プログラミングのid属性とは?意味をわかりやすく解説

id属性とは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


id属性とは

プログラミングに関係する専門用語「id属性」とは、HTMLCSSで要素を特定するための属性です。

要素に一意の名前(ID)を付けることで、スタイルの適用やJavaScriptによる動的な操作が可能になります。

たとえば、のように、ID属性を付けた要素をCSSで指定する場合は、「#main」といった具合に記述します。

id属性でできること

id属性でできることは以下の通りです。

要素の特定

id属性を使うことで特定の要素を簡単に指定できます。たとえば、リンクをクリックしたとき、ページ内の特定の場所にスクロールするように指定できます。

スタイルの変更

id属性を使って要素に独自の名前をつけることで、CSSでスタイルを変更することができます。たとえば、特定の要素に対して背景色や文字サイズの変更などが可能です。

JavaScriptの操作

id属性を使うことで、JavaScriptで要素を操作できます。たとえば、特定の要素をクリックしたときに、別の要素を表示するように指定できます。

id属性の学習・勉強方法

id属性の学習・勉強方法は以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

id属性の概要について知る

id属性とは、HTMLやCSSで使用される要素に一意の識別子を付与するための属性です。たとえば、HTMLでは以下のように記述します。

また、CSSではid属性を指定することで、その要素に対してスタイルを適用できます。

id属性の使い方を学ぶ

id属性の使い方を学ぶには、まずHTMLやCSSの基礎を学ぶことが大切です。HTMLでは、id属性を使用してページ内の要素を一意に識別することができます。また、JavaScriptなどのプログラミング言語と組み合わせることで、要素に対して動的な操作を行うことができます。

CSSでは、id属性を使用してスタイルを指定することができます。id属性は、クラスと比較して優先度が高いため、優先的にスタイルを適用することができます。

実際に使ってみる

HTMLファイル内のタグにid属性を指定し、CSSでスタイルを変えたりJavaScriptで動かしたりしてみましょう。実際に使うことでid属性の使い方が身につきますよ

id属性のメリット

id属性のメリットは以下の通りです。

ユニークな識別子として利用できる

id属性は、HTML文書の要素をユニークに識別するために使用されます。同じid属性を持つ要素は、文書内で一意であることが保証されます。

スタイルシートから要素を指定できる

id属性を付与することで、CSSを用いたスタイル指定が可能になります。スタイルシート内でid属性を指定することで、その要素に対して特定のスタイルを適用できます。

ジャンプ先として利用できる

id属性を付与した要素には、URLの末尾に「#id属性の値」をつけることで直接ジャンプすることができます。これは、長い文書内の特定の箇所に直接アクセスするために利用されます。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

id属性のデメリット

id属性のデメリットは以下の通りです。

同じid属性を複数使用できない

Webページに同じid属性を複数回使用すると、プログラムが正しく動作しないことがあります。そのため、Webページ全体でid属性を一意に設定する必要があります。

意図しない動作を招くことがある

id属性はグローバル属性の一つであり、Webページ内のあらゆる要素に適用できます。しかし、誤って同じid属性を複数の要素に設定すると、スタイルシートやJavaScriptなどのプログラムで意図しない動作を引き起こすことがあります。

意図しない要素にスタイルが適用される可能性がある

id属性に対してスタイルを適用すると、その要素にのみスタイルが適用されます。しかし、Webページのレイアウトが複雑になると、意図しない要素にもスタイルが適用されてしまうことがあります。

id属性の利用例

id属性がよく利用される例は以下の通りです。

ヘッダー要素の定義

HTML文書内のヘッダー要素を定義する際に使用されます。たとえば、ロゴやタイトルを含めることができます。

メインコンテンツの定義

HTML文書内のメインコンテンツを定義する際に使用されます。たとえば、記事本文や商品一覧を含めることができます。

フッター要素の定義

HTML文書内のフッター要素を定義する際に使用されます。たとえば、著作権表示やサイトマップを含めることができます。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する