選択されます。

IDによる選択

IDセレクタは、HTMLタグに指定されたid属性の値を指定することで、そのid属性を持つ要素を選択します。たとえば、「#header」を指定すると、id属性が「header」である要素が選択されます。

クラスによる選択

クラスセレクタは、HTMLタグに指定されたclass属性の値を指定するセレクタです。たとえば、「.menu」を指定すると、class属性が「menu」である要素が選択されます。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する