セレクタとは?意味をわかりやすく解説

セレクタとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


セレクタとは

プログラミングに関係する専門用語「セレクタ」とは、HTML文書内の要素を選択するための仕組みのことを指します。

主にCSSJavaScriptなどのWeb技術で使用されます。

例えば、HTML文書内のタグ名やクラス名、IDなどを指定することで、その要素を取得することができます。

CSSの場合は、セレクタを使用してスタイルを適用することができます。

JavaScriptの場合は、セレクタを使用してDOM要素を取得し、その要素に対して操作することができます。

セレクタは、Webページのレイアウトや動作に重要な役割を持っています。

正確に指定することで、効率的にWebページを操作したり、スタイルを設定することができます。

セレクタでできること

セレクタでできることは、以下の通りです。

特定の要素を選択できる

セレクタを使用することで、HTML文書内の特定の要素を簡単に選択できるのが特徴です。たとえば、code要素やstrong要素などが該当します。

要素の属性を選択できる

セレクタを使用すると、要素の属性を選択することもできます。たとえば、

class ="hoge">テストというHTML文章であれば、「hoge」というクラス属性を選択できます。

要素の階層関係を利用して選択できる

セレクタを使用することで、HTML文書内の要素の階層関係を利用して選択できます。たとえば、親要素や子要素、兄弟要素を選択することができます。

セレクタの学習・勉強方法

セレクタの学習・勉強方法は、以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

W3Schoolsのチュートリアルを利用する

W3Schoolsは、Web開発に必要な技術を学ぶためのオンライン教材が充実しているサイトです。セレクタに関するチュートリアルも用意されているため、基礎から学ぶことができます。

実際にコードを書いて練習する

セレクタを学ぶ上で重要なのは、実際にコードを書いて練習することです。ブラウザの検証ツールを使って、HTMLやCSSのコードを書きながらセレクタの使い方を学習できます。

CSS設計を学ぶ

セレクタはCSS設計において重要な要素です。CSS設計について学ぶことで、セレクタの使い方をより深く理解することができます。一般的なCSS設計パターンとしては、BEMやSMACSSなどが挙げられます。

セレクタのメリット

セレクタのメリットは以下の通りです。

コードの簡潔化

セレクタを使用することにより、HTMLやCSSのコードをより正確かつ特定できるため、簡潔にコーディングできます。

柔軟なスタイル変更が可能

セレクタを使うことでスタイルの変更が柔軟になります。同じスタイルを複数の要素で共有することで、スタイルを変更したい場合にも1箇所の変更で済むため、保守性が高まります。

CSSの効率的な記述が可能

セレクタを使用することで、CSSの効率的な記述が可能になります。特定の要素を指定するためのセレクタを使用することで不要なスタイルが適用されるのを防ぎ、コードの効率化につながります。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

セレクタのデメリット

セレクタのデメリットは、以下の通りです。

CSSの効率が低下することがある

セレクタが複雑になると、ブラウザがスタイルを適用するために必要な時間が増加するため、パフォーマンスに悪影響を与える可能性があります。
ユニバーサルセレクタや後置セレクタは、特に広い範囲を選択するので処理が遅くなる可能性が高いため、必要最低限の利用に抑えることがおすすめです。

メンテナンスが困難になる可能性がある

セレクタが複雑になると、スタイルの上書きが困難になるのがデメリットです。複雑になることで、予期せぬ要素にスタイルが適用される可能性があります。
したがって、コードの可読性とメンテナンス性を高めるには、シンプルなセレクタを使用することが大切です。

セレクタの詳細度が上がりすぎる

セレクタの詳細度が上がりすぎると、予期しないスタイルの上書きが起こることがあります。また、セレクタの詳細度が高いことでスタイルの優先順位が上がり、意図しないスタイルが適用されることがデメリットです。セレクタをシンプルにすることで、詳細度の問題を避けることができます。

セレクタの例

セレクタの例は、以下の通りです。

タグ名セレクタ

タグ名によって要素を選択するセレクタのことを指します。

IDセレクタ

HTML要素にID属性が設定されている場合、そのIDを指定して要素を選択するセレクタのことを指します。

クラスセレクタ

HTML要素にクラス属性が設定されている場合、そのクラス名を指定して要素を選択するセレクタのことを指します。

これらのセレクタをうまく使うことで、効率的なHTML要素の選択が可能になります。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する